上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで、嵐のような勢いで鑑賞終了しました。
古装ドラマ「還珠格格(邦題「還珠姫」)」でした。
いや~、これは面白かった。
全24話というコンパクトな尺もありましたが、
一話も退屈することなく一気に観てしまいました。
事前に評判は聞いていたのですが、
期待に十二分に応えてくれる面白さでした!

同名の少女小説を原作にしたこのドラマ、
なんというかこう、ジャケットやタイトルなんかを見ると
いかにも「スイーツ(笑)」系の雰囲気が漂っています。
(日本語版の「プリンセスのつくりかた」とかいうサブタイトルもそれに拍車をかけてる気が。)
その辺で二の足を踏んでいたというか、いまいちモチベーションが出なかったというのも
これまで手をつけていなかった理由の一つとしてあったのですが、
いざ観始めてみたら、これがなかなかどうして。
そんじょそこらの下手な武侠ドラマなんぞよりもずっと義侠心あふれる内容であり、
ハラハラドキドキ、そしてなによりニヤニヤが半端なくヤバイです。
人も軽功でクルクル飛びまわるし、ドカバキもあるし、
主人公の小燕子は女ながらも、もともと江湖の侠客に近い存在なので男気に溢れてるし。

古装ドラマということで、舞台は清・乾隆帝の時代となるわけですが、これもまた良い。
大雑把なように見えて細かいところまで実に配慮の行き届いたつくりです。
これは明らかにこれまで観てきたドラマよりも気を配ってあると思う。
実際の史実やその辺のディティールはともかく(なにぶん知識がないので)、
「リアル」にその時代の空気を体感できる
これぞ古装の醍醐味ですね。

キャラクターもヒロイン(主人公)二人はそれぞれに違った魅力を持ち
しかもその魅力が観ててばっちり伝わる。
キーキャラクターである乾隆帝も、なんつーか、このお方がヤバイです。
娘に無茶苦茶甘い親馬鹿パパ。
武侠ドラマなんかでもおなじみのよくある構図ですが、
これを存分に味わいつくすことができます
ついこの間観た「雪山飛狐」でも乾隆帝出てましたが、
このドラマを観て、なんかもう180度を通り越して540度くらいイメージが変わってしまった(笑)
皇上万歳万歳万々歳です。
中の人パワーは全体的に素晴らしかった。

ストーリーについても、もともと全24話でまとまっている上に
最初から最後まで、きちんと構成を考えて作られています。
山あり谷ありで緩急つけつつ、カタルシスもきっちりと。
個々のイベントや伏線の先へのつなげ方に
ほほーと感心することもしょっちゅうです。
テンポ良く進むストーリーに首っ丈
無理、無茶な展開や伏線無視、ダラダラどうでもいい無駄なことに尺を消費とか、
話の都合でキャラクターがおかしな行動を取ったりとか、そんなものは皆無でした。
原作付きって本来、当然こういう風に作れるのが強みのはずなんだよな~(^^;
これが原作付きの正しいありかたというか(^^;


てなわけで、かなり手放しで褒めてますが、それくらい楽しかった!
欠点を補って余りある、ひさしぶりの☆五つですね。
他の何よりもまず「親馬鹿パパ萌え」の人は、問答無用で観るべきかと。


以下、最終話までのネタバレ100%込みで↓


・ストーリー ~☆☆☆☆
ネタバレ抜きの部分に書いたこととかぶりますが、
とにかく最初から最後まで破綻なく、しっかりと構成されたストーリー運びが秀逸でした。
各話感想でも書いた気がしますが、このドラマを見ると
ほんと、お約束って伊達にお約束と呼ばれてるわけじゃないんだなーと実感できます。
予想に応えて期待に応える。素晴らしいことです。
変に奇をてらったりせずに素直に進めて、
それを演出力&中の人パワーで魅せる。これぞ王道という感じです。
もちろんまるっきり先が読めるというものでもなく、
次々と小燕子という型破りなキャラクターが巻き起こしていく事件や
怒涛の勢いで転がっていく状況に、その都度楽しませていただきました。

何よりも素晴らしいと思えるのが、
基本的に無駄なことなど何一つなかった、ということです。
皇阿瑪とまったり過ごしただけの時間。みんなでほとんど談笑していただけの時間。
そういう経験値が、きちんとひとつひとつ、積み重ねられていって、
それが大結局におけるめでたしめでたしへと直結している。
このストーリー仕立ては、見事と言うほかはありません。

マイナスポイントがなかったというわけではなく、
王道ということで、良くも悪くも、予想を大きく外れることはなかった、というのはあります。
お約束ってのは、悪く言えば結果がわかってる出来レースなわけですしね。
予想の斜め上を行くような突飛な展開というのは、そうそうしょっちゅうはなかった。
しかし、それを補って余りあるもの…
つまり二十四集かけて丹念に作品世界を描いてきて、すっかりそれに愛着を持ててしまった。
こうなったらもう向こうの勝ちですね。

あと「引き」で思わせぶりなことをやっておいて(主にアルカンの暴走とか(笑))
次が始まったら割とあっさり収束、みたいなこともありましたが、
まあこれもご愛嬌、だな(笑)


台詞回しもウィットがあって良かったし、
日本語字幕も、難しいジョークやらなにやらを
うまいこと咀嚼して消化できていたんじゃないかと思う。
「二人称問題」については、相変わらず目についたが…
(とりあえず「五阿哥」をいつまでも「ヨンチー様」ってのは何か違う気が…)
ともかく要所要所で、古装ドラマとしてのリアルさを演出して
作品世界を丁寧に作っていたというのが、すごく印象に残りました。


-------------------------------

・音楽 ~☆☆☆★
OP/EDが良いのはいつものことです。
劇中にかかる曲もコメディや劇的な場面など、それぞれに演出効果を助けていました。
そして出色だったのは主に紫薇まわりで流れた挿入歌でしょうか。
あれは超ハイスペック才媛・紫薇を演出する要素として、実にうまく使われていた。

OPの曲は確かにいいんだけど、
ドラマチックな場面でそれに頼りすぎかな、というのはちょっと感じたかも知れない。

あとある程度は年代ものなので、SEとかがときどき古臭いとかね(^^;
まあこの辺はそのおかげで悲喜劇っぽくなってるので
結果オーライ的なところもある。

それにしても、OPは良かったんだが、
あいかわらずネタバレ映像はもうちょっと何とかして欲しいよな~(^^;
拷問で鞭ビシバシの場面とかは
物語の核心部に近いネタバレだと推測できてしまうだけに、勘弁して欲しかった(^^;


-------------------------------

・アクション ~☆☆☆★
打打殺殺のドラマではないので、この項目は正直要らん気もするが…
でもいちおう古装ものってことで、
軽功やらその他、普通の武功やらも出てきて、
バタバタ飛んだりクルクル回ったりと
思っていたよりもずっとエンターテインメントとして
アクションの見せ場があったのは意外だった。
それ単体で見ごたえがあるってものではなかったんだけど、
キャラクターの演出としてうまく相乗効果を挙げていたと思う。


-------------------------------

・キャラクター ~☆☆☆☆☆
この項目については文句なしだな。
ソレがメインのドラマだったようなものだし。
どのキャラクターも丁寧に、じっくりしっかり描かれて
生き生きと動き回っていました。
基本、作りが粗くてもある程度は成立してしまう武侠ドラマではよく見かけることですが、
終盤に進むとストーリー展開の都合から
「ええ? それはアリなの?!」と言わずにはいられないよーな
不条理な(納得のできない)行動をキャラクターが取ったりとか。
いまさら言うまでもなく、このドラマではそんなことは全くありませんでした。

で、キャラクターが固定化しちゃってるというわけでもなく、
それぞれお互いに影響しあって、変わっていき、
その変化・成長がきちんと見て取れる。観ていてわかる。
当たり前のことですが、破綻なくそれを全てやっていたというのは
構成がしっかりしていたということが大きいんだろうな。
あと話が大きく広がらなかった(悪い意味ではなく)ということもあって、
薄っぺらく引き伸ばされることもなかったというのもある。

基本、ほんわかドラマなので、
主だったキャラクターの中で人死がなかったというのも
やはり鑑賞後の後味の良さに繋がっているよね。
ストーリー作りの上で人死を出すというのが必要なことというのはわかるのですが、
これは個人的な好みの問題ですが、
やっぱ人死は少なければ少ないに越したことはないと思うんですよ。
善人が死んだらそれだけでもう、いくらめでたしめでたしで終わっても
ある程度は後味が悪くなってしまうし、
悪役だって、改心したならそれで良いし、
たとえその時改心しなくても、生きていれば改心することだってできるんだし。
私はそんな甘っちょろい性善説の持ち主なので(^^;
このドラマの世界は実に居心地が良かったと言えます。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/768-131e0260
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。