上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.29 大敦煌31
というわけで、中部もあと一話となりました。
惰性の力って、すごい。(←問題発言)


第三十一集 官軍の罠
◎できごと

・胡楊がベイカーをやっつけて
その胡楊を官軍がやっつけて
紅蓮が捕まってまた状況リセット。



◎かんそう

・ほんと、何度もリセットがかかってるような。
とりあえず「あっさり胡楊に蹴散らされて砂漠をさまよう西洋人」って、デジャブです。

あと一回なので、感想もさくさくと流して行きますか。

++++++++

・秦文明の死の真相
ええ~、経典の片割れが欲しいから殺したって…(^^;
いや、姜孝慈のあの告白だけで
そこまで詳細な事件の顛末を知る紅蓮もすごいけどw

まあ確かに
それくらい単純な話だってんなら
前に福隆商号の刺客が秦文玉を殺そうとしたってのも
話は通るのかも知れんが…
さんざんアレコレ深読みしたのがバカらしくなるな(^^;


・シナリオの都合で殺せません
ここまで決定的な状況にしておいて、
まだベイカーを殺さないという無茶っぷり。
唐突に「逃がしてやれ」とか、
もう完全に秦文玉は意味不明。
なんでそこで連合軍の口実とか
わけのわからん流れに??
おまえ何しにここまで来たの?
私事より国事が大事とか

もう勝手にやってろバーカw

・で、紅蓮相手に
「妹」とか、止せっつーの。
お前は傷口に塩をすり込みたいのか?(笑)


・紅蓮大暴れ
またそんな、武侠ドラマじゃないとやっちゃいけないようなアクションを(^^;


・ラス前に至っても未だに甘ちゃんの秦文玉
これだけコロコロ態度を変えてるいい加減な朝廷を
未だに疑いすらしないコイツ見てるとほんとイライラする。
いい加減現実を知れ、アフォが。
(まあ、視聴者にそう感じさせるのも、狙いではあるんだろうけど。)

つーか
紅蓮を助けるって言って
なぜ砂漠に出て行くの?(^^;
結局胡楊頼みなん??
自分で何とかしましょうよ。

そして紅蓮と交換に、って、
いや、そのヘタレに人質としての価値はないだろw
(と思ってたら、案の定な厳知県で次回へ引きとなったが…)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/823-2f82ea07
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。