上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わったー! おつかれさまでした!



第二十集(完) 無極刀のゆくえ
... 続きを読む
というわけで、やっぱこれだけ総話数が短いとサクっと行きますねー。
全20集の武侠ドラマ『関西無極刀』でした!
8月の五覇崗以降、コンスタントにドラマを観る生活スタイルを割と心がけていたのですが、
その甲斐もあってちょうど2週間で終わることが出来ました。
「短いからすぐ終わる」ってのも鑑賞モチベーションを比較的高く保てた一因かも知れません。

ドラマとしては、張紀中プロデュースということで一定の品質は期待できるかな…と思っていたんですが、
考えてみたら張紀中って『永楽英雄兒女』みたいな
どうしようもないアレな作品も撮ってたんですよね~(^^;
だからあんまり何かの保証にはなっていなかったのかも知れないというのは
後から気付いたんですがw、

さておきこの『関西無極刀』は悪くなかったです。
元になった映画『双旗鎮刀客』からおおまかなキャラクター名と舞台設定だけを流用し
(これはめりけんでいうと映画『スリーピー・ホロウ』とドラマ版『スリーピー・ホロウ』の関係みたいな感じですね)
一般庶民の命が沙漠の砂のように軽い、唐代のサツバツとした江湖の世界がぞんぶんに描かれていました。

全体の尺が二十話と短めなので、割とサクサクと話が進んでいくのも良いことです。
これはどうしても一つ前に観ていた『流星胡蝶剣』と比較してしまいますが、
ちゃんと一話観終わって話が進んでいるというのが実感できるのは良いことだと思います(笑)
見終わって振り返って「今回何やってたっけ?」ってなることは基本ない(笑)

キャストも豪華で、おなじみの顔がたくさん出てくるのは目に楽しいです。
制作は2003年なので、だいたいその頃のCCTVまわりの古装に出てくる人はかなり出ている感じ。
やっぱこの頃がいちばんドラマ制作的に良い時期だったんじゃないかなーと
(私の少ない鑑賞経験からですが)つくづく思います。

物語はかなりしっかりと作られており、ある種文芸作品的と言っても良いかも。
見た目は武侠モノの皮を被っているですが、
『偶然』
『行き当たりばったり』
この辺のキーワードがことのほか少なく、
ストーリーは計算された話運びで物語としてのテーマを徹底して描いて行きます。
武侠モノのお約束を踏襲するようで微妙に三歩くらい外したラインで物語が進んでいくので、
その辺を期待すると肩透かし感があるところはあるかも。

てな感じで、ネタバレなしでまとめると、
全二十集という短めな尺ながら(というより、短いからこそ?)
しっかりと人物や物語が描かれており、
また武侠ものでありながら、ある意味において"アンチ武侠もの"的な側面もあるため、
なかなか見ごたえがある作品でした。
変化球ですが、たまにはこういうのも有りだと思います!




↓以下ネタバレ込みで

... 続きを読む
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。