上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.17 大敦煌24
あらららららら…


第二十四集 一夜の夢

◎できごと

・秦文玉と紅蓮の結婚騒動は
文玉が春霞と駆け落ちしたと勘違いした紅蓮がショックを受け
ひとまずの収束を見た。

・説法図を再び手に入れた大剛は杏花との式を挙げることになった。

・敦煌へ戻ったベイカーは姜孝慈から説法図が大剛の手中にあることを聞かされ
なにやらよからぬたくらみをそそのかされている。



◎人物まとめ

・秦文玉(しん・ぶんぎょく)刑部主事
あーあ。
いくらなんでも今回の所業は人として最低であり、
ほぼ感情移入は不可能になった。
煮え切らない態度もまず問題だが、
逃げ出した後でヌケヌケと
「あんな場所に私の居場所はない」とか「命のある限り抵抗する」とか
息巻いちゃってるのが痛すぎ。
そういう台詞、
紅蓮の前であれだけ都合の良い態度を取っておいて、
それはないんじゃないの?
その後うっかり口を滑らし、年兄の前でボロを出しまくるのもアホすぎ。
なんか文明の死の真相とか、殺した犯人とか、
いろいろどうでもよくなってきている、というか
流れでスルーされたりせんだろうな、これ。


・秦文明(しん・ぶんめい)秦文玉の兄、故人


・春霞(しゅんか)大把式の妹
あんま「かわいい」顔とは違うよなと思ってたんだけど、
今回、寝顔を見たら周迅系の顔なのかなという感じが。
しかし、わざわざ手引きして文玉を逃がしておいて、
いまさら「彼女は本当にあなたのことを愛してた」とか
「今頃あの娘、傷ついてるでしょうね」とか言ってどうするんだか…
なら最初から止めろと(笑)


++++++++++++

・馮大剛(ふう・だいごう)駱駝引き
・杏花(きょうか)春霞の友人
・王有祥(おう・ゆうしょう)棺桶屋、杏花の父
いきなり結婚の日取りが明日、とか、最初は唐突な感じがしたんだが、
「絵を取り戻したら翌日結婚する」って、
そういや前から言ってたことだったんだよな。
幸せそうなおとっつぁんは良いんだが、
しかしなんかすでに一度説法図に関わっちゃってるから
どうしてもGOOD ENDが見えないぞ(^^;
おとっつぁんいい人だから
あまりキツいことになって欲しくないんだが…


・ヘンリー・ベイカー(へんりー・べいかー)英国人探検家
・ジョン(じょん)英国人宣教師
全裸で風呂に入ってハシャぐ中年洋人二名(笑)
いや、それ自体は別にいいんだけど、
思わずこのシーンに吹いてしまった、というはなしね。


・姜孝慈(きょう・こうじ)福隆商号の店主


・馬全徳(ば・ぜんとく)骨董商


+++++++++++++++++

・厳文道(げん・ぶんどう)敦煌の知県
冒頭、ベイカー先生たちへの腰の低さにワロタ。
中央での情勢の変化を受けて、完全に力関係が逆転しとるのね。
とりあえず今は積極的に西洋人を後押しというわけではないみたいなんだけど、
かといって特に祖先の遺産を守るぞ!とか、やる気があるわけではないのね。
どちらかというとこの辺は、現実の見えてない年弟が一人で燃えてるだけで
この人は適当に話を合わせてるだけって感じか。


・王道士(おう どうし)道士

++++++++++

・紅蓮(こうれん)胡楊の新リーダー
もともと掟や命のキケンを盾に結婚したようなものなのに、
なんでわざわざ自分を追い込むようなことを言いますか(^^;
まあふいに不安になっちゃったってことなんだろうけど。


・劉大魁(りゅう・だいかい)胡楊の二当家
大魁哥、いいやつだな(^^;
吹っ切れてからの哥っぷりが、いいやつすぎる。
(それだけに、姓秦的のやつのイメージダウンが止まらないわけだが…)


・水妹(すいめい)
水妹は前に大当家が言ってたように大魁哥とくっついてしまえばいいと思うんだが、
大魁哥のほうにはその気はないみたいだな(笑)



◎かんそう

・ほんとにエスケープしちゃった文玉にはげしく失望。
もともと第三者的に見ていた上部はともかくとして、
この中部では割とコイツ視点で物語を見ていただけに、
今回のイベントでガクっとそこから弾き出された感があるのはつらいね。
一瞬、鑑賞中断しようかとも思ったくらいだ(笑)

・まあほんとにここで中断しちゃったら、
たぶん再開するまでに、すごく重い腰を上げないといけない羽目になっちゃうだろうから、
とりあえず惰性パワーを使ってなんとか続けていきたいが…

・でもなんか、大剛・杏花カップルのほうも
妙な鬱展開になりそうな気配が漂ってくるしなぁ…
この二人は別にそこまでどーなろうと気にしないんだけど
それと繋がってるおとっつぁんが不幸になるのはきつい。
鬱展開はほどほどにして欲しいものです…

++++++++++++

・胡楊のところから逃げる文玉、
なんで経典を置いていくの??
罪悪感から???

・「二人をカップルと勘違い」という
あまりにも予想通りの展開には笑ってしまった。
もちろん砂漠のような、乾いた笑いだ。
まあベッタベタといえばベッタベタだが…
しかし文玉の奴にあまりもはや魅力が感じられなくなってしまったので、
「それに惹かれる紅蓮」にも共感できなくなってしまったのは痛い…

・改めて思うが、意に沿わぬ結婚、逃げる花嫁…って
前もやったパターンだな(笑)
いや、こっちは花婿ですけど。

・文玉の「国宝が流出して外国の博物館がどうのっこうの」って、
なんか微妙にプロパガンダっぽい香りのする台詞だな~(^^;
まあ勘繰りすぎだろうけど。
そして、実際には結構国外に流出してたもののほうが
きちんとした形で今日まで保存されていたりする、というのも
すごい皮肉な話ではある。
(そう考えると、必ずしもベイカー先生=悪、という風には
描かれてはいないのか?)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/815-7afda5e1
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。