上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.27 游剣江湖05
話が広がって面白くなってきたところ。


第五集 飛魚灘
◎できごと

・孟元超は毒による内傷を受けたまま、林無雙によって
扶桑派の本拠・飛魚灘へと連れてこられた。

・扶桑派はかつて唐の建国にも関わった大きな勢力だったらしいが
今は中原からは離れている。
現在、再建のために武林大会の開催を計画しているらしいが、
内輪でも何かと問題があるらしく、中原から来た孟元超は警戒されている。

・母と二人旅の途中で山賊に襲われた雲紫蘿は
龍門鏢局の楊牧に助けられ、ご厄介になることになった。
雲母娘を助けた際に、朝廷から頼まれて警護していた荷物を山賊に渡してしまった楊牧は、
朝廷で北宮望に仕える師父・斉建業にとりなしを頼むことにした。

・両親を救出しようと宋府に乗り込んだ宋騰霄と呂思美はまんまと罠にはまったものの、
北宮望との会話で呂思美は師兄・孟元超が生きていることを知り
取引として孟元超の持つ翡翠の笛のために彼を探すことになった。





◎かんそう

・世界観が広がってきた時期だ。
ぽんぽこ新しい名前が出てきて、フォローアップが大変だが
なんとかついていこう。
…つーか、たぶんわざわざこんな風に一話ごとにエントリを書こうと思わなければ、
もっとずっと一気にさくさくと見ていけると思うんだけどね(^^;

・しかし改めて見ると、主要男性キャラ(若者)がみんな似たような頭なんだよな…
やっぱりちゃんと整理していかないと混乱するかも(爆)





◎人物まとめ

孟元超をとりまく人たち--------------------

・孟元超(もう・げんちょう)快刀・呂寿琨の弟子
石朝璣にクリティカルヒットを喰らったダメージがまだ抜けず
林無双の玩具状態の元超でした。
手紙がちゃんと届いてないってことは
無双の反応を見れば普通にわかると思うんだが…(^^;
この子、基本的にあまり頭は良くないので
それは無理な注文だったな(^^;


・林無雙(りん・ぶそう)扶桑派
お子様。
元超とこの娘だと、なんというか、両方ともボケ担当のつっこみ不在なので、
見ていて突っ込みたくて仕方がなくなる。
まあアホの子ほどかわいいというのはあるんだが。


・牟宗濤(ぼう・そうとう)扶桑派


無雙がこの人を呼んでるのって「表哥」か。
てことは日本語字幕の通りに血縁関係の従兄ってことなんだな。
扶桑派の師弟関係の中ではトップではないようなのだけど
今の飛魚灘はこの人が取り仕切っているらしい。





・練彩虹(れん・さいこう)扶桑派

牟宗濤と一緒に中原の事情を探るべく、嶽山へ向かった。
無雙とのアハハキャッキャッな様子は
見ていてなかなか微笑ましい。





・石衛(せき・えい)扶桑派

席次の上では牟宗濤よりも上のようで師兄と呼ばれていたが
責任者っぽいことをやっていたのは牟宗濤のほうだったようだ。
牟宗濤の留守中はこの人が責任者となった。
ピンクの女の人も留守番だが、名前はまだ不明。
しかし扶桑派って日本の方の流れも入ってるんだろうか?
得物といい服装といい、なんかそれっぽいな~。


・宗神龍(そう・しんりゅう)扶桑派
牟宗濤たちの師叔。いまは中原にいるらしい。
なぜか牟宗濤の命を狙って刺客を放ったようだが、
それが本当に宗神龍の差し金なのか、それとも騙りなのかはまだ不明である。



雲紫蘿をとりまく人たち--------------------

・雲紫蘿(うん・しら)威武鏢局・雲在山の娘
やっぱ紫蘿って、戦おうと思えばそれなり以上にやれる娘なんだな。
まあ妊娠も不安要素としてあったので、あの場で足手まといがいなかったとしても
切り抜けられたかどうかはわからんところだが。
孟元超が死んだとは信じていないながらも、寂しさに涙する姿はいじらしいものがある。


・雲夫人(うんふじん)雲紫蘿の母
で、その足手まとい。
要するに、あれなんだろうな、たぶんこのおばさんって、
きっと旦那に嫁入りした時にはそれなりに箱入り娘だったというか、
血生臭い江湖とはあまり縁のない人だったのかも。
それで今は、甲斐性のある相手に吸い付いて生きていくということ
他に生き方を知らないということなのかも知れないね。
なんか楊牧と紫蘿をくっつける気まんまんという感じがするが…


・楊牧(よう・ぼく)龍門鏢局
OPの扱いを見る限りだと、メインキャラの一人のようだ。
龍門鏢局のリーダーなのかな?
得物は双鉤を使うみたいだが、
それってメインキャラにしては珍しい気がする。
山賊がゴチャゴチャ言ってきたなら
やっつけちゃえばいいのに、と思わんでもなかったが…
(そもそもこの手の輩って、たとえその場でこっちが譲歩したところで
どうせ遺恨は後に残るものだし。)
まあ相手もそこそこ名の売れてる盗賊ということで、
戦ったらお互い無事にはすまなかったってこともあったか。
それにしてもぽんと護送中の荷物を渡しちゃうあたり、
馬鹿なのか、大物なのか、紙一重だ。
まあ基本的には馬鹿のようですが…
つーか、このおはなしの男キャラって馬鹿の比率が多い気が…(笑)


・林大剛(りん・だいごう)龍門鏢局・鏢頭

いまいち抜けたところのある若をサポートする人。常識派。
「海神」でいうチャン行首みたいな立ち位置か。(←わかる人限定)
名前はエンドクレジットからだが、
たぶんこれであってるんだよな?



・楊大姑(ようのねえさん)楊牧の姉

いまいち抜けたところのある弟をサポートする姉さん。
ごほごほ咳き込んでる雲夫人へ向けてた
何このオバサン?って感じの冷めた視線がとても印象的でした。
弟が言う前にズバズバと内容を言い当ててるあたり
鋭い姉さんという感じだ。





宋騰霄をとりまく人たち--------------------

・宋騰霄(そう・とうしょう)金庸県知事・宋時倫の息子
実は両親は捕まってたという話は前回~今回の間にさくっと伝わっていたのか、
それとも今回、思美が口走ったことをさくっと受け入れたのか、
何にせよ無駄にもたつかないのは良いことだ。
とりあえず紫蘿を探すことになったが、
「元超が生きていたらどこへ行くと思う?」→「雲姑娘のところじゃない?」
という流れで、紫蘿と元超の仲という点に考えが行かないところは
コイツの人の良さだと言える。


・呂思美(りょ・しび)呂寿琨の娘
さすが、あの親父どのの娘ということで頭の回転はだいぶ速いようだ。
まあ、あまりにもあっさりと罠の中に飛び込んで捕まったりしてるので、
そこまで智略型のキャラというわけでもないようだが…(^^;
しかし北宮望とこの娘の対決の場面、
なんか中の人二人の「荊軻傅奇」での立ち位置を考えると
ちょっと面白いな。


・北宮望(ほくきゅう・ぼう)御林右前衛
とりあえず思美と騰霄を泳がせて孟元超の居場所を突き止める腹づもりのようだ。
「翡翠の笛を渡したら、宋一家、思美、威武鏢局その他の罪状取り消し」を
約束したものの、そんな約束踏み倒す気まんまんという感じだな(笑)
こういうのを見せられると、
雲夫人の「口約束なんか何の役にも立たない」という台詞が
その通りなんだよな~とうなずかざるを得ない(^^;


・斉建業(せい・けんぎょう)北宮望の部下


楊牧の師父、建業とはこの人のことだった。
しかしなんかときどき思うんだが、
この人みたいにあんま年食ってないはずの人でも
「老夫」って一人称使うんだよな。
もったいつけてるってのもあるのか。
(と、北京語でも広東語でも「老夫」は聞き取れるわたくし。)



 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/705-947723ba
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。