上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.06 游剣江湖32
残り二枚となりました。


第三十二集 思い出
◎できごと

・第二回・鏢局連盟集会開催に向けて着々と状況が動いている。

・修行を終えた雲紫蘿は下山した。

・繆長風は九王の依頼を受けて江湖の動きを探っている。

・頑なな荘河嶽を前についに楊牧は仮面を脱ぎ、
天心を盾にして連盟集会の参加を認めさせた。

・林無雙は孟元超への思いを胸に、密かに扶桑派を率いて飛魚灘へと帰って行った。




◎人物まとめ

・孟元超(もう・げんちょう)飛揚鏢局・総鏢頭
そうなんだよね、別に自分が盟主にならんでもいいんだよね。
前回書いた通り「みんなのため」、それがこの人の一番の行動の動機なのだ。
まさに無私の英雄というか。
まあ、孟大哥の場合、無私すぎるのが問題なんだが(^^;
もうちょっと自分の幸せについては、ガツガツしてもバチは当たらないと思うんだ。


・宋騰霄(そう・とうしょう)飛揚鏢局
・呂思美(りょ・しび)飛揚鏢局、宋騰霄の妻
おめでとうございます(-入-)
順調に幸せをはぐくまれているようで、何よりであります。


・林無雙(りん・ぶそう)扶桑派・掌門
確かに、孟大哥も変わったけど
物語の開始当初から最も変わったのは無雙だろうなぁ。
まったく、お互いあと一歩を踏み切らないというか、
それで勝手に自分を納得させようとしちゃってるよーなところもあるというか(^^;
しかし毒の札は未だに伏せたままなんだよな…
今回のが死亡フラグとかになったら洒落にならんぞ@@
今回話題に出てた「わらべ歌」は、これまで無雙のテーマとして
劇中で印象的に何度も使われたので、飛魚灘のわらべ歌という設定に納得だ。
で、しかもあの短調の曲調が確かに扶桑の国のものなんだよね。


・封長老(ほうちょうろう)扶桑派

じ、じいさま、アンタ?!@@
相変わらずたまに入る斜め上すぎな展開に吹いた。
いつものとろ~んとした姿は世を欺く仮のものだったのか、
それともたまに正気に戻るのか?(^^;
いや、今回のも正気とは言いがたいかも知れんが(^^;
でもこうやって無雙のことを優しく見守っていたんだなあと考えると
ほんわか温かい気持ちになる。
願わくば、長老の親心が無駄になりませんように。


・繆長風(びゅう・ちょうふう)御林軍・総司令官
繆大哥ってば、もともとスペックが激高な人だから
こういう風に改めてパリッとすると頼もしさも五割増しだ。
考えてみれば北宮パパの座を引き継いだと言っても良いわけで、
やはりだいぶ感慨深い。
今回も、これまで通りに陰謀に気付く役をやってくれそうだが…?


・雲紫蘿(うん・しら)紫衣女侠
スーパー紫蘿誕生。
まさにスーパーと呼んでも差し障りはないくらいに武功レベルはアップしたようだ。
「名乗るほどの者ではありません」→「あの人を紫衣女侠と呼ぼう」
なるほど、こういう流れで江湖の二つ名というのは生まれるものなのね(笑)
紫蘿の気持ちはお見通しとばかりに師父も旅立って行った。
謎の多い人物だったけど、実に良い人だったな。
紫蘿がこの師太と出会えたのも縁というか、ほんとうに運が良かったんだろう。


・楊牧(よう・ぼく)龍門鏢局・総鏢頭
一方、動機という面では完全に頭がおかしいのはこの男(^^;
病気だ。病気すぎる。
ついに仮面を脱いだ外道の姿は相変わらず嫌悪感を催す。
というか、前もどこかで書いた気がするけど
動けない相手にヘンなものを飲ませるというのは
(今回の場合は、とりあえず命を繋ぐための薬なんだろうけど)
以前別のドラマでトラウマとして刻み込まれたので、精神的にツラいものがある。


・荘河嶽(そう・かがく)河朔鏢局・総鏢頭
「成功者なら少しは社会に還元すべき」とか
よりによって楊牧が正論言ってるので吹いた。
しかしもう余命カウント秒読み状態みたいだな…
このオッサン嫌いじゃなかっただけに、観ててつらい。


・荘天心(そう・てんしん)荘河嶽の娘
うっかり楊牧のトラウマスイッチONにしないかとヒヤヒヤしながら観てしまった。
あんたのダンナはもう不能なんですよ~(^^;




◎かんそう

・前回に引き続いて、新しい道を進むに当たって、いろいろと昔のことを思い出していた。
そういう流れを見ていると、ああ、もうすぐ終わりが近いんだなあという感慨が湧いてくるのでした。
三十話ちょいで、きっちりと積み上げてきたものがあるからなぁ。

・崩壊(楊牧の盟主就任&元超追い落とし)の兆しと、
それと同時進行でそのカウンター(繆兄の捜査着手と紫蘿の復活)も進行しているわけで、
これについてはこのドラマ、これまでに何度もスピード勝負をやってきたので
どういう流れになるかはまだわからんなぁ。
とりあえず先へ進もう。

・しかし今回も景色きれいだったけど、

もういい加減四月入ってるんだよな?(^^;
息も白くて寒そうだし…
つくづく、向こうのドラマって寒くない時期に撮ることはないんだろうか?(^^;
(まあ、河朔の場面は、北のほうだから
劇中設定でも実際に寒くておかしくないのかも知れないけど。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/732-cf878284
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。