上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.18 大唐游侠伝21
Twitterのひとりごとで結構言いたいことを言えちゃってるので、
改めてここのスペースに書くようなことがなくなってきてるような…(^^;
まあ保存性という点ではこっちのほうが優れているので、
そういうことを書くようにすればいいのか。


第二十一集 再会
◎できごと

・いろいろあって王龍客のたくらみは失敗した上に燕軍は大敗。
めでたく夏姑娘と結婚一歩手前になった空空児だったが
とつぜん驚愕の新事実が発覚し、いろいろドロドロ・グニャグニャになってきた。




◎かんそう

・観ているこちらからは共感しづらいミョーな理屈で
くっつく寸前だった人たちがくっつかずにやきもきさせる…というのは
なんだか割とよく体験している気がする。
で、個人的なテイストとしては、そういうのはあまり好みではないので
さくっと片付けて先へ進めて欲しいなぁというのが正直なところ。
というわけでいつものように、以下順に…


++++++++++++++++

○鉄仏寺の監禁事件
・突然寺から始まったので、別のドラマかと思った。

・って、寺に監禁かい(笑)
斜め上の発想だな…
大人しく協力する寺も寺で、どうなんだろう(^^;

・婚礼衣装ワロタ。
つーかこんなに無理して婚礼挙げてどうするつもりなのかしら。
とりあえず「結婚した」という既成事実を作っちゃえば勝ちだと思ってるのか?
あと、この白い人、
かつて妹には「あいつは敵だから無理だ」言っといて、
いざ自分のことになったら「寝返らせるから大丈夫さ(キラッ)」に爆笑した。
ダメっぷりが止まらないw

・夏姑娘と燕羽の筆談+外の精精児の場面、
会話が細切れになるからすごく不自然で笑えました。

・なんか王龍客、
夏姑娘に結婚を拒否されるのはわかってるらしくて、
でも彼女の意思は関係ない、式は挙げる…
って、おい、
それ薬使っても全く同じことじゃねーか!!!!!

・かと思えば妹妹の性格を読んでその魂胆は見抜いてたり、
なんかほんと頭が切れるんだかそうじゃないんだか(^^;
あいかわらずしょーもない奴だ。



○鉄仏寺の花嫁強奪事件
・うーん、
鉄仏寺を包囲して、
で、夏姑娘であろうとも逃げるなら殺せとか、
ちょっとこの辺は首を捻ってしまうところだな…
夏姑娘に固執しているんだか、成り上がることのほうが大事なのか…
なんかやってることのちぐはぐさに対して中途半端に感じる。
ちょっと王龍客を便利な悪役キャラとして使いすぎな気が…

・これまでさんざん見せられたEDのネタバレ映像のおかげで
最初の段階からすでに観てるこっちには脱出作戦丸わかりというのがなんとも(^^;

・タコの上で夏姑娘がデレた!

・燕羽のことは泳がせて利用するつもりまんまんだったくせに、
失敗したら八つ当たりかいw >白い人
語るに落ちたな…

・兄妹で二人とも失恋(まあ片方は違うんだけど)というのは
なかなかうまい。

・出た!
「江湖の争いから身を引いて静かに暮らしましょう」発言
aka 選択ミスで幸せ消失→死亡確定フラグね。
あいかわらずベタなドラマだ。



○新事実発覚事件
・王龍客は燕羽が摩勒たちを鉄仏寺に引き込むことを予測して、待ち伏せて一網打尽を図ったわけだが、
こっちのほうはそれを読んだ上で、さらに手薄になった包囲軍を一気に叩くという
二段構えの策だったわけだ。
ようやくこちらのペースで戦略が進んでいくので気持ちが良いね。さすがは令公。

・凌霜と空空児がデキてるのをすっかり見抜いた上での
おじさんたちの猿芝居が微笑ましいです(笑)

・「それじゃ空空児はどう?」とか遠慮がちに主張する空空児がかわいい(笑)

・そして発覚する「空空児=克邪」。
いや、まだ(仮)なのかな。それとも確定だろうか?
しかし師父の喜びっぷりを見ると、
姑母が生きていたらどんなに喜んだことだろう…と、強制退場を食らったことが悔やまれます。

・紅梅のほうは腕輪を持ってるのか。
今後チェックしておこう。



○家庭崩壊事件
・で、話が丸く収まってめでたしめでたしかと思ったら、
嗚呼、また面倒な話に…
親同士がノリと勢いで勝手に許婚とか決められると、
残された子供はほんと困るよね(笑)

・「紅梅を探して婚約解消すればOKじゃね?」と、韓伯伯がまともなこと言った(笑)
この人、ずいぶん柔軟な考え方のできる良識人だな。

・そしてこの厄介事の張本人。
おい、段大侠たまに舞台の前に出てきたかと思ったら、
正直うざいぞw

・また1も2もなく「親の言うことに従え」の摩勒がうぜーw
まあこいつも親がいないわけだから、
いる親の言うことは聞いておけという気持ちにもなるんだろうけど。

・空空児の台詞、
「親じゃない」とは言ってないだろ日本語字幕。
原語は「他到底是不是我爹呵」なんだから、
要はあんたが本当に俺の親なのかどうかなんてわかりっこないってことでしょ?
話の流れの上での意味として間違いってことはないんだけど、
なんでここでそういうニュアンスを全部そぎ落として、勝手にこういう断定口調を使っちゃうかな。
ほんと字幕のセンスの無さには改めてウンザリする。



○プチ家出&絶交しちゃうぞ事件
・可能性としては、確かに玉佩だけで決められないとは思うが…

・しかしこのあたりの空空児と夏姑娘のやりとりを見てて思ったんだが、
いや、あの人別に「結婚は許さん」って言ってるわけじゃないでしょ?
紅梅を見つけて婚約解消、もしくは生死を突き止めれば
それでOKって言ってるんだよね?
(それとも生死不明だから、事実上不可能ってことなのか?)

それがどうして「二人は結ばれない運命だったのよ」みたいな話になっちゃってるん?_?

・で、あんたはまた夏姑娘相手に、謝るなよw
申し訳ないとか思うくらいなら最初から余計なことは言うなとwww
あー、いらいらするw

・そして空気を読まずに相手の気持ちを考えない押し付けがましいうざい摩勒(笑)
まあ摩勒はこういうキャラだが(笑)
あと余計なことばかり言ってたら
ついに自分の交際関係について逆襲食らったところで〆(笑)
まったく、どうなることやら…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/952-cd41c6da
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。