上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.04 楚留香傅奇17
省エネモードでさくさく行くことにしよう…


第十七集 大沙漠(4)
◎できごと

・琵琶公主は蘇蓉蓉だったが
琳琅=石観音?の策略により
鉄花が公主の姉殺しのおたずねものにされた。




◎人物まとめ

・楚留香(そ・りゅうこう)怪盗
蓉蓉を完全放置して「君は最愛の人だ」とかやっちゃうのはどうか…
その割に、いざ本人とエンカウントしたらずっと心配してたとか言ってるし(^^;


・宋甜児(そう・てんじ)百鬼丸に対するどろろ的な
甜児はアホでかわいいなぁ。(こう、妹的な、アホっぷりを見守ってやりたい系のかわいさ。)


・胡鉄花(こ・てっか)楚留香の昔馴染み
公主と結婚させられそうになったかと思ったら実は琵琶公主ではなくて、
一安心したかと思えばなんか回想シーンで逆RAPEされそうになってる。


・琳琅(りんろう)(○ ○)
長孫虹が鉄花をハメるために出張っていたりするところを見ると、
さらに琳琅=石観音?
のイコールの可能性が強まったわけですが…
まあなんというか、楚留香相手の「私を疑うなんて」のやりとりを見てると、
すごくわかりやすい古龍悪女だな~と笑いたくなります。


・石観音(せきかんのん)悪い人
弟が女関係でグダグダになりかけているのをお見通し。


・長孫虹(ちょうそん・こう)石観音の手下
石観音を消したいと思ってるみたいだが
どう考えても役者が違いすぎる。


・李紅袖(り・こうしゅう)元・丐幇幇主
女の格好をしている紅袖はやっぱり普通にかわいい。(こんな頭悪い感想しか書けない…)


・無花(むか)李紅袖の兄
長孫虹に惚れてるのは事実のようだけど
さらにシスコン的に紅袖を保護したいと想っていて、
さらに阿姐からも縛られているみたい。
で、その阿姐は無花を王にしようとしているらしい。
一連の計画はそのためらしい。


・中原一点紅(ちゅうげんいってんこう)剣客
かつては刺客をやってたのに
あっさりと毒酒にハメられて敗れるとは、
一点紅もずいぶんと鈍ったものだ。


・月亮城大王(げつりょうじょうだいおう)月亮城の大王
なんかこのアホ王がひたすらダルい。
自分の城も取り返さずに遊んでるNEETのくせに
何をえらそうに場をしきっとるのコイツ?


・蘇蓉蓉(そ・ようよう)月亮城大王の妹、琵琶公主
やっぱり蓉蓉で、「巻き込みたくないから」が理由だったらしい。
な~んか、予想以上でも以下でもないよなぁ…
しかもあの失踪も「自分から消えた」って…
いや、まあいいんだけど。
あとさすがに、敗れた一点紅を出迎えての第一声が
「楚留香はあの女とどこへ行ったの?」というのは
KYっぷりにも程があると思った。




◎かんそう

・城がないのに、のんびり比武招親とかやってる場合なんでしょうか。
しかもそのもともとの動機が「うるさい公主を黙らせるため」ってのが、また…
まあいちおう腕利きの楚留香一味の手を借りたいからってのがあるんだが、
それにしてもタルイし、
そのやり方がまた「楚留香一味の仲間の一点紅をわざとピンチに陥れれば
絶対助けに入るから、そしたら強引にムコにしてしまって、助太刀を期待できる」というのが
やたら回りくどいというか
現時点ですでにだいぶ戦力として大きいはずの一点紅を
そんな風に使い捨てるようなマネを
(もし楚留香一味が助けに入らなかったら一点紅死ぬじゃねーか)
するというのは、かなり出たとこ勝負的な…

・もういいや、なんか真面目に突っ込むのがたぶん間違いなんでしょう。

+++++++++++

・「話せば長くなる」といいつつ
別に長くない琳琅の回想シーンにワロタ。
いや、まあ実際そんなんで無駄に尺取られても困るんですが(笑)

+++++++++

・終盤、だいぶ「?」な感じだった流れ。

まず
1、砂漠の琵琶公主と楚留香が一緒のところに追っ手で大臣その他が来て、

2、場面が変わって、殺害現場から逃げる鉄花と甜児になって、包囲されて、

3、で、なぜかそこに大臣がアホ王と一緒に来て、、、ん? 大臣?

4、さらに、なぜか後から楚留香が一人、助けにやってきて…

5、さらにそこから遅れて琵琶公主が乱入…

・ええと、1→3に場面が進む間に、いったい2のほうではどういう流れだったんでしょうか??
「この男を捕らえろ」って大臣が言って、
そこからどうやったら大臣が先に一人で要塞のほうへアホ王と一緒に姿を現す流れに??
さらにどうして楚留香が一人で??

・まあ琵琶公主と楚留香については、
やらせってことでそういう段取りを踏んでたんだろう、という風に補完は出来るが…

・まあこれも、もう突っ込んだり真面目に考えるのがめんどいので、放置。

+++++++++++++++

・おい、いまさら「琵琶公主は聖女として崇められてるから殺したらマズイ」とか、
この期に及んで、どの面下げて言ってるんだよw
その聖女としてあがめられている公主を
はりつけで焼こうとしてたのはどこの人たちでしたっけ?
あと何かにつけて口実で殺そうとしたりとか。

・で、ラスト、今度はなんか回想シーンで跡付け??
殺害現場の場面で、
鉄花「俺が結婚したのはこの女じゃない」
アホ王「お前は琵琶公主と結婚したつもりだったんだろうが、それは違う」
というやりとりがあったわけで、
最後の回想シーンにあるように、鉄花が初夜の日に花嫁の顔(長孫虹)を見てるんだったら、
↑のやりとりの時点でアホ王の台詞を否定しないとおかしいわけですが…

・…もういいや、真面目にツ(以下略

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/903-50abdc62
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。