上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.15 楚留香傅奇31
前日に鑑賞を済ませたものの
ベッドでバタンキュー、翌日に感想持ち越し…というパターンを久々にやってしまった。
最近涼しくなってきたから、やはり体が内力回復のペースをまだ少し掴めていないのかもね。


第三十一集 画眉鳥(2)
◎できごと

・楚留香に八つ当たりされて家出した蘇蓉蓉は
江湖の使い手・薛親子の息子に拉致されたかたちとなった。
それを追いかけた楚留香も捕まった。

・蓉蓉からもらった刺青のおかげで後継者として神水宮に召喚された宋甜児は
内部から神水宮をツブして名を上げようと企んだが、すっかり水母陰姫に情が移ってしまった。



◎かんそう

・場面をあんまり分散させると良くないという第一章の経験が思い起こされますが…
まあまだ二点だけなので、どうにでもなるか?


○冒頭・夜中の逢い引き

・唐突に通りすがりの公子を手篭めにする無眉(笑)
展開の都合とはいえ、あんたも忙しい人だね(笑)
てっきり男を作っていたのかと思ったら、
ほんとにこれが初対面だったみたいだし…

・で、蓉蓉なりすまし詐欺。
「楚留香にくっついてる女が水母陰姫の娘」という情報を得たから
蓉蓉をこうやって薛衣人に拉致させようというたくらみだったわけ?
(またずいぶんとプロットが回りくどいというのは相変わらずだが。)


○愛人囲い込み編
・実際は細切れなんだけど、流れとしては二つに整理したほうがやりやすいので
まずはこちらのパートから。

・町をさまよう蓉蓉が人相書きを見て、自分を探している人がいることを知る場面。
あのー、そもそもこの人相書きを出したのは薛衣人だったわけですが、
最初の二人で交わってた場面では目隠しされてて、
「蘇蓉蓉」という相手の名前しか知らないはずなのに、
なぜ顔がわかって、人相書きが出せるんでしょう?(^^;

・しかも蓉蓉本人が顔絵を見て「私のこと」って認識してるってことは
でたらめな人相書きではなくて、本人そっくりってことなんだよな?(^^;

・まあこの程度は、このドラマとしては、スデに要突っ込みレベルは低めだな(笑)

・後を追ってきた楚留香、
もはや「狙った獲物は必ず盗み出す」とかの宣伝文句がギャグにしかなってないような…
結局やることはただの力任せかよ!(^^;

・しょーもないドラ息子の天下第一剣・薛衣人
そのトーチャン神剣無敵・薛笑人。

「射雕」の王道士の中の人・王剛さんですね。
(その後「碧血剣」でも帰辛樹役で出てましたが…)
しかしこの人もそうだが、大して年が行ってないっぽいのに
オッサンキャラでも一人称「老夫」だったりするんだよな…

・怪盗(笑)楚留香をあっさりと捕まえたこのオッサン、
神水宮の梁尼となにやら良い仲らしい(^^;
なんか、男人禁制とか言ってるワリに、神水宮の風紀もグダグダやな(^^;


○神水宮の跡取り娘編
・水母陰姫の娘の証のイレズミ、とかのアイテムを出しておくなら、
どうせなら第一章の頃からちゃんと出しときゃ良かったのにね(笑)
真相は不明だが、すごい後付けっぽい感じだ(笑)

・なんか某・小さい燕と皇阿瑪みたいになってるな(笑)
こういうのもお約束シチュエーションの一つではあるのか。

・侍女の作ったマズイ(らしい)料理を、ほんとに吐き捨てたw
香港みたいなノリだ。
(いや、あっちだったらもっとオーバーリアクションに泡とか吹きながら白目剥く、くらいやるか。)

・そういや甜児って特技料理だったな。
おまけでくっついてきた鉄花との絡みが多いけど、
この二人、カップルにはなったりせんだろうな。

・宮南燕のトラップにまんまとはまった無眉、涙目wwwww
さすがに宮南燕もそこまでお人よしのアフォではなかったか。

・で、無花・柳無眉・宮南燕、という三角関係が
勝手に宮南燕の中で出現し、
結局無眉をツブすために
宮南燕は甜児と組むことにしたらしい。

・ここまであんま宮南燕はぱっとしない印象だったんだが、
甜児との旧知の仲という立ち位置がちゃんと生きてるし、
それなりに楽しめそうな感じだ。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/917-ce64fda0
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。