上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.16 康熙王朝15
DVDでいうと三枚目がこれで終了。
順調に楽しいです。
体調の問題がなければ、もっと続けてドカ観したいところだなぁ。


第十五集 祖母との論争

◎できごと

・朱国治を殺して廃藩までの時間を稼ごうと考えていた皇上だったが、
朱国治の胆力を見て考えを変え、彼を呉三桂の元へ送り込んで
相手の出方を伺うことにした。

・太皇太后に性急さをたしなめられた皇上は
自分の目で今の状況を見るため、南方に査察に向かうことにした。




◎人物まとめ

・玄(げんよう)今上皇帝
まーた、ヌケヌケと「廃藩はしない」とか「心は一つだ」とか言っちゃって(^^;


・魏東亭(ぎ・とうてい)衛兵長


・スマラグ(すまらぐ)孤児、玄の侍女
ああ、別に退場しちゃったわけじゃなくて、
結局意地を通したってだけだったのね(^^;
とりあえず一安心だ。


・孝荘(こうそう)太皇太后
いくらきれいなものが好きだからといって
お花ひとつで取り込めるほど甘い人か?(^^;
と思ってたんだが、
別に相手にノセられたというわけではなく、
現実的な問題を考えた上での皇上へのストップだったようだ。
…たぶん(笑)
まあ、お年寄りは労ってあげなさいというのは事実だと思うので、
そのようになれば私としても言うことはありません(笑)


・胡宮山(こ・きゅうざん)侍医


・赫舎里(かくしゃり)皇后、索額図の娘


+++++++++++++


・索額図(ソエト)索尼の息子

やっぱりあごひげを生やして貫禄のついた索額図。
ついでに腹の中も読みづらくなってきたところは、父ちゃんゆずりか。
今さらあっさり賄賂もらって相手になびくとも思えんが、
何を考えて呉應熊のために口利きしてやったりしたのか?@@



・陳尚書(ちん しょうしょ)尚書

・遏必隆(エビルン)侯爵


・黄敬(こう・けい)宦官
おや、ここへ来て、何やらまた妙な動きが。
密かに呉應熊とコンタクトを取っているようだ。
コイツの今の(皇上以外の)主人「朱三」てのは
話を聞く限りでは太子らしいが?


・呉六一(ご・ろくいつ)九門提督

・納蘭明珠(ナーラン・ミンジュ)官吏


+++++++++++++

・呉三桂(ご・さんけい)平西王


・呉應熊(ご・おうよう)呉三桂の息子
ゴッドマザー経由で皇上の手を緩めようとしながら、
同時にまた別ルート(黄敬の)で何か企んでもいるみたい。
はてな?


・尚可喜(しょう・かき)平南王
・耿精忠(こう・せいちゅう)鎮南王

向かって左の年取ってるほうが尚可喜、右の若い方が耿精忠、ということらしい。
ぱっと見だとどっちのほうが年配か、ちょっとわかりづらいけどね(^^;


・朱国治(しゅ・こくじ)潮州知府
蘇克沙哈方式で「今は犠牲になってね。後で子孫に損失補填するから☆」って言われても、
なんかあんまうれしくないような…と私が感じるのは、
功名やら何やらなんてあんまり後代に残しても続かないよなぁ、というのを
いろいろな歴史で見てきてしまったからなのかな(^^;
呉三桂側の出方をうかがうために、
再び雲南に送り込まれることになった。


・周培公(しゅう・ばいこう)科挙受験生
この人、デキる人だと思ったら、伍先生の紹介だったらしい。それなら納得だ。
しかし皇上め、いくら興味を持ったからって、横取りはひどいぞ(笑)


+++++++++++++++++++

・コロニ(コロニ)ロシア大使

いきなり謁見を求めて、けんか売るような発言をして帰っていった(笑)
先への伏線蒔きか?
それはさておき、なんぼなんでも突っ込んでおくが、
さすがにこの時代にタキシードは無茶だと思うんですけど…(^^;




◎かんそう

・わざわざ三王と謁見中にロシア大使をその場に入れた、というのは、
外敵を前にしてみんなで一致団結!というムードを演出したかった、ということなのかな?
いろいろ水面下での思惑が多いので、
今回だけでは想像の域を出ないところも少なくないね。

・ところで今回、その場面で東亭を呼びに行った宦官の若い奴なんだが、

あら、コイツ、還珠格格の奴才コンビのもう片方?@@


・劇中でどの程度まできちんと日程管理してるのかはわかりませんが、

季節によってちゃんと衣服が替わってるのは楽しいね。
役人の礼服も、冒頭1~5話あたりの毛皮モコモコのやつと
それ以降の普通の生地のやつ、みたいにバリエーションがあるし。
リアリティ云々については知識がないので、幸い気にせずに済むわけですが、
ともかく見た目に楽しいのは良いことである。

・まあ、知識がないとはいっても、
上ですでに突っ込みましたが、
さすがにタキシードはないだろ(^^;
というのはありました。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/862-1a433b94
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。