上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.12 游剣江湖02
まだ二話目だが、なかなかさくさくと話が進んで楽しいぞ。


第二集 過去の因縁
◎できごと

・孟元超は雲紫蘿を憎からずとは思いながらも自分の気持ちにはっきりと気付けず
さらに義兄弟の契りを結んだ宋騰霄の紫蘿への思いや
雲夫人からのさりげないプレッシャーなどによりなにやら当惑している。

・朝廷の御林軍(近衛兵)を率いる北宮望は呂寿琨の身柄を狙っており、
その手先・石朝璣の襲撃を受けた呂寿琨は致命傷を負った。
いっぽう、かつて敗れたことから再戦を誓う繆長風もまた呂寿琨を追っていた。

・呂寿琨の娘・呂思美から知らせを受けた孟元超は呂寿琨と合流し
父・孟浩維の死の真相を聞かされた。
かつて鏢局を営んでいた孟浩維は何者かにはめられ
朝廷に襲われて死去していたのだ。




◎かんそう

・はやくも話がシリアス方面に動き始めた。
師父は早くも退場しちゃいそうだし
雲夫人も案外打算的(リアリストとも言えるが^^;)で黒いしと
この辺は原作者が原作者なだけに…というところなんでしょうか。
いや、まあそもそも梁羽生には(にも?)ぜんぜん詳しくない上に
どれくらい原作準拠で作られているのかわからないので
「とりあえずそう言ってみた」って感じですが(^^;

・アクションもなかなか見ごたえはあるというか、
平均点はクリアしている感じだ。
同じ香港系ということで「尋秦記」を比較対象に出してしまうけど、
武侠メインってことであっちよりも一段上という印象かな。

・鏢局の男と騰霄の会話で
「窈窕淑女,君子好逑(やおてぃあおしうにー ちんつーはおちぉう)」
言ってたのには思わずニヤリ。
広東語だとぜんぜん音は違うんだけど
台詞の流れからそれかな~と思って北京語で確認したら、当たりなんだもんなぁ。
このフレーズはもうお約束みたいなもんですね。




◎人物まとめ

・孟元超(もう・げんちょう)快刀・呂寿琨の弟子
鏢局のみんなとは仲良くなったんだけど
雲姑娘はツンツンしてその裏の気持ちもわからんし
それも打ち解けたかと思えばおばさんからはイヤな感じにクギを刺されたり
ついでに騰霄相手にもなんかわからんまま気を使って譲るしで
やはり俗世の煩わしいのは、
これまでそういうものに触れていなかった元超にとっては
面倒なものに感じられていたんだろうね。
とりあえず「父の仇を討つ」という大目的が今回できた上に
追っ手が迫ってたいへんピンチな状況になったわけだが… どうなるんでしょう@@
(この辺、すでに一度繆長風と手合わせしておいて
相手のほうが上手、というのをしっかりこちらに提示してあるので
話の盛り上がりに繋がり、うまいと感じられるね。)


・雲紫蘿(うん・しら)威武鏢局・雲在山の娘
あいかわらずツンデレをやりつつも
キス事件@二人ピクニックでデレ度が上昇したものの
その後、いきなり現れた女(呂思美)と一緒に元超がドロンしたので複雑な気持ちに。
しかも紫蘿本人にその気はないのに
母ちゃんは相手方の母上と結託して騰霄を大プッシュされ、困っている。
しかし今のところ、元超が結構たいへんなことになってるんだが
この娘はその辺にはぜんぜん絡めていないね。


・宋騰霄(そう・とうしょう)宋時倫の息子
なんだかんだで元超と義兄弟の契りを結んだ。
うん、やっぱたぶん悪い奴ではないんだよな(^^;
悪いのは無責任に騒ぎ立てる外野連中(鏢局の男ども)ということで(笑)


・雲夫人(うんふじん)故・雲在山の妻
どうやら手紙には元超の生い立ちやら父の末路なんかについても書かれていたようで、
そういうことを考えてくると「許婚に…」という内容の重みも変わってくるのだ。
その辺を踏まえた上でも娘を元超とくっつけまいとするこの人っていうのは、
はっきりいって義侠的な観点から見ると、かなりNGだ。
まあ、しかし本人自身の経験から
「男どもは好き勝手やって、家に残って心配する女のほうは…」という気持ち
それもまあわからんでもないんだよな。
そういうことがあるから、あえてそういうチョイスをする、という。
それでもやはりそういう打算的(現実的)な考えというのは
なかなか観ていてそうですよねとは受け入れ難いのも事実である。
極論すると「どうせもう死んでその場にいない相手なんだから
そんな相手に義理立てする必要はない」ってことだよな。
それってやっぱりどうかと思うわけなんですよ。
つーかこういうのって、女のほうも武功を身につけて一緒に仕事、みたいになれば
オールOKだと思うんですけどねえ。
(本人がそうでないと、そういうふうな発想はないというのもあるんだろうな。)


・呂寿琨(りょ・じゅこん)孟元超の師
いきなりクリティカルヒットを受け、死亡カウント秒読み状態の師父T_T
しかし北宮望の台詞からすると、何かまだ他にも秘密があるようだが
いったい何を持っているんだろうか?


・呂思美(りょ・しび)呂寿琨の娘
てっきり元超は師父とずっと二人暮しだと思ってたら、
こんな娘さんがいたんですね。
武功もちゃんと使えるようだし。
そして中の人は「荊軻傅奇」の終盤の華・芄蘭公主でした。
ビックリした!




・石朝璣(せき・ちょうき)朝廷の刺客
いわゆる華がない鬱陶しい系の悪役だ。
そしていくら有効とは言っても毒掌みたいな技を使って勝利したら
やっぱりイメージ的にはだいぶ悪くなるよなーと
改めて納得したのであった。



・繆長風(びゅう・ちょうふう)琴剣双絶
今回一番驚いたことといえばこの男が朝廷の人間だったことだろうか。
というより、元朝廷の人間で、過去に呂寿琨を討ち損じたことで
退職したってことっぽい?
(快刀の太刀筋を知っていたのはそのためだったんだな。)
ともかく呂寿琨を追っていてピンチなのだが、
再戦して過去の負けを取り戻したいってのが目的なわけだから
今の状況では必ずしも敵というわけではなさそうだ。


・北宮望(ほくきゅう・ぼう)御林右前衛
差し当たってはコイツが悪役ボスか?
繆長風への態度を見るとそれなりに度量もあるようだ。
目的は、なにやら呂寿琨を捕えて
持っている何かを手に入れることらしいが… まだ謎です。
普通こういうパターンだと宝の地図とか秘笈とかなんだが…
そしてもう一つ驚いたのが、
繆長風と話してる場面のはにかんだ表情でピンと来たんだが、
コレ、中の人は「荊軻傅奇」の田光だったんだな。
驚きというのは、オノレの識別スキルの高さに驚きということです(爆)


 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/702-b6b47a1b
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。