上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.25 大敦煌44
鑑賞ペースが上がっているのは、
鑑賞に必要な時間がほぼ半分で済んでいるからです。
何故かって? そりゃ倍そk(ry


第四十四集 挫折の中に

◎できごと

・国民政府による援助が打ち切られ
さらに脅しのためチューイェによって誘拐された蘇清平は
子供のため、そして現実的に個人では状況をどうしようもないと考え
敦煌を離れた。
一緒に行くはずだった梁墨琰は思いを断ち切れずに一人残った。



◎人物まとめ

・竹野(チューイェ)日本人
ま、確かにすっかり情を移しまくっているサンランに比べれば
チューイェのこういうやり方のほうが、ずっと任務に忠実ではある。
本当なら脅しとかやらんでも、「行方不明」にしてしまえばもっと話は早いんだが
さすがにそれはドラマのお話の上での縛りというやつだなw


・梁墨琰(りょう・ぼくえん)画家
「金を払う」ってことが逆に失礼だということに気付け、この男は。
だいたいもともと部外者だったのに、なんでそのオメーが上から払うんだ。
一人では生活力0のクセに、また性懲りもなく残ろうとするし…
某アニメの台詞じゃないが、
思いだけでは何も救えないと思います。
まあそれは身も蓋もないので、挫折の中で、そこから何を見つけるのか?ってのが
この先、最後へ向けてのテーマなんだろうけど…


・千葉三郎(チェンイェ・サンラン)剣客、別名・張克傑
・張燕(ちょう・えん)敦煌の少女
サンラン的には、なんだかんだで師父がいなくなってくれたほうが
任務の上でも、過激派のチューイェから守るということでも
逆に安心なんだろうね。
まあ燕子のサンランへの非難は、完全に八つ当たりだが(^^;




◎かんそう

・案の定研究所の話はポシャったらしい。
まあわかっていたことだよな…
とはいえこれは我々視聴者が歴史を知っているからこそ言えるわけで、
当の本人たちからすれば憤懣やるかたなしなんだろうけど…

・で、また国宝保護の金銭要求の台詞が
妙に生っぽく聞こえてしまうんだよなぁ…
どうなんだ、これはあくまでストーリーの上でそういう台詞があるのか、
それともこの台詞がドラマの伝えたいメッセージということなのか。

・説法図が開くとお約束のSEがwww
しかしまた儍子の荷物からとは、唐突に出してきたな…
そういや中部の最後、説法図ってどこに行ったんだっけ?
なんかすでに中部の内容に関する記憶がだいぶ曖昧になっていることに、軽く絶望した…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/838-0cd9dc37
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。