上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.08 還珠格格02
とりあえず「古装」のカテゴリに入れたんだけど、
軽功で壁を飛び越えたり、人がクルクル回って飛んだりするんだよな、これ…
「武侠」のほうに入れたほうが正解なんだろうか?@@


第二集 姉妹の契り
◎できごと

・意気投合した小燕子と夏紫薇は義姉妹の契りを結んだ。

・夏紫薇は皇帝が若い頃にそれと知らずに作った子供であるらしく、
掛け軸と扇子はその証拠の品だった。

・皇帝に会う機会を求めて三人は狩り場へ向かったが
途中で道の険しさに夏紫薇と金瑣の二人が脱落
代わりに小燕子が証拠の品を届けることになったが誤って矢に射られた。
が、話は通じたので、皇宮へ運ばれて手当てを受けることになった。




◎かんそう

・おっとりとして性善説を信じる紫薇と、
それに対して現金なところもありだいぶシニカルな小燕子という
二人の対比が面白い。
それでいて結構意気投合しちゃうんだよね。

・「お芝居と武芸を見せてるんだから、金もらって何が悪い」って、
そりゃそーだけど(^^;
お芝居とか開き直るところがワラエル。

・三字経もすっかりおなじみになったな~。
「人之初、性本善…」
まあなんつってもドラマ版「七剣~」で強烈に記憶に刻まれたんだけど(^^;

・自由気ままで適当に見える小燕子なんだが、
姉妹の契りで誓いの儀とか、意外と古式なんだよね(笑)
武功使いって時点でそもそもそういうところはあるんだけど、
他にも紫薇の母親の話を聞いて「豈有此理!」って怒ったりとか
斜めに構えたところとストレートなところが同居している。
そこが魅力に繋がっている感じがするな。

・狩り場への裏道、またすげえ断崖絶壁だよなあ、コレ…

前回の式場の大立ち回りの時も思ったが、
体張ってるな~(^^;

・で、紫薇の父が皇上だってことがわかったと思ったら
そのまま怒涛の展開で皇宮へと話が進んでしまった。
さくさく進んで大変よろしいと思います。
あとEDの絵って、次回予告みたいなものだったんだね。


・結構、初出の登場人物が多かったんだが、スルーしてしまった。
たぶん本格的に舞台の上で紹介されるのは次回からだろうから、
とりあえず名前だけまとめておくことにするか。

夏雨荷
…紫薇の母

宝暦
…宝親王 弘暦の意味
姓は愛新覚羅
今の皇帝

ヨンチー
…皇帝の息子

フー・ルン
…皇帝の側近

アルカン
アルタイ
…フー・ルンの息子兄弟
片方は楊康の中の人

オー・ミン
…護衛隊長


・そういや、「七剣~」でお勉強したことなんだけど、
満州族の人の父への呼称は「アマ」なんだよね。
だからヨンチー皇子は父に「皇(ホワン)アマ」って呼びかけてたな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/744-148a6476
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。