上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.18 楚留香傅奇09
レンタルショップ環境がどうこうと一つ前に書きましたが、
そういう戯言はまず手元にある大量の積み作品を消化してから言えって話ですね。
はい、すんませんでしたm(_ _)m


第九集 血海飄香(9)
◎できごと

・秋霊素の口から任慈の死、そして今回の事件の真相の一部を聞いた楚留香だったが
崖から身を投げた秋霊素を追って、自分も飛び降りた。

・その姿を覗き見ていた李紅袖は絶望に暮れたが、
実は兄だった無花大師に促されて済南へと戻った。

・香榭では宋甜児と蘇蓉蓉がすっかり仲良くなってアハハキャッキャッ状態
義姉妹みたいになってしまったが、
宮南燕が姿を消した楚留香にいよいよ痺れを切らして
乗り込んできたりした。



◎かんそう

・やっとこさ、いくらか情報が出てきて核心に近づいてきた感がある。
まったく、いちいち不要な描写が多すぎる気がする。
まるっきりそれが悪いとは言わんのだが、
どうもここまでの感じだと、逆にソレが
お話に引き込まれるのを阻害してしまっているようなところがあったからな。

・だめだ、やっぱり病床の相手に毒を飲ませて殺すというのはトラウマだな…
これのせいで、たとえ李紅袖にやむにやまれぬ事情があったのかも知れない、とか、
本当に悪いのは別の黒幕、とか、
楚留香への想いとの間で引き裂かれて苦しむ、とかがあったとしても、
もうとても許せる気がしない。
個人的に、絶対やってはいけないことリストの最上位に入る所業だ。

・「以前李紅袖と何者かが密会していた」とか
秋霊素さん、思わせぶりなこと言うから、いったい何者だ?と思っていたら
その後、自分の顔を台無しにした石観音とかいう存在がすぐに話に出てきました。
あのー
どう考えてもそれが犯人だと思いますが(^^;

・あとどんな理由があろうとも、孫学圃の目を潰したのはひどいと思いますが。
どぅいぷちーで済ますなよ、オイ(^^;

・つーか、この辺、話がおかしくなってきてるんだよな。
そもそも「誰かと結婚することになったから」ってことで
相手の男にみさおを立てるために、自分の裸を見た孫学圃の目を潰したんじゃなかったっけ?
なんか今回の話だと、目を潰した後になってから
任慈と「結婚する」って話が出てきてる気がするんですが??
(武侠ものといえば矛盾、伏線・設定ひっくり返しは当たり前、の世界ですか?)

・ここへ来て突如出てきた「無花・李紅袖が兄妹」にはさすがに吹きました。
なにその新設定??!!@@

・こうなるといちいち無花大師のやることが怪しく見えてしまうのですが、
そんな状況で「心から楚留香の身を案じています」みたいな描写を出されても…
二人とも、楚留香への親愛の情については
江湖のドロドロしたものとは無関係の、いつわりないものだってことなのか?

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/782-c20660e1
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。