上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.01 游剣江湖19
とまらない~@@


第十九集 執念のゆくえ
◎できごと

・牟宗濤は薩福鼎を見限り、薩福鼎の部下による北宮望襲撃事件のどさくさに紛れ
そのまま北宮望の配下となった。

・雲紫蘿への歪んだ愛情と孟元超への憎しみを燃やす楊牧は
斉建業の入れ知恵により、雲夫人を誘拐して
鏢局連盟結成の儀で孟元超を誹謗中傷するよう紫蘿を脅した。

・そして鏢局連盟結成の日。
一堂に会した各鏢局、そして扶桑派の面々の前で
斉建業がその火ぶたを切る…




◎人物まとめ

孟元超をとりまく人たち--------------------

・孟元超(もう・げんちょう)飛揚鏢局・総鏢頭
なんか江湖のあちこちで恨みを買いまくってしまった人(^^;
とりあえず基本、観ていてもどかしいと感じることはあっても、
孟大哥は何も道義に反することはしていないんだよな。
なので全くのお門違いな糾弾なわけだが、
江湖の連中ってのはとかく声の大きいほうに流される傾向が強いからな…(^^;


・呂思美(りょ・しび)呂寿琨の娘
・宋騰霄(そう・とうしょう)金陽県の知事・宋時倫の息子


・雲紫蘿(うん・しら)威武鏢局
あんな地雷男と付き合ってしまったのが運の尽きか。
とりあえず今回は、孟大哥側はじゅうぶん誠意を尽くしたと思うが…
この娘の決断ははたして?
…って、とりあえず川辺での話からすると
「母のために孟大哥裏切り」ルートに行きそうな悪寒が濃厚だが…
正直、あのババアが死んでも悲しむ人は誰もいないというか、
むしろあのババア登場して以来役に立つこと一つもしてねえぞ(笑)


・繆長風(びゅう・ちょうふう)威武鏢局の用心棒
これまで誰に対しても包み隠さずオープンであり、
言いたいことは抱えずにスパッと言えたのがこの人だったわけだが、
それがここに来て決定的な秘密を持ってしまった。
まあなんだかんだで颯爽と北宮閣下のピンチに駆けつけたり、
江湖の便利屋とばかりに雲夫人誘拐の件も出向いてくれるところは
相変わらずの粋な男なのだが。


・林無雙(りん・ぶそう)中原扶桑派掌門
無雙が立派に掌門をやっている姿を見ると
なんだか晴れ晴れとした気分になります。



孟元超と敵対する人たち+α--------------------

・北宮望(ほくきゅう・ぼう)御林右前衛
刺客に襲われても全く動じず
サクサクっと蹴散らしてしまうのはさすがの貫禄だ。
しかし軟蝟甲でザクッとやってしまったアレ、大丈夫なんだろうか?
乾坤大法で解毒も可能?
そして長風との親子の確執というラインが出てきてから
さらにキャラクターとして厚みが増して面白くなった。


・斉建業(せい・けんぎょう)楊牧の師、北宮望の部下
大叔父様っていつも呼ばれてたが、楊牧って血縁上も甥に当たる人だったのね。
まったく、相変わらず悪辣な師父ですが…(^^;
でも目下の者に対する面倒見はいい人なんだよね(^^;
縁故で「鏢頭にしてやる」って言った次のシーンで
北宮閣下が「それじゃあいつ(牟宗濤)を鏢頭にするか」とか言い出した場面では
思わず吹いてしまったが(笑)


・牟宗濤(ぼう・そうとう)薩福鼎の側近
・練彩虹(れん・さいこう)牟宗濤の愛人
またちゃっかりと生き延びてしまった。
この情けなさがコイツのキャラクターということでずっと売って行くのか、
それとも洒落にならないことを後々やらかしたりせんだろうな?


・薩福鼎(さつ・ふくてい)
ぜんぜんだめでした(笑)


・楊牧(よう・ぼく)龍門鏢局の総鏢頭
HENTAIキモストーカー犯罪男。
「仲が良いな」とか紫蘿に言ってるってことは
どうやらほんとにストーキングしてたらしい。
もう何を喋ってもキチガイの理屈なのでひたすらキモいです。
「君に捨てられたら死ぬ」と言った場面で
視聴者の九割九分が「じゃあ死ねよ」と突っ込んだことでしょう。
とりあえずこのキモ男が上のケツからクソを垂れる時にも
時間が倍速で過ぎていくようになりました。
あとグルグル回るカメラで酔いそうになった。




◎かんそう

・珍しくきわどい引きで〆たので、鑑賞を中断するのが困難だ(^^;
繆長風と北宮望、それに紫蘿と楊牧の二つのラインがメインイベントでした。
それらの背景で、話の本筋として鏢局連盟結成、と。
やっぱ改めて、孟大哥って狂言回しだな。

・そんなこんなで、悩んだり紆余曲折を経たりしながら、
次でいよいよ半分だ。
とりあえず先へ進もう。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/719-60cbae55
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。