上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.06 游剣江湖36
まあ通過儀礼みたいなものだな…


第三十六集 見えざる悪意
◎できごと

・楊牧の策略により孟元超&飛揚鏢局は評判ガタ落ち。

・元超と連絡を取った罰として楊牧は荘河嶽をSATSUGAI。




◎かんそう

・数々のドラマで鬱展開を体験してきた結果として、
第一段階防衛モードではまず自動的にキャラクターへの感情移入が止まります。
第一段階防衛モードで防衛が不可能な場合、
もしくはキャラクターへの愛着が強く、ストッパーが利かない場合
強制的に第二段階防衛モードへ移行
第二段階防衛モードは別名を倍速鑑賞といいまして、
まあ、つまりそういうことだ。

・積み木崩しの段階。
もはや孟アホアホ元超については、
バーカ、勝手に騙されろ、という気にしかなりません。
もはやお前の名誉とかの問題じゃなくて、武林全体の問題だっつーの。
そのことを前回告げられておきながら、この鳥頭っぷりに、もはや呆れるばかりだ。

・同じ鬱展開をやるにしても、
個人の能力ではどうしようもない形で鬱展開になるというのなら、
まだ仕方ないなという風になるんだが…
自らのアホさゆえにこうなる場合は、手が付けられないな。

・そんな全体の流れの中で
幸せそうな宋一家の様子を見ていると、
まさかこの人たちが犠牲になるお約束の鬱展開ストリームじゃねえだろうな?
と嫌な予感がビンビンだ。
これ以上ダメージが広がるのは、勘弁して欲しいが…

・悪人を警護するにしたって、
点穴してそとに運べばいいと思うんだが…
というか、このドラマの世界では基本、点穴はないみたいだが、
(そういや「七剣~」でも出てこなかったな。
やっぱガジェットとして便利すぎる&使わないケースの説明がしづらいってのが理由か?)
しかしせめて縛り上げて行動不能にするとかしましょうよ。
あんな放し飼い状態はさすがにないのではないでしょうか(^^;

・で、案の定、元超のアホが何もしないせいで
荘鏢頭もまんまと殺されてしまった。
なんか、そりゃ確かに毒は体の中に残ってたんだろうけど、
少なくとも、これはおよそ考えうる中で最悪のルートなわけで、
せめてそうはならないように助けられる可能性があったにも関わらず、
自らのアホさ故にそれを行わなかった元超については
好感度がガタ落ちだ。
あと四話でなんとかちゃんと反省して、挽回して欲しいんだが…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/736-7a6131b3
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。