上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.08 大唐游侠伝26
そうこうしているうちに、あっという間に終わってしまうのが、話数20台なのだ。


第二十六集 死と再生と
◎できごと
・羊牧労の正体が父・鉄昆侖だと知った鉄摩勒は絶望して生きる気力を無くしたが
現在やさしい鍛冶屋のおじさん一家でリハビリ中。

・洛陽では韓芷芬と王燕羽が囚われている(と思っている)摩勒救出のために
忍び込み中。




◎かんそう

・終盤モードへ向けて、どんどん謎が明かされ、話が進んで行きますね。
好玩好玩!

++++++++++++++++

○アイアムユアファザー編
・牢の中で気絶した摩勒の枕元に立った羊先生、
ついにコーホーとか言い出した(笑)

・そしてあっさりと正体バレしたか@@
アイアムユアファザーきました!
ノーノーノー
ディスキャントビー、ダッツインポッシブル!

・いかに武功高手でも、圧倒的な数にはかなわなかったということだ。
今の羊牧労の権力志向はそういうところから来ているわけだな。

・回想シーンでも崖落ち(笑)
でも武侠世界では崖から落ちても死ねないからねw
とはいえ、さすがに死に掛けてボロボロ瀕死状態…というのは、
武侠ものにしては、ある程度はリアルだ。

・そしてオドロオドロな過去話…
どう見たって死に掛けてる人を山賊呼ばわりしてボッコボコの村人も酷いし、
シスの暗黒卿のマスターも、とてもえぐい話で
見てて胸の辺りがむかむかしてきました@@
そりゃ、こんだけ地獄を見れば人も変わるわ。

・真・羊牧労の残した武功秘笈や秘薬によって
今の羊牧労がここまで強まったわけね。
これはなるほどなーと納得。

・そして改めて羊牧労=鉄昆侖ということを頭に入れてみると、
そうか、安禄山って、そもそもこの人自身にとっても報仇の直接の対象だったんだな。
(すごい今さらな再認識ではあるんだけど、なぜかこれまでその実感がなかった。)
息子に殺させたのは権力のためというだけではなく、そういう側面もあった、と。
まあ「我が子の手にかかって殺される」運命を与えてやった、とか、
なんかこれもまた、この先の物語がたどるであろう道筋を考えると、
実に業の深さというか、因果を感じてしまいますが(^^;

・これまた改めて説明されたけど、
そう、要は邪魔者は皆殺し、ってのがポリシーなんだよな。
摩勒を育ててくれた義父だろうと、姑母だろうと関係ない。
自分と、その血の繋がった息子以外は全部どうでもいいのだ。

・というわけで、
これまで基本的なラインにおいてはほとんどブレのなかった摩勒・スカイウォーカーに
ついにアイデンティティ崩壊の時が来ました。
定番イベントなだけに、素直に楽しいな。
「摩勒太子」にはワロタがw



○一方その頃編
・摩勒を救出に行こうとする段大侠を止める芷芬の
「令公に護衛が必要だから、ここを離れて行ってはダメ」って理屈は正論だとは思うけど、
なんか本音は、この機会に王姑娘と摩勒を一緒に始末させてしまおうとか
そういう黒い考えを…

・いや、自分が行くんですね。そうですよね。芷芬は良い娘です。
邪推してすみませんでした(-入-)

・しかしなんか娘を送り出す場面、
芷芬と韓伯伯の別れフラグみたいな…

・そして雎陽では
この二人、バカップル化しとる(笑)



○摩勒迷走編
・顔を隠していると得体の知れないモノに対する威圧感があったが、
顔を出すとちょっと脅威度が鈍った気がする。@朝廷の場面

・最近だいぶ調子に乗ってる精精児です。
そろそろコイツ殺しといたほうがいいんじゃないすか、羊先生?w

・ゾンビ摩勒再生。
とりあえず父親と自分を否定した摩勒ですが、
この先どうなるのか…

・あとほんとに土の中に埋まるとは、
すごい役者根性というか、
さすが役者酷使には定評がある張紀中というか(爆)

・しかし鉄昆侖、
この人も悲劇の人ではあるんだよね。
巡り合わせが悪い時に、世の中の悪意を全部その身で受けちゃったという。
あわれではある。

+++++++++++++

・死に掛け状態で行き掛かった先で
摩勒は助けられたというのは、鉄昆侖との対比でしょうか。

・この鍛冶屋のオッチャン、中の人はおなじみの顔だけど、
しかしすげえムキムキだったんだなこの人(^^;

・父と自分を繋いでいた開山刀法の刀も捨てて、
なんかえらいこざっぱりして
鍛冶屋見習いの気の良い兄ちゃんになったな。
でも逆にしがらみから解き放たれて吹っ切れたとも言えるのかも。
(そういえば、父の形見のライトセイバーを失って父と訣別…なんてのも、同じだな(笑))


○女二人旅編
・そんな摩勒&鉄家の複雑な事情も知らない燕羽は
「摩勒と一緒に羊牧労をやっつける」で盛り上がっちゃっておりますが…
しかしその立派な墓立てる金は、いったいどこに…
というのは、いつも武侠もの見てて思う疑問だ。
(ドラマ版「七剣」でその日暮しのためにバイトとかしてたのが懐かしいな^^;)

・こんな不届きな食堂の椅子や机は
壊されて当然。
でもどうせなら食べ物に一服盛っておけば良かったのにね。

・燕羽&芷芬、二人揃って場面が変わると着替え完了してる(^^;
だーからオメーラはいつどこで着替えたんだw

・そしてすごいブツ切れで終わった…
ここから一週間待つのは、相変わらずたいへんですね。>放映組

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/957-22e23d75
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。