上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
双子神偸
☆☆☆★
2007年 香港
原題:双子神偸


シャーリーン・チョイとジリアン・チョンの人気アイドルユニット・Twins主演のアクションムービー。チベットの秘宝・天珠を護送中に奪われた吉祥は、神秘の一族・双子門の末裔である宝珠と珍珠と共に天珠を取り戻すべく謎の集団に戦いを挑む。
(めんどいのであらすじは引用)
-----------------


↑はだいぶ大雑把なあらすじなので、もうちょい整理すると
「スパイアクションもの+現代功夫アクションもの」という感じでしょうか。
どっちがどっちというわけでもなく、どっちかを突き詰めているわけでもなく
微妙なブレンド具合がいかにも香港ものっぽいというか(笑)
いわゆる定番の「お正月エンターテインメント」であります。

すっかりおなじみになったTwinsの二人に
洪金寶(さもはん)、元華(ユン・ワー)、ついでに呉京(ウー・ジン)と
キャストはかなり豪華です。
そんでもって、おなか一杯というか、サービス満点というか、
その辺の豪華キャストをきっちり好きなだけ堪能させてくれる感じですので、
やはりこれは素直に楽しい。
(この辺、キャストを揃えるだけ揃えておきながら
一部に偏重してぜんぜんダメダメだった「赤壁」の記憶がまだ新しいので、
それに比べるとサービス精神の差が歴然だよなぁ、とか思ってしまう。)

とりあえず女二人はいつも通りというか、

まあこの二人が好きならハズレはないです、という感じ。
なんかパケ絵だとアホの子のほうが別人みたいに見えるんですけど
実際はぜんぜんそんなことはなく、いつもの彼女でした(笑)
お約束のキャットファイトももちろんあって、それだけでもうニヤニヤしてしまうんだな。



さもはん&元華のオッサンコンビもかなり出番が多くて楽しい。
二人とも相変わらずよく動くしね。
この辺のオッサンたちがやたら出番多かったというのも
作品としての好印象に繋がっているかも(笑)


そして最終兵器・呉京ですよ

呉京は「SPL」での人間キラーマシーンてな感じの超絶アクションが
だいぶ強烈な印象を残しましたが、
今回は主役といってもいい立ち位置のキャラクターを演じておりました。
この人もともと顔はベビーフェイス系だからな。

そしてアクションもやはりこいつはヤバイ。キレが違う。
絶対対峙したくない相手だね(^^;

序盤にアクションで入った後、落ち着いてから少しの間は
状況説明やら設定配置やらで少々タルいというか、散漫に感じるところもあったのですが、
なんだかんだでその辺が一段落ついてからはずっと楽しかったので、良しとします。
Twins好きとしても楽しかったし、オッサン大暴れも楽しかったし、
呉京兄貴もカッコよかったし、アクションも見ごたえあったしで
ひとつぶで二つも三つも美味しい娯楽映画でした。


以下、まとまりのないネタバレ感想



・なんか最初はいきなりラマ僧服のさもはん&呉京で、秘宝運びで、
さらにサーカスやら病気のおにゃのこ&土地買収やらと、
かなりとっちらかった印象で、もうちょい単純に整理したほうがいいのでは?
という感じもあったのだが、
要は結局、「門派の中の善悪争い」という
かなり単純な図式に着地したので、それはそれで結果オーライか(^^;
だいぶ無駄が多かった気がせんでもないけど…

・常勇(悪い方の元華)があそこまでして土地が欲しかった理由ってなんだったの?とか
その辺も結局どこかへ消えていたような…
つーか、最後の場面、
「天珠と常勇はどこへ?!」ってなって、暗転した後で

「真のエンディングはスタッフロールの後で」みたいなテロップが入ったから、
てっきりエンドクレジットの後で何か入るのかと思ったら
そのまま普通に終わっちゃったのでかなり拍子抜け。
コレって本来はオチの場面とか、続編への引きとか、
そういうのが何か入ったんだよな?
(日本語版のタキコーポレーションがカットしたとか、そんなオチ臭いんだが…)

・赤外線レーザーを避けて金庫へ、てのは
ハリウッドやら何やらのスパイ/泥棒ものではお約束だが、
この映画でやりたかったことの半分がソレだったとして、
その根っこの部分の根拠に武術集団というのを持ってくるというのが
いかにも香港というか、あっちだよな~(笑)
という楽しさがあった。

やわらか~@@

・しかも結局「双子門」なんつって、
双子だからどーしたってわけでもないのがまた(笑)
特に連携攻撃とかを重視してるわけでもないっぽいし、
それ以外にもあんまり設定以外の意味がわからないよね(笑)

・エンドクレジットを見たら、双子の人たちは
半分以上がほんとに双子だったらしい。驚いた。
元華に双子がいたというのもオドロキだ。(←騙されたまま)

・エンドクレジットといえば、どうでもいいキャラの名前の適当さに爆笑。
モナリザとかマルコポーロとかはまだ序の口で、

ネタが個人的にタイムリーすぎだろこれは(笑)

・しかも爆発で流血の場面とか映すし(^^;
オソロシス@@

・「天珠が欲しかったら食べ物買って来い」って言われて、
とりあえず二組とも出て行くんだけど、
敵側の双子は両方ともすぐ戻ってきて、宝珠(鐘欣桐のほう)も戻ってくるんだけど
珍珠(蔡卓妍のほう)だけほんとにメシ買いに行ってるのにワロタ。
やはりそっち担当か(笑)

・鎮痛薬打っただけでバリバリ動く呉京の兄貴にも爆笑。
そして相変わらずコイツは動きがスゴイね。
明らかにワイヤーなしで普通にクルクルまわったりしとるし…。

・再登場したらなぜか葉巻くわえてるさもはんもワロタ。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/690-4413df00
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。