上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.31 游剣江湖16
気がついたらもう四枚目を消化していた。
というか、面白さがぜんぜん失速しないぞコレ!


第十六集 嶽山襲撃
◎できごと

・練彩虹と林無雙双方への不義密通の容疑により扶桑派を追放された牟宗濤は
なんだかんだで北宮望と結託し、嶽山に襲撃を仕掛けるも
孟元超によってたくらみは暴かれた。

・まんまと牟宗濤を利用した北宮望はついに東海明珠を手に入れたが
まだその中の秘密を解くには至っていない。

・ついに行き場をなくした牟宗濤はヤケになって泥酔し、町中で北宮望を罵倒するが
そんな彼をスカウトする謎の男が…




◎人物まとめ

扶桑派の人たち--------------------

・孟元超(もう・げんちょう)飛揚鏢局・総鏢頭
ちゃっかり牟宗濤が姿を現して、
しかも狙いは別だったとはいえ(無雙への情だろうな)
結果的に無雙を庇ってダメージを受けたことで
なんかまたポイントを稼いで陰謀成就?と思いきや
とてもよいナイスタイミングで到着してくれました(笑)
でもその前の、斉建業に足止めされてた場面で
バトルの出番をもらえてなかったことなんかも考えると
やっぱり「主人公」てのとはちょっと違う位置にいるんだよね。


・林無雙(りん・ぶそう)中原扶桑派掌門
冒頭、牟宗濤が怒られる場面は
「よくも泣かしたな!」みたいな、
つまり扶桑派の掟の禁忌って「掌門を泣かすこと」?みたいな(^^;
そんな流れであった。
しかし無雙って天然でお子様なんだけど、なにげに賢いよな。
今回も内通者の存在をいちはやく感づいてたし。
世の中に擦れてなくて余計な情報が頭の中に入ってないぶん、
逆に正確に答えを導けるということなのかも。


・石衛(せき・えい)扶桑派
・桑青(そう・せい)扶桑派、石衛の妻

夫婦漫才にクソワロタ。
まったくあんたらは実につりあいの取れた夫婦だよ(笑)


・封長老(ほうちょうろう)扶桑派
おいじじい、結局知ってんじゃねーかwww



扶桑派を狙う人たち+α--------------------

・牟宗濤(ぼう・そうとう)扶桑派
これまで積み上げたものが、一瞬で瓦解したな~(笑)
そして挫折したら女に八つ当たりとは、実に小さい男だ。
ついでに案の定、いいように北宮閣下には利用されてるし。
こうなるのは目に見えてたのに、アホだな。
完全にイニシアティブを握られてる姿に笑わせていただきました。
無雙をあの土壇場でかばったりするところを見ると、
「情を捨てきれない」という部分もあるんだろうけど。
(なんか最近、こういう中途半端な悪役キャラが好き放題やる上に
そいつをグダグダと使いまわすドラマを観たような…)


・練彩虹(れん・さいこう)扶桑派
で、そんな小さな男についていく女のほうも女だ。
さすが子供に嫉妬するイタイ女ですこと。


・北宮望(ほくきゅう・ぼう)御林右前衛

北宮閣下スゲエ@@
やはり本気モードでは圧倒的だなぁ。
劇中最強レベルの実力を存分に堪能させていただきました。
そんでもって、目的を果たしたら要らないゴミはポイ捨てしちゃうのも最高。
さすが閣下、ドSでいらっしゃる。


・斉建業(せい・けんぎょう)楊牧の師、北宮望の部下
なんかこれまで何度もこのオッサンが腹に一物あるのかも、と疑っていたが、
それは私の単なる思い過ごしかも、という気がしてきた。
普通に北宮閣下に服従しているみたい。


・?

北宮望に捨てられた牟宗濤をスカウトした。
北宮望に敵対しているらしい。
兵士を使ってるところを見ると
この人も官の人のようだが…
いったい何者?@@






◎かんそう

・今回は珍しくほぼ嶽山の扶桑派関係だけで話が進行したが、
そのぶん密度も濃かったと言えよう。
とりあえず圧倒的な強さの北宮閣下が
牟宗濤のチンケな陰謀もみんなまとめてクラッシュして行ったので
たっぷりと楽しめたのでした。
無駄にSっぷりを発揮して宗濤を切り捨てるところが最高(笑)

・とりあえずこれで正式に獅子身中の虫モードが終わったのも良かったしな。
まあ、そのぶん将来的な不安要素としては大きくなったかたちだが…

・しかし扶桑派の名に恥じる行いとか、掟の第一条を破るとか、
その辺は微妙に勢いで流された感がしないでもない(^^;
まあ要するに二人の女性の間で不実を働いたってことなんだろうけど。
でも正直、無雙はもともと恋愛対象ではなかったんじゃないかという気も(^^;

・あと東海明珠をゲットして退散した北宮望を
孟大哥は追いかけても追いつけなかったっぽいのに、
いきなり先回りしてる宗濤と彩虹はいったいどんな空間転移を(^^;
と、ここはさすがに突っ込みどころでした。
まあこれも勢いでそのまま押し切ったようなものなんだけど。

・宗濤の陰謀がまずあって、
そこを元超が出くわして聞いたことで解決への糸口が見えて、
しかし結局元超は間に合わず、まんまとみんな宗濤に騙される?というところで
また元超が来た上に、北宮閣下も暴露して宗濤涙目、という
こう、解放のカタルシスと溜めを短期間で何度も多重に見せてくる。
これは、やっぱりたまらなく楽しいね。

・そして折り返し地点へ向けて、いよいよ話も盛り上がってきた。
後半戦へ向けての新たな勢力も出てきたみたいだし、
ますます続きが気になるのであった。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/716-09a78cc5
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。