上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おつかれさまでした!


第三十二集(完) 乱世の英雄たち
◎できごと

大結局につき、割愛




◎かんそう
・ふー、終わった終わった。
作品全体についての感想はまたまとめ記事に書くとして、
とりあえずこの最終話の分を行きましょうか。


○太師府の色んな思惑編
・芷芬妹妹、やはりハズレであったか…
愛する摩勒哥哥に身を捧げたその最期にはちょっと動かされるものがあったが、
しかし、以前予想したとおりにほんとに「二人で幸せになってね」言うとは(^^;
どこまでもベタだな…

・摩勒がこっそり大雁谷下見を覗き見とか、郭子儀に情報リークとか、
新入りの侍女が芷芬とか。
やっぱりぜんぶ掌の上なのね(^^;
かなわんなこのお方には(^^;

・で、その摩勒の情報に従って谷へ下見に来てる唐軍なんだが…
これ、本当ならこの前の段階で「鉄摩勒は裏切った」ってことになってたんだから、
前回のうちに、摩勒が令公を説得する場面とかを入れておくべきだったのではないだろうか。
ずいぶん流れであっさりと行ってしまったけど、
このままだとちょっと裏切ったはずの摩勒の情報に従ってノコノコと、
という感じがしなくもないよな。

・掌の上ということで、なんでもお見通しの羊先生でしたが…
しかし「毒消しは作れっこない」というのは、
芷芬の毒消しの腕前…というより、命がけの決意を侮ったか。
他人を全部見下しているのが、この人の敗因だったんだな。



○大雁谷の大騒ぎ編
・ここへ来て、またもや昔のコスチュームな安慶緒にちょっと苦笑だが…
まあいちおう、降伏する立場だから平服にってことではあるんだろうけど。
予算がどうしたとかなんて、知らないほうが何も考えずに観れたかも知れんな。

・会見場のはずなのに、どう見ても真横に燃やすための芝があります。
この不自然さに気付かないほうが馬鹿です。
これはいつもの大唐突っ込みタイムですね、わかります。

・つまり羊先生の計略とは、洞窟の中が活路だと思わせておいて、
火をおこして実際は洞窟の中に追い込む作戦だったのね。
しかしテンパって
クキキ ジッジジジジ ギーギー ウギッ ヂッイ"ー
とかふしぎノイズを発する精精児が相変わらずワラエル。
吹き替えなのか、中の人なのか…とにかく楽しいです。

・この流れで羊太師が皇上になっちゃうのはいろいろ無茶ではあるが(^^;
とりあえずクーデター完了、と。

++++++++++++++

・そして救世主・摩勒が到着。

・おい
さすがにその音は無茶だろ
その岩、中身空洞かいw

・一番に這い出てきた安慶緒にお約束どおり爆笑。
その岩落としちゃいましょう(笑)



○最後の戦い編
・誰が抱きかかえられてるのかと思ったら、摩勒でした。
てっきり岩を持ち上げるのでパワー使い果たしちゃたの?と思ったら、
精精児が例のダガーでブスリとやっていたという(^^;
でもこれをやるなら、
もうちょい精精児と摩勒の因縁付けというのをやっておいたほうが良かった気も…
(どちらかというと、精精児が刺すなら、空空児のほうがよっぽど自然な気はする。)

・EDのネタバレ映像で羊先生と掌を合わせてた摩勒、
なんで目をつぶってるのかと思ってたら、まさかそんなオチだったとは…
この辺の流れはずっと巴音・オン・ステージでしたな(笑)

・周りが戦の喧騒の中で、
一も二も無く、兒子のために…という感じで
歴史の表舞台とはズレたところにいるのは、
いかにも、らしいよな。
そして摩勒はやっぱり羊先生と戦ってはいけなかったわけで、
そういう面では、すごくまっとうな「最後の戦い」だったと思う。

・羊先生もまた、運命にもてあそばれてこんな風になってしまって、
こんな状況にでもならなければ
ストレートに息子に対する愛情を注いでやることが出来なかったというのが、
また悲劇だ。
(つまり悪いのは羊牧労=鉄昆侖というわけではなく、
運命のほう、ということであり、
それゆえに摩勒が羊牧労を悪の化身として戦って倒してしまったら
おはなしの筋としてはNGということね。)

+++++++++++++++

・で、そういう話の筋であり、
兒子を救ったことで羊牧労(鉄昆侖)自身も救われた。
めでたしめでたし…
摩勒のやつ、最後くらい力尽きた羊牧労を「爹」って呼んであげれば良いのに…
とか思っていたら、

・思っていたら





なにー、羊牧労、いきてたんかい!(^^;
最期にあれで息絶えたのかと思ったら(^^;

なんかこのオチだと、
摩勒が親心(とか、羊牧労の運命にもてあそばれた境遇とか、心とか)を
ぜんぜん理解してない恩知らずみたいに見えてくるんですが(^^;
「犯した罪の報いを受けた」とか、
いや、そりゃそうだけど、命を救われたあなたがそれを言ったらおかしいでしょう。
(そのこと自体が直接「犯した罪の報い」を受ける原因になったんだし。)

画竜点睛を欠き気味だな(^^;
この考えのなさが、いかにも武侠ドラマらしいといえばそうなんだが(^^;
まあ、やった罪は消えない、でも殺しもしない、というのは
裁きとしては正しいのかも知れんが…
何が悪いって、要は世の中の悪意が悪かったわけだしな。

・しかしラスト、能天気に「明日のためにがんばろう!」で終わったけど、
これ、物語としては、何も完結してないよな~(^^;
いや、確かに事件は終わりはしたんだけど、物語としての「答え」が出ていないというか。
32集の限界か、それとも脚本の問題か…
モロにジャンプ十週打ち切りまんがのノリだ。

・なんだか途中からそんな気もしてたが、
四人で並んで夕日に向かって走っていくこれ
やっぱ最終話の一番最後のシメの場面かい!!!(^^;
このドラマに限らずEDの映像ってほんとそんなんばっかだ…orz


+++++++++++++

・てなわけで、100点満点にはほど遠いですが、
なんだかんだで「それなりに」楽しんだ大唐游侠伝でした。
ほんと「それなりに」だが…
いつもどおりに次、まとめに行きましょう。


++++++++++++

思い出したので最後に追記

・思ったのだけど、「夏姑娘に惚れてストーキング」するという役、
王龍客よりむしろ精精児にやらせたほうが正解だったんじゃないかしら。
そうすれば「自分が欲しくても手に入らないものをぜんぶ持っていった」ってことで
空空児に対する愛憎も深まるし、
その流れで精精児が空空児を刺す→摩勒が自分の内力使ったりして空空児助ける
→力尽きた摩勒を羊牧労が助ける、という流れでまとまった気がする。
「摩勒が自分の内力…」のところで、
「この前摩勒が羊牧労から教わった例の○○という内功を使えば助けられる」とかあらかじめ提示しといて、
「羊牧労なら空空児を助けられる」、でも拒絶されたので摩勒が空空児を助ける、
その摩勒を羊牧労が助ける、
とかやればキレイだし。
どうせベタならこれくらい行って欲しかったな(笑)

  
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/963-97f775c9
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。