上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.18 七剣下天山06
前回からサブタイトルを中に入れたのは
そろそろネタバレになる…というか
要はサブタイトルで話の流れがおぼろげにでもわかってしまう恐れがあるため
それを避けるためです。

それにしても相変わらずいいところで〆になる…
 
 
第六集 郁芳中毒


第六集 郁芳中毒

・タイトルからいきなり吹いた。
別に「郁芳中毒でメロメロ状態」というわけではなく
「郁芳が毒に中(あた)る」ってことね(笑)

・他人の天瀑剣を扱ってみせる辛龍子はなにげにすごい。
その辛龍子と傅青主の手合わせを見て
元英も少しは何かを掴んだようだ。
天瀑剣は柄のところから刃が出る…というよりは
柄が自由に動く攻防一体の剣ってことなのね。
そういえば第一話でも元英は郁芳に襲われた時
水汲みの天秤だか何かを使ってたっけ。

・日月剣のひとつの刃を器用に飛ばして
合図の花火を撃ち落してみせた穆郎だが、
剣として使うことはまだできない。

・他人の剣は見事に使ってみせた辛龍子だったが
自分の剣のほうはまだ掴みきれていない。
「手遅れになる前に自分と向き合え」という師父の予言が不吉に響く…@@
小皮相手に心を開きかけたものの
またもトラウマ発動、洞窟の壁に八つ当たりをした。

・昭南にすっかりベタボレ
寝ても醒めても脳内で映像をリピート再生していた郁芳は
毒にあたって大変なことになった。

・でも「リンパの流れを止めた」って字幕はさすがにないよ…orz
これまでにもいろいろ雰囲気を損ねるような翻訳が多いものの
なんとか脳内補完によりがまんしてきたが、
さすがに今回はちょっと泣きたくなった。
原語だとなんて言ってるんだコレ? 津液?

・郁芳が死にそうなことになったおかげで
郁芳の父ちゃん、劉頭領も娘を愛する父としての一面がようやく見えた。

・直情径行型の志邦は軽く暴走しそうになったが
洞窟の壁にひとしきり八つ当たりしたらすっきりした。
こういうところはやはり好ましいものだ。

・内通者は花火をあげたり毒を入れたり食糧を燃やしたり
とやりたい放題だが、やりすぎたおかげで
ようやく傅青主が何かをつかんだようだ…!

・郁芳が死にそうだというのに
昭南は期待を裏切らないダメっぷりだ(笑)
まったくこの色男さんは…

・あと剣同士がぶつかりあうと共鳴して
金縛りになってしまうことがわかった。


◎キャラ確認◎
来福
来福
新たに浮上した容疑者。
何かとみんなを煽るようなことを言ってるし
内通者の存在の件をばらしたのもこいつだ。



緑珠
緑珠
昭南が一目惚れした奴隷の踊り子だが
どう見ても21世紀のギャルです。本当にありがとうございました。



あと
傅青主
いつも頭巾をかぶっている傅前輩の後ろ髪は
おさげにしていたことがわかった。



-----------------
追記(10/09/13)

・傅前輩と元英がマジメに「この剣は…」とか「縁が…」とか話してる後ろで
言いたくて言いたくてうずうずしてる辛龍子、カワイイw
で、ついに我慢できずに見せてやらぁ!ってw
まあそれで実際使いこなしてみせてるのもすごいが。

・辛龍子の動きを見切って
一瞬で剣を飛ばす傅前輩もあいかわらずすごいというか
やっぱ純粋な剣客としては実力が飛びぬけてるよなぁ。

・天瀑が元英に与えられた意味はわかったものの、
自分の競星の意味はわからないので、いらつく辛龍子。

・小皮と辛龍子
はみ出し者同士
このふれあいがいいんだよな…

・辛龍子は
師父に指摘されたとおり、
過去から逃げるために武術に傾倒しようとしているんだよな。

・内通者が釣り出された!
で、みんなで抜剣する中で
志邦だけがまだすごく不安げで緊張した面持ちなのがうまい。

・郁芳はリプレイ機能充実すぎ。
そしてここでロマンチック街道かと思えば
一転してこの疑心暗鬼のドロドロ展開w
うまい、うまいわw

・他人のために躊躇なく命を投げ出せるのが志邦のよいところでもある。
まだ若さゆえの…ってとこもある気はするけどね。

・どたんばで弟分の志邦の側に一番に助けに入る辛龍子。
そうなんだよな、こういうところがおいしいやつなんだ。

・オトン、泣かせるねぇ…

・志邦に舎神剣って、やっぱ合ってるよな~。
迷って悩んで壁に剣を振りまくっても刃こぼれしない、壊れない剣。

・結局子供たちを郁芳老師に引き合わせちゃうというのが、
またいかにも志邦だよな~。
こういう優しさのある男が志邦。

・待ち伏せていた敵に完全包囲されたあの状況で単独突破&脱出しちゃう昭南は、
やっぱ七剣の中でも(傅前輩を除けば)
いちばん武功高強なのだよな。
剣客として完成度が高い。

・目を開けたままで死に掛け郁芳、改めてコワイわ(^^;

・神田うの似の緑珠。

・この厳戒態勢下で仕事をやってのけるというのは
内通者もなかなかに高手ということ。
そして傅前輩&雲驄が発見した導火線とパチンコの仕掛け、
つまり内通者は
別に食糧庫に足を踏み入れなくても
遠くから火事を起こせたということだ。

そろそろ鑑賞中の各位兄弟も容疑者も絞れてきたころあいでしょうか?
それとも逆にもっと混乱してきた?(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/74-1a68068c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。