上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.19 還珠格格11
安定した面白さだ。


第十一集 皇宮に三人
◎できごと

・福家→令妃ルートで夏紫薇と金瑣は還珠格格の侍女として宮中に入ることに成功した。

・皇后一派がいよいよ小燕子への疑いを強める一方で、
当の小燕子は危機感もなく酒盛りなどをして酔い潰れていた(^^;




◎人物まとめ

・小燕子(しょうえんし)…還珠格格
あんたはほんと、右脳だけで生きてるなw
どんだけ危機感がないんだか…(^^;
そして酒癖の悪さも妙にリアルだ(^^;


・夏紫薇(か・しき)…夏雨荷の娘
今回は半分紫薇の回だったかな。
別れの場面になると言葉ではなく琴と詩に思いを乗せたりとか
速攻で侍女になりきったりとか、
あいかわらずスペックの高さに惚れ惚れする。
酔っ払って泣き上戸の小燕子を介抱する姿を見ても
やっぱりどう考えてもこっちのほうがお姉さんだよなーと思う(^^;
しかし紫薇って、これだけ高スペックを誇るにも関わらず
小動物みたいにスキだらけなところがあって、
皇阿瑪を前にして硬直しちゃったり、その後目をキラキラさせてたりと
こう、妙にS心をそそられる、いぢめたくなるよーな可愛さがあるんだよな(笑)


・金瑣(きんさ)…夏紫薇の侍女
「小姐」呼ぶの止めろって言われてるのに… 大丈夫か?(^^;


・明月(めいげつ)還珠格格の侍女
・彩霞(さいか)還珠格格の侍女
・小子(しょうとうし)還珠格格の侍従
・小卓子(しょうたくし)還珠格格の侍従
基本、還珠格格に絶対服従だけど、
できるだけその無茶苦茶っぷりには巻き込まれたくないと思っているようです(笑)


・皇帝/皇上(こうてい/ホワンシャン)今上皇帝
皇上、一瞬紫薇を見てフリーズしたが、
なにか閃くものがあったんだろうか?
そして普通に話していたかと思えばいきなりテンションが切り替わって
叱られたりもしてビビるが、
もはやこれくらいのジャブの応酬は小燕子との間では普通のことなんだよな(^^;


・皇后(こうごう)皇后
本格的に還珠格格ツブすモードに入っている。
しかし毎度毎度タイミングよく漱芳斎にやってくるのを見てると
よくよくあんたもヒマだよな、他にやることないのかしら、と突っ込みたくなる(笑)


・容[女麼][女麼](ロンママ)皇后の乳母
柱の影にロンママこわすぎ@@
このオバア、妖怪であったか。


・令妃(れいき)
令妃娘娘、意外と黒い?(^^;
小燕子をかわいがったりかばったりするのは
小燕子LOVEな皇上の寵愛を得る&皇后を牽制という目的もあったりするんだろうか?
まあ、これまでの態度を見ている限りでは、
別に打算100%で動いているというわけではないのも確かだろうけど。
でもなんというか、そういう怖さはところどころに感じてしまうお姉さまではある(^^;


・永(ヨンチー)五阿哥

・福倫(フー・ルン)大学士
・福晋(フージン)福倫の妻
劇中で実際に見ていたのは短い間だったけど、
紫薇(と金瑣)が福家で過ごした時間というのが感じられて
しみじみとしてしまう別れの場面でした。


・福爾康(フー・アルカン)福倫の長男
アルカンめ、皇宮の壁は鉄より厚いとか言っといて
数日もしないうちにガマンできずに会いに来るとは(^^;
小燕子にも突っ込まれてたが、しょーもないやつだ(^^;


・福爾泰(フー・アルタイ)福倫の次男
またいつものように突っ走る五阿哥その他に引きずられて
「仕方ない、こうなったらやるか」となるパターン(笑)
アルタイはそういうキャラということだな。




◎かんそう

・どう考えても小燕子は行き当たりばったり、無計画、無警戒で結果オーライ!
というポリシーで動いているので、
以前の状態よりも明らかにキケン度は増してるんだよな(^^;
というわけで、合流は果たせたのだけど、逆に緊張感はアップしたかたちだ。
先が気になるぞ。

・だいたい半年のうちに何とかする、という
計画のめどが立てられたようだ。
となると、これでドラマ全体の半分くらいを消化しているわけなのだけど、
この先を使ってそれをじっくりやっていくという感じかな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/754-785ebfbe
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。