上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.27 大敦煌29
週末で久々に天気も良いし、その上珍しく午前の早い時間から動けていたので
どこかにお出かけでもしようかと思ったのですが、
センタクして布団洗って、ドラマを観てたら午前中終わってました。
さてどうしようかな…


第二十九集 陰謀の足音
◎できごと

・ベイカーたちを捕らえたものの結局またもや上の方針転換でまんまと経典を持ち出され
全ての罪を秦文玉と胡楊に押し付けようという厳知県その他のたくらみが
着々と進行したっぽい感じ。




◎かんそう

・春霞(の中の人)、目鼻立ちはやっぱ周迅に似てるね。

・ベイカーの法廷での理屈は
詭弁というか
完璧に問題のすり替えなんですけど(^^;
これ、王道士から管理権を取り上げちゃえば、それだけで普通に話が済むと思うんだが…
でもなぜかまんまと言い負かされて結局上に責任丸投げする厳知県に激しく萎え。
同時に「この段階では西洋人を退場させられない」という
シナリオ上の都合が透けて見えまくるのも萎え。

・ついでに手柄独り占めの件といい
どんどん株が落ちていく厳知県…
で、そんな年兄を100%信じきってるアフォな文玉
なんかどんどん小人物ばかりになっていって、
観ていてすっかり「みんな勝手に死ね」モードになってしまったな。

・そして予定通りすぎる対外方針転換には吹かずにおれないw
なんかさぁ、こうなるのはわかってたんだから、
さんざん無駄なことやって引っ張らずにそこまでを一気に見せておいて、
それからどうするか、という点にもっと重点を置いたほうが良かったんじゃないか、と思うんだわ。
いや、上部でもそんな感じのことを思いましたが。

++++++++++++++

・あっさり殺されてしまったかと思った杏花が
なんか普通に生きてるのも、なんなんだ(^^;
まあどうせあと三話のうちに死ぬんだろうけど(←すっかりネガティブ思考が身についた)。

・また無駄に都合良く察しの良い春霞…
なんかこのキャラクター、描写されている聡明さの割にいまいち安定感が感じられないというか、
そう感じるのって、なんでなんだろう。

・暴走ラクダから子供を助けてバレるとか
どんだけアホなプロットやねん(^^;

・で、この期に及んでまたヌケヌケと紅蓮を信じてるとか、話があるとか…
うーん、文玉についてはぜんぜん感情移入して観れてないなぁ。
返す返すも婚姻の日に逃亡した一件が致命的となってしまった。

・そして、ここで棺桶屋にかくまわれた大剛と
その大剛と再会した杏花、という流れをやったクセに、
二人の別れの場面をちゃんと描かずに勝手に画面の外で済ませて
大剛を文玉と一緒に胡楊のアジトへ帰してしまうとか…
なんなんだ、このバランス感覚の悪さは(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/820-6e25d092
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。