上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.20 大敦煌40
これでついに40集。
普通のドラマならもう大結局でもおかしくない話数です。
ほんと、よくもまあこんなところまで来たもんだよなぁ… 我ながら呆れます(爆)
最近ではもうほとんど楽しみでもなんでもなく、そんなに先が気になるというわけでもなく、
「最後まで観よう」という義務感と惰性で視聴を続けている感じですが(^^;
ほんとに、ねえ…(笑)


第四十集 危険な積荷
◎できごと

・梁墨琰は敦煌芸術研究所の設立を中央政府に認められたが
途中で誰かが資金を抜いてしまったみたい。

・サンランはチューイェから急かされて一触即発に近くなっている。

・竇黒子一味が最後の仕事に襲った茂源社の車には
孫世昌が売ろうとしていた千仏洞の壁画が載せられていた。



◎人物まとめ

・孫世昌(そん・せいしょう)順泰質店
オッサン、下部開始当初の余裕もすっかり消えて
命かかってるのでかなりテンパっているようです。
しかしまたあからさまに
孫世昌のボスと陳宣忠が別だと示すような描写ですが…
ここまであからさまだと、何とかしてこっちの疑いを逸らそうとしてるように見えてきます(^^;
というより見た感じ、
孫世昌は陳宣忠がボスだと知らないってことか。
身代わりにとか言ってたし。


・陳宣忠(ちん・せんちゅう)茂源商行の店主
また何か企んでいやがるなコイツは。
これ、ひょっとして孫世昌を切り捨てることも考えてる??


・千葉三郎(チェンイェ・サンラン)剣客、別名・張克傑
匪賊連中に襲われてもへっちゃら
こういう時は劇中最強レベルの高手なサンランが頼もしいぜw


・竹野(チューイェ)日本人
どうやらこの前の殺人事件で指名手配って、ほんとにチューイェのしわざだったらしい。
極秘任務で潜入してるってのに、短絡的なアフォだな。
オマエ 画像マデ カカレタ。(「画像」…)
そしてあの黒覆面、ずっとサンランかと思ってたら、なんとチューイェだったらしい@@
てことはチューイェ、ずいぶん前から来てたんだな。
改めて黒覆面=チューイェだと考えていろいろと思い返すと
辻褄がおかしくなってきそうな気がするので、思い返すのは止めよう。
一方で、黒覆面と前にやりあったもう一人ってのは、
やっぱ儍子だったのか??
この辺もナゾだな。


・竇黒子(とう・こくし)匪賊の大当家
予定通り、手を付けたらまずい品物に手をつける、と…
しかもヤバイ代物を手に入れてしまったというのに
その帰り道、ジャイアニズム全開で他人の馬を持って行こうとするとか、
こいつらぜんぜん反省してねえ。だめだわ。
まあお話的にはその後「戦った相手は友達」方式で
丸く収まったから良いのかも知れないけど…

孫世昌相手に足元見まくりだが(^^;
ま、向こうは命がかかってるから必死にもなるだろうけど、
あんま調子に乗ってると後が…




◎かんそう

・相変わらず走ってる途中で回転してずっこける馬

コレ乗ってる人も馬も大丈夫なんだろうか…@@

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/834-88e33ed5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。