上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.30 楚留香傅奇15
最低でも一日一殺で行きたかったんだけど、
結局9月は「康熙王朝」鑑賞後の余韻インターバルが空いてしまったので
若干足りなかったな。
まあこればっかりは仕方がない。


第十五集 大沙漠(2)
◎できごと

・石観音は極楽の星の秘密を狙っており、
楚留香一行の前に、現在、琳琅=石観音疑惑が浮上している。



◎人物まとめ

・楚留香(そ・りゅうこう)怪盗
女がからむと半分無自覚、半分意図的に視野狭窄になるのは相変わらずな感じ。
しかしなんかこのドラマって、基本的に、好いた惚れたの話だよな。
いまさらだけど。


・宋甜児(そう・てんじ)百鬼丸に対するどろろ的な
甜児はアホでかわいいなぁ。


・胡鉄花(こ・てっか)楚留香の昔馴染み
「帰ってきたら毎日初夜だ」とか言ってるあたりで
フラグがビンビンに立っているのを感じたが、案の定そうなった(^^;


・砂漠の狐(さばくのきつね)HENTAI
サクっと退場、っと。
はいはい、古龍古龍。


・琳琅(りんろう)(○ ○)
・石観音(せきかんのん)悪い人

記憶がちょっと遠いので確認&整理しておくと、
石観音って確か任慈の奥さん(になる前の女性)の顔に傷をつけたヘンな人で、
李紅袖をけしかけて任慈を殺させたり、
江湖転覆とかを指示していたのも確かこいつだった。
で、その素性は、天楓十四郎の長女で、
あとの弟と妹が無花と李紅袖…だったっけね。

今回、琳琅=石観音?疑惑が上がったわけだが…
でも年齢的にちょっと無理があるような気もするが…
琳琅になにやら影があるのも事実だし、
このドラマの良くも悪くも…的な適当さのさじ加減からすると
その程度の矛盾は普通に踏み倒しそうな気もするが(笑)
石観音マスクの鼻の部分に穴が開いてて、素顔の鼻が見えてれば
一発で判別つくんですけど…(爆)


・長孫虹(ちょうそん・こう)石観音の手下
だいぶイヤな女。
なーんかどこかで見たことがある顔な気がするんだが… 思い出せない。


・李紅袖(り・こうしゅう)元・丐幇幇主

第一部が終わった後、
結局石観音のところに落ち着いたらしい。
やっぱ女の格好してれば普通以上にかわいいな。
バレバレの扮装して楚留香に会いに行って、
で、みんな気づいてないのには笑いましたが…
(まあさすがに途中で気付いたみたいだけど。
楚大哥が好きで、危険から遠ざけるために極楽の星を石観音に献上した?


・無花(むか)李紅袖の兄
おい、ちょっと待て
なに普通に生きてるんですか@@
おまえ天一神水飲んで血吐いて死んだやん!!!
男塾の世界かこれは(^^;
いくらなんでもこれで後々、ちゃんと説明がなかったら…
なかったら、まあ、笑うしかないなw


・中原一点紅(ちゅうげんいってんこう)剣客
確か蓉蓉に惚れて刺客廃業したんだったな。
で、なぜか月亮城に忍び込んでいろいろ活躍している模様。




◎かんそう

・石観音とか、結構第一部から伏線を引っ張ってきてはいるんだよな。
ダラダラに伸びているので、記憶も薄れかけているのが惜しいところだが。

・石観音一味はどうやらいま月亮城を占拠しているようで、
極楽の星と月亮城には、何か秘密があるらしい。
その秘密が石観音の狙いなんだけど、解き方がわからんので
捕まえていた月亮城の大王をとりあえず放って、様子を見ることにしたってわけだ。

・確か第一部で殺された、蘇蓉蓉の父上の札木合ってオッサンも
月亮城の大王だったよな。
てことは今のアレはその次の代の人ってことなのか。

・今回の最初の頃の夜の楚留香と琳琅の場面、
いや、まあ軽功で飛ぶ二人を吊ってるワイヤーについては、まだ目をつむりますが。
(消そうとしている努力は見受けられることだし。)
それはいいとして、

ちょ、孔明灯のワイヤーも消そうよw

なにこの「頭隠して尻隠さず」を地で行くボケっぷりは?(^^;

第一部の最後で壮絶に果てたはずなのに普通に生きてる無花といい、
なんか微妙にネジの足りてない感があるドラマだな…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/901-d71ef8d7
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。