上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.13 楚留香傅奇05
一章は全十三話なので、DVDはDisc1が1~4、
Disc2以降は一枚につき三話収録となっているのです。
てなわけでここから二枚目。


第五集 血海飄香(5)
◎できごと

・楚留香は孫学圃から秋霊素を知るという素心大師の情報を得たが、
一足遅く、謎の刺客忍者によって素心大師はSATSUGAIされてしまい、
手がかりは「少林…」のひとことのみ。

・秋霊素は結婚した相手とは丐幇の先代幇主・任慈だったことが明らかになった。
楚留香は李紅袖の事件への関与を疑わずにはおれなかった。

・無花大師は一点紅を説教して改心させようとしたが、だめだった。

・丐幇の内紛のとばっちりに近い形で宮南燕は白玉魔にRAPEされそうになったが
ぎりぎりで助けが入って事なきを得た。



◎かんそう

・ある程度キャラクターが定着してきたというか、
舞台の上の人たちは掴めてきたので
それなりに楽しくはなってきている気もする。

・が、しょっちゅうあちこちにぽんぽこ話が飛ぶので、
そういう点で今ひとつ「乗り切れていない」ようなところはあるんだよなぁ。
「すげえ! 楽しい!」とかは別に言いたくもならないというか。

・謎解きはお題として存在しているんだけど、
なんかあんまそれと関係なさそうな雑多な話とかで
しょっちゅう横道にそれてる感じがあるというのも起因してるのか?
個々のエピソードは面白いのかも知れないけど、
あんま縦糸の通ったお話として整理されていないという印象。



◎人物まとめ

・楚留香(そ・りゅうこう)怪盗
人助けをしたりしながら、割と今回はまじめに事件を追っている…のだが、
どうも尺が足りていない。


・蘇蓉蓉(そ・ようよう)月亮城?
前回、別れたのかと思ったら、結局今回も楚留香の相方をやっていた。


・孫学圃(そん・がくほ)元・絵師
一生を台無しにされても未だに秋霊素萌えとか言ってるところは
このネジの足りてなさが古龍キャラクターということなのか。
これまでの経験上、こういう過去の証人タイプは
SYOUKO INMETSUを図った真犯人によってSATSUGAIされてしまうかと思ったんだが、
そんなこともなく、無事人生の再出発と相成ったようで、
その点についてはヨカッタね。

+++++++++++++++++

・宋甜児(そう・てんじ)楚留香のオマケ
宮南燕とツンデレ道中をやってるのかと思えば
妙ななりゆきで禿鷹と一緒に行動することになった。


・宮南燕(きゅう・なんえん)神水宮
しかし天一神水って、こんな簡単に持ち歩いて良いものなんだろうか?
そもそも神水宮の秘伝ということで、わざわざそれを盗み出すために娘をかどわかしたってことから
楚留香が犯人だと疑われるという段になったというのに、
これじゃ外を歩いてる神水宮の女を一人倒せば簡単に手に入っちゃうジャン。


・禿鷹(はげたか)捕吏
コメディ担当のようなんだが、なんか上っ滑りしている気がする。
場面がブツ切れで、個々が掘り下げられる暇がないからか?

+++++++++++++

・李紅袖(り・こうしゅう)丐幇幇主
先代幇主・任慈のことが舞台の上にあがってきたおかげで、にわかにきな臭くなってきた。
若い身の上で丐幇の幇主をやる羽目になっているという今の状況なんかからも
焦りが垣間見えるというものだ。
で、そういう風に焦った人というのはえてしてとんでもないことをしたりするものだ。


・白玉魔(はく・ぎょくま)丐幇の長老
陰謀云々は、確かに正論だよな~と思っていたら、
ほんまにタダの色ボケ三下悪役かい(^^;

+++++++++++++

・無花(むか)…僧侶

今回の良い意味での突っ込みポイント。
突然背後に空を飛ぶ坊主という光景はシュールすぎる。
その後の無茶苦茶な説教攻撃にもワロタ。
この人が最強?
ただ、面白いことは面白いんだが、
やっぱ上に書いたように、あんま本筋と接続してない気がするんだよな…


・中原一点紅(ちゅうげん の いってんこう)殺手
いきなり「自害しろ」とか、あいかわらずわけわからんわこの人(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/778-4e8f6822
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。