上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.13 楚留香傅奇30
インターバルを空けようかとも思ったのですが、
なんか勢いがついているみたいなので
このまま続きを片付けてしまうことにしました。
こういう機会を逃すと、なかなか手をつけなさそうだしね(笑)


第三十集 画眉鳥(1)
◎できごと

・柳無眉は神水宮に流れ着き、
宮南燕&無花と手を組んで宮主の座を狙うことにした。

・死期を悟った神水宮の宮主・水母陰姫は後継者とするべく
楚留香のもとにいるらしい生き別れの娘を召還することにした。

・楚留香は琳琅のことが忘れられずにウジウジしている。




◎かんそう

・いろいろ無理のある無茶な展開だが、
いまさらこの程度のことにはいちいち引っかかって突っ込まないよ。
気にせず進もう(笑)


○冒頭・前回からのつづき

・前回の終わりの余韻を台無しにするような幕開けw
この尼さんは…(^^;
で、またわざとらしく一行の目の前を通過するw
OPを流すなOPをw

・琳琅を殺すなら殺すで、そのほうが話としてはずっとまとまってはいたと思うんだが…
この展開じゃ、なおさら楚留香と結ばれないのが不自然に感じてしまうよ(^^;


○神水宮vs四大門派 勃発

・他人事の楚留香。
つーか、前に天一神水を盗んだ件でケンカを売られた件は
そういえばどこへ消えたんだろう…

・大砲付きイカダ舟に爆笑。
そんな武器に頼るとは、あんたらそれでも武林の名門かい(^^;

・陰謀の影に柳無眉の姿がw
なにやら神水宮の神水宝典とやらを狙っているらしい。
そして、いつのまにか病気になってた。
(そのストーリー上の必然性は… とかは、考えるだけ無駄だ。)

・で、その無眉にあっさりと乗せられて
相変わらず簡単に付和雷同する武林の人たちw
だめだこいつら(^^;

・水母陰姫、なんだこの顔面マスクは?
魚尺素とはまたずいぶん懐かしい名前が出てきたな。
第一集のあの人か。
役者の使い回しのためか?(爆)
いや、またコレで楚留香が恋に落ちる流れか。


○その裏で

・ロン毛になった無花(笑)
まあ結んでたのを解いただけだろうけど、
しかし改めて思うが、第一章の終盤で髪が生えたりハゲに戻ったりしていた件について…
は、これも突っ込むだけ無駄だな(笑)

・ひさびさに登場の宮南燕だが…
ちょ、天一神水盗んだのはおまえが犯人かいwwww

・そのくせしゃあしゃあと楚留香を追っかけていたとは、
なんか第一章の意義が音を立ててガラガラと崩れ落ちているかのような感覚(^^;

・というか設定では
「何者か(男)に騙された神水宮の若い娘が天一神水を盗み出して
で、その後、騙されていたとわかった若い娘は妊娠して死んだ」
って話じゃありませんでした?(^^;
絶技・設定返しか(^^;

・「あなたを細かく刻んで飲み込んでしまいたい」
これはよいヤンデレですね。

・宮南燕(というかそのヒモである 彼女をコントロールしてる無花)の狙いは
水母陰姫を殺して神水宮を乗っ取ることらしい。


○神水宮vs四大門派 衝突&あっけなく決着

・ひさびさに登場の少林派方丈(^^;
このジジーは、相変わらず大物っぽい見た目の割に
しょーもないことをやっていますね(^^;
このどこか歯車が一個足りてない感は、
まさにこのドラマそのものを象徴していると言えるかも知れん。

・そして口ほどにもない連中w
板切れめぐって殺し合いとは、
コイツらみんなカナヅチなのか?(^^;

・いいタイミングで吐血する水母陰姫。
ほんと、この手の吐血シーンはギャグと紙一重だよなぁ、と改めて実感(笑)

・そして川で溺れそうな連中の中で、玉涵&柳無眉夫妻の予想通りの展開wwww
この人格破綻者w
ぜったい殺すと思ったわwwwww

・楚留香と一緒にいる者が
水母陰姫の隠し子らしい。
つーても
甜児か蓉蓉しかおらんわけだが…

・神水宮=女たちの駆け込み寺って、
なんかどこの江湖でも似たようなことやっとる人がおるのう

・無花と柳無眉、
早い再会だったなw
無花は自分が賢いと思い込んでいる愚かな男なので、
案の定今回も無眉に簡単に取り込まれるw


○後継者呼び出し隊・出発

・またさっくりと宮南燕に無花に対する不信の種を蒔く無眉(笑)
ほんとこの女は、真性のKICHIGAIな上に、頭はえらく切れるからタチが悪い。
やっぱ古龍の悪女だよね(笑)

・無眉の猿芝居で襲ってきたならず者軍団と戦いになる神水宮軍団。
しかしこの程度の連中相手にこんなに時間かけるとは、
神水宮、あんまり全体のレベル的には大したことないのね。

・無眉の目的としては、鳳尼たちを足止めしたわけか。
しかしそんな形で
乗っ取ろうとしている神水宮の人に対して顔を売っちゃっていいわけ?(^^;


○その頃の香榭

・あいかわらず女々しくウジウジとメランコリってる楚留香。
だからおまえそんな後悔するなら(以下略

・その刺青、
どう見ても蓉蓉が娘じゃねーかw

・ニセ琳琅作戦www
そして琳琅を前にして、あっさりと騙されて胸のうちを吐露する女々しすぎる楚留香w
蓉蓉の申し訳なさそうな顔に爆笑w

・そして正体が蓉蓉だったとわかった途端に
スイッチ切ったように一気にテンションがガタ落ちする楚留香にさらに爆笑。

・その後蓉蓉に八つ当たりするのも相変わらず最低だな(笑)
で、蓉蓉が行っちゃって、八つ当たりした自分を恥じているのかと思えば
単に琳琅の思い出に浸ってただけというw

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/916-bbc63459
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。