上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.09 康熙王朝35
気が付けばもう十分の七を通り過ぎてきている。
終わりが見えてくるのはまだ先なんだけど、何気にすごいな。

第三十五集 皇女降嫁

◎できごと

・葛爾丹をしばし押さえておくために、
皇上は藍斉格格を葛爾丹に嫁がせざるを得なかった。

・対台湾の具体的な作戦案を巡って施琅と姚啓聖は対立し、
皇上の鶴の一声により施琅が総指揮を取ることになった。




◎かんそう

今回はイベントの流れ順で書いたほうが書き易いかも。


○満人水軍の引き上げについて揉める朝廷
・スデに決めてるくせに人に意見を聞かないでください、皇上(笑)

・とりあえず姚啓聖に悪態をついておく皇上w
まんまと姚啓聖の思い通りになるのが気に食わんのね(^^;


++++++++++++
○政略結婚
・まさか葛爾丹をこんなにウザく感じることになるとは。
なんかこの辺の、プリミティブで一途で一方的な恋慕の鬱陶しさ、というのは、
後の「大敦煌」上部でも再度ネタとして取り上げられているな…
いや、というよりネタのリサイクル?(爆)

・確かに、
戦略的には葛爾丹に嫁がせれば、当面の時間は稼げるんだろう。
それ(長期的戦略のために何かを犠牲にしていく)はこれまでにやってきたことではあるんだが…

・しかし、やっぱ「あーあ…」だよなぁ…
で、これってどう考えても結局時間稼ぎなんだから、
のちのち不幸になるのは目に見えてるわけで…
これは目の前で死なれても文句は言えんぞ。
(むしろそうなってしまえ、とすら思う。)

・自分の口で言えない皇上を、この卑怯者め、とののしってやりたい気持ちもあるんだが、、、
自分で選んだこととはいえ、これまでずっと藍斉兒との仲良し父娘っぷりを見てきて、
それを捨てざるを得なかった、というのもわかるわけで。

・さすがの老祖奶奶でも、今回ばかりは無理だよなぁ。
というより、実際に劇中で見せ付けられた通り、
この人自身がそういう人生を生きてきたわけなんだよなぁ。
だからこういう時って、この人の存在で、すごく慰められるとは思う。
そして(男の都合で)決まってしまった以上は、
「いつまでもこっちに中途半端に気持ちを残しておかないで、
心機一転して新しい場所でしっかり生きろ」というのは、
まさに出来る限りのアドバイスだよな…

・これまでずっと描かれてきた「代価を払って時間を買う」パターン。
今回は「代価」がこれまでよりもずっと高かった。
業が深すぎで、やりきれないね、これは…
なんとなく、この先こういう方向に話は収束していくのか?という感じも漂ってきたが…


++++++++++++++
○福建漫才
・で、凹んでたところで、またこっちに場面が移って一息つきつつ爆笑できるという、
あいかわらずのバランス感覚です(笑)

・いきなり最初から体育会系バリバリの施琅にワロタ。
で、意気揚々と作戦立案したものの
次々と慇懃無礼な調子で施琅にダメ出しされて、
しまいにはけんかをはじめる人たち(笑)
 
どんだけ大人気ないんだあんたらは(^^;
間に挟まれて苦労する李光地@良識派にもワロタ。
あんたも苦労するね(^^;
(しかもこの後、勝利・凱旋したとしても、藍斉格格の運命を考えると…orz)

・結局施琅の案が採用されたわけで。
まあ確かに餅は餅屋、だもんな(^^;
そして相変わらず姚啓聖には容赦ない皇上にワロタ。
喪に服させろって(^^;
あんた人をなんだと思ってるんだ(^^;

・捨て台詞を一言言わずにはおれない姚老師と、
あいかわらずツンツンな施琅、
それに律儀に見送りに出る李光地(笑)
このトリオはやはりイイ。


+++++++++++++
○ラスト
・てなわけで皇上が南下してくることになり、
台湾攻略編もいよいよ大詰めか。
何気にまだお金を集められていない東亭の今後が気になるけど、
それについてはまた次回、だ。


Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/882-8b997121
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。