上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.08 楚留香傅奇21
なんか、ぜんぜん期待してなかったからなのかも知れんが、
面白くなってきたぞ?(笑)
たぶん作り手側の意図しているツボとは微妙にズレてるとは思うんだけど…


第二十一集 大沙漠(8)
◎できごと

・いろいろあって楚留香一味は楚留香以外が拉致され、
石観音=琳琅が正体バレした。



◎かんそう

○楚留香潜入一回目
・オッサン、矢を射られたくらいでビビリすぎでは…

・阿姐に差し向けられた刺客は無花?w
それともちょっぴり阿姐を殺してくれることを期待していただけ、とか?
いずれにせよ、いい感じにドロドロしてきたw

・おなじ焼きもちでも
甜児の焼きもちはかわいげがある。
(※かわいげのない焼きもち…心身ともに傷ついたライバルを前にして
「兄さんは私のものよ」とアピって腕にしがみついたりするような人のこと。
ん? もちろん特定個人を揶揄しているつもりはありませんよ?)

・「俺たち友達だろ」
蓉蓉が勘違いしないように「友達」を強調する男、楚留香w
いや、まあ確かにどっちつかずで引っ張るよりはまだ良いのかも知れんが…

・この怪盗さん、なにやってるんでしょう(^^;
速攻でバレてるじゃねーかw
合成映像で空飛んでる場合じゃねーぞw

・で、相変わらず女がからむと任務を忘れるw
「人生は短いから楽しもう」って、あんた(^^;
いまこのときにそれをいいますか(^^;

・すっかり女になってしまった阿姐に、ニヤニヤしてしまいますね。

・救出された月亮城大王が必死に楚留香に取引を持ちかける最中
「楚大哥にはもう相手がいる」と余計な茶々を入れて話をややこしくする甜児(笑)


○楚留香潜入二回目

・しれっと寝室に忍び込んでくる楚留香も楚留香だが、
無花と一緒で、一瞬ピンチになったところを
キス一発で切り抜ける琳琅(笑)
いや~、男ってほんとにバカよね(笑)

・キャンプ襲撃、
おい、甜児、一発で無花だってわかってるジャン!!
この間の呉菊軒を前にした時の蓉蓉は一体…
(嗚呼、突っ込みが虚しい…)

・鉄花ったら、ぜんぜん弱いな~(^^;
楚留香:悟空
鉄花:クリリン
甜児:天津飯
くらいのレベルなのか?

・仲間たちが絶体絶命のピンチに陥ってるそのころ、
我らが主人公はベッドの中でギシアン中(笑)

・で、あんたはそのまま翌朝、ノコノコと戻ってきたんかい(^^;
いったい何しに城に乗り込んだんだw

・いや、本人としては琳琅を助け出すためだったんだろうけど、
蓉蓉とか大王の期待はいったい…(^^;


○楚留香潜入三回目

・もう警備すら放棄してる(笑)
一話の中で三回も出たり入ったりしてることに、いま気付いてワロタ。

・ついに正体バレしたか。
やっぱり琳琅=石観音だった。
これは予想&期待通りといったところですね。

・しかし年齢的にはずいぶん無理があるような…
何かの仕掛けがあるのか?
劇中では「30前」とか言われてたけど、
ン?? それだと何か計算があわなくない???

・玉涵を連れ去った赤い服はいったい何者だ?
てっきり月亮城(石観音)の手の者かと思ったら
大王とかとは一緒にいないみたいだし…
それとももう処分されちゃったのか?

・仮面が割れてしまった石観音。
「ガラスの仮面」的な意味合いで。
まあ、弟には非情さを要求しておいて、
自分は…てのはね(^^;

・で、その弟に詰め寄られて「そうよ、愛してるわ。悪い?」って開き直ったのに爆笑。
逆ギレされての無花の「はあ、そうですか」って顔にさらに爆笑w

・しかしこの人のたちの目的って、
てっきり海天と極楽の星に関係する何かだったと思ってたんだが…
「何もかも手に入れた」とか言ってしまうのは早いんでない??

・愛を認めて、で、そこからさらに愛と天下、両方ゲットを狙うとはwwww
おもろいなこの人w

・で、もちろん楚留香は青臭い理想論の持ち主だから
そんな石観音を受け入れるはずもなく…

・基本、真っ黒な人格破綻者なんだけど、
回想シーンでこれまでのイチャイチャ場面とかを出されると
なんか雰囲気に流されて、こっちまで思い出の中になってしまった日々に
ちょっとホロリとしそうになったり…(^^;
(いや、まあ実際、楚留香へのLOVEというのは
嘘ではない、ほんものということだったんだろうから、
こう感じるのは間違いってわけじゃないんだけど。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/907-8c1d5f64
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。