上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.29 康熙王朝23
一日一殺体制が崩れてぽこぽこ間が空いてしまったが、
別にドラマが失速しているというわけではなく、
単純に平日夜は体がついていかないということだ(^^;


第二十三集 康熙帝の反撃

◎できごと

・太皇太后のツテにより5000の兵を得た皇上は周培公に総大将を任せ、
北京間近に迫っていた察哈爾王率いる反乱軍を撃退に成功した。

・十二万の軍を持ち、勝ち馬に乗ろうと事態を静観していた王輔臣だったが
にわかに朝廷側が優勢の流れになってしまったため、機を逸した感がありあり。



◎人物まとめ

・孝荘(こうそう)太皇太后
昔馴染みのジーチャンたちを召集して
5000の兵を集めさせた。
まったく、我らが皇上はいったいいつになったらこの人を越せるんでしょうか(^^;


・玄(げんよう)今上皇帝
器は広いんだけど、生意気言うと許さんよ、という絶対君主ルートを順調に進む皇上。
でも冒頭の「遷都しません」宣言は、
どう見ても太皇太后の尻馬に乗っているようにしか見えませんでした(笑)


・魏東亭(ぎ・とうてい)衛兵長

・スマラグ(すまらぐ)玄の侍女


・胡宮山(こ・きゅうざん)侍医


・慧妃(けいひ)

・胤提(いんてい/インスー)慧妃との皇子

・胤仍(いんじょう/インロン)赫舎里との皇子


+++++++++++++

朝廷の人たち

・索額図(ソエト)大学士兵部長官

んん?
さりげなく唐突に挿入されたこのエピソード。
索大人、いったい何考えてるんでしょう(^^;
適当なおにゃのこを連れてきて、皇上にでも献上するおつもりですか?
名前が「丹丹(改め紅玉)」てことは、
これって、それと知らずに実は楊起隆の娘なわけですが…(^^;
しかし相変わらずこの人、歯並びが悪いから微妙に人相悪いわ(^^;


・周培公(しゅう・ばいこう)撫遠大将軍
歯に衣を全く着せない周培公は
その溢れる才気で反乱鎮圧の総指揮を取ることになった。
しかしこちらをナメ切ってぜんぜん言うこと聞かない兵士たちを見て、
これはもしや…と思っていたら。
やっぱり孫子先生方式で行くのね(笑)


・図海(トーハイ)侍衛
兵たちの野次を別に止めもしない図海は、
やっぱ叩き上げの軍人として、力の無い奴に従う気はない、ということだね。


・納蘭明珠(ナーラン・ミンジュ)官吏
結構失敗してる気がするんだけど、それでも皇上がこの人に特におとがめしないのって、
最初からそもそもそんなに期待してないからってのがあるのかな。


・陳廷敬(ちん・ていけい)尚書

・遏必隆(エビルン)侯爵


・王輔臣(おう・ほしん)平西大将軍
せっかく皇上が許してあげるって言ってたのに、
そんな値段を吊り上げるような真似をしたら後々良くないことに…(^^;
と思ってたら、案の定そうなってるし(^^;
これはどうにも時機を読み間違えたとしか言いようがないね…
まあはたから見ていると明らかなことでも、
当事者となるとなかなかそうも行かんのだろう。


・王吉貞(おう・きってい)王輔臣の息子
父ちゃんに比べるとこっちのほうはずっと良識派っぽいので、かわいそうだな(^^;
その辺は呉三桂親子にも言えることだが…


+++++++++++++

三藩の人たち

・呉三桂(ご・さんけい)平西王
勝てるところで勝ち尽くして、勢いも出し尽くしつつあるということか。
こういう理論展開って、いかにも中国の戦っぽい気がする。


・呉應熊(ご・おうよう)呉三桂の息子
別に老祖宗におべっか使ってるわけではなく、
反乱なんかしたくなかったというのはこの人の本心なんだろう。
だからこそ老祖宗もそれを認めたわけだし。
とはいえ、さすがに死罪になってしまったんだろうなぁ。


・尚可喜(しょう・かき)平南王
・耿精忠(こう・せいちゅう)鎮南王


+++++++++++++

反清復明の人たち

・黄敬(こう・けい)宦官
結局処刑されたのかな。


・楊起隆(よう・きりゅう)三郎香会の首領
決起失敗。やはり皇上生存を読めていなかった(というか勝手に勘違いした)のがミスか。
とりあえず逃げ延びたけど、もう再起の目はないだろうな。




◎かんそう

・物量の差というのはあるわけで、
反乱自体が、電撃的にもっとクリティカルなポイントを押さえておかないと
成功は難しいものということなのかな。
あとは皇上(つーか老祖宗)と朱三太子の対峙に現れていたけど、
どたんばではトップが揺るぎないかどうかで勝負が決まるということか。

・王吉貞の前で手紙を書かせながら涙を流す皇上、役者やな~(^^;
それともその時は本当に入れ込んでそういう気持ちになっているんだろうか?(^^;
ともかく、その場の雰囲気に観てるこっちは結構流されちゃうんだけど、
画面の中の人たちは、次の場面になるとだいぶドライに割り切ってるのよね(笑)
前も言ったけど、きれいごとだけで動く世界じゃないということか。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/870-c3030675
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。