上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.24 封神榜18
もうすぐ中盤戦だ。
20台に入ると今以上に体感ペースが加速しそうだな。
じっくり進んでいるけど、楽しさは順調に右肩上がりです。


第十八集
妲己、心の臓を所望し
聞太師は北海より帰還す


◎できごと

・前回のREVENGEとして比干の心臓をえぐろうとした妲己の計画により
姜子牙の秘策により一度は命をつないだかに見えた比干だったが
結局申公豹の邪魔でおじゃんになり、DEAD(-人-)

・八年越しの北海遠征から帰還した太師の聞仲は紂王相手に強烈なダメ出しをかまし、
さすがの紂王も逆らえずにけちょんけちょんになっている。




◎かんそう

・今回もだいぶじっくり話が進んでる感じがする。
そして新キャラ投入で新展開と、相変わらずこっちを飽きさせません@@


○仁義なき戦い編
・ほんとに毛皮持って行くとは…(^^;
妲己涙目www
いやしかし、いたずら大成功、
してやったりで能天気に呵々大笑しとる場合じゃないですよ(^^;
妖怪相手に堂々とけんか売ってるんだから、もう少し危機感を持たないと(^^;

・こらこら、なにがいまさら持病の心の病だw
あんた後宮に入ってから何年経ってるんだよw
もう何言っても言い訳として成立する世界と化しとるわ。

・呼ばれたら文字通りに一瞬で参上する国師…
いや、まあもともと道士という触れ込みだから
いいんだろうけどね(^^;

・「愛妃がピンチだ!」
   ↓
「特別な心臓が必要だ!」
   ↓
「血縁者なら話は早い!」

おい、「血縁者なら話は早い」って、なんだそりゃ(^^;
おまえはいったい他人を何だと思っとるんだ(^^;
こいつほんとつける薬がないわ…
無道昏君、黄飛虎の怒りももっともだ。

・しかも単にオメーの女を助けたいってだけだってのに
「国家の母」だとかなんだとかくだらん建前を持ち出すところがまた腹が立つ。

・チクリの殷破敗、実にウゼエw
ほんとよくもまあこの悪来&殷破敗コンビは
見ててムカつく顔をそろえたものです(笑)

・こらこら、「心の臓をひとかけらもらうだけだ」って、
死ぬっつーのw
「だけだ」じゃないだろ「だけだ」じゃw
(直後に比干本人からもそう突っ込まれてたが…)

・比干ってまっとうな人なのに、なんでとっとと昏君見捨てて逃げないのかと思ったら
そうか、そういやこの人、紂王の叔父さんだったんだな。
しばらく忘れてました。

・ゲッターの炉心じゃないんだから(^^;
手で掴み取るってのはすごいぜ@@

++++++++++++++

・野菜売りのギリギリおばちゃん、
くさいな~と思ってたら、案の定おまえか(^^;

・しかし、この「心臓取り出して…」の一連の展開、ホラーだよなぁ…
奇妙奇天烈摩訶不思議とは、このことよ。
大筋はわかっていても、改めて観ると、かなりおっかなかったです。



○太師帰還編
・比干の死でさすがにいくらか神妙なようすの紂王だが、
まあ結局、あんま変わってなかったみたいですね(笑)
この国家の危機に、あいかわらず美女のおどりを見てるだけだもんな~w

・比干の葬儀、さすがに紙銭は燃やさなかったようですね。
お金とか文字とか、
実際にどうだったのかは私には知識はないのですが、
大雑把ながらも意外とこの辺のディテールは気を使ってる感じがする。

・というわけで、混沌きわまる朝歌に帰ってきた救世主・聞太師。
第一集の顔見せ以来の登場ですね。

これはよいお顔と態度の大きい素敵な爺ですね。
さすがの紂王も、この人には逆らえないのなw
まあ怒らせたら第三の目からビームだからな…

・聞太師は八年間ずっと反乱鎮圧に出向いていたそうで、
なんというかまあ、八年間でここまで無茶苦茶になってるとは、
改めて、すごいことだよね(^^;

・後年の武侠ものなんかではよく見られるような「師弟関係の絶対性」って、
この頃から生きてたことなんだな。と、
まるっきり太師に逆らえない紂王を見てしみじみと思った。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/983-8cf53b2b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。