上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千機變II 花都大戦
2004年 香港
原題:千機變II 花都大戦


むかしむかし、中原の西南に天女国という国があった。
冷酷な女帝により支配されるその国では女性が絶対権力者であり
男性は首に鈴をつけて奴隷として売買されていた。
そんな女帝の支配に対し、反旗を翻すべく
伝説の神剣を求める者たちがいた…
-----------------

てなわけで「ツインズ・エフェクト2」です。
ちなみにタイトルには原題・邦題共に「2」ってついてるけど、内容は関係ないよ。
バンパイア退治映画だった前回に対して
今回は古装伝奇アクションです。
要するにアイドルユニットtwinsがドカバキアクションする映画!ということで、
シリーズっぽいタイトルを冠しているんだろうなーということだと思います。

で、感想ですが、
前作「ツインズ・エフェクト」は素直に頭の悪い映画(褒め言葉)として楽しめた上に、
アイドルのくせによく動いてるじゃねーか!とtwinsの二人への好感度も上がりました。
そんな好感度補正も込みではありますが、今回もなかなか楽しかったです。


古装伝奇ということで、前作よりはシリアス度が若干高めですが
それでも随所に入る笑いでは声を上げて笑ってしまいましたし、
アクションも相変わらずです。やっぱよく動いて気持ちが良いですね。

今回は甄子丹(ドニー・イェン)本人も出演しておりまして、
ついでに前作同様、友情出演で成龍(ジャッキー・チェン)も出ている上に
ジャッキーvsドニー・イェンという、無駄に力の入った豪華バトルまでありました。
やはりこいつらは動きが違うな~。


基本的に女性の顔識別能力が低いというのもあるんですが、
「雪山飛狐」の程霊素役が記憶に新しい鍾欣桐(ジリアン・チョン)

記憶に新しいはずなんですが、やっぱ髪型と衣装が違うと
それだけでだいぶイメージが変わるな~と思いました(^^;
まあ相変わらずかわいいんですが。


で、もう一人の蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)のほうですが、

二作品続けて観て、こっちのほうがアホキャラというか、
つまりヨゴレ担当なのだな、ということがわかりました(笑)

今回もいじられっぷりが激しく、
正直笑いどころの六割くらいはこの女が持って行ったような気がする(笑)


あと意外な出演者としては范冰冰(ファン・ビンビン)姐さんでしょうか。
鑑賞前のクレジットでは確認してなかったので、意外でした。

でも今回は肩出し衣装じゃなかったです。


てなわけで、前作同様の単純娯楽作品でした。
頭のおかしさでは前作よりは大人しい感はあるものの、
相変わらず無駄にレベルの高いアクションやtwinsの二人のかわいさなど
ほぼ期待通りのものが観られたというところでしょうか。
内容として直接的な繋がりはないですが、
前作「ツインズ・エフェクト」が楽しかったならこれもどうぞ、という感じかな。
スカッと楽しんで終わる香港エンターテインメントであります。


以下まとまりのないネタバレ感想↓



・おおむね満足なんだが、
そもそもあらすじからして男なんてゴミ、犬、奴隷という設定なので
これは前作のように、ラストバトルでも
主人公の女二人が全部持っていくのかな、と期待していたところ
その辺についてはやや肩透かし感があった。
(結局、普通にヒーローっぽい人たちが〆てしまったという点で)
まあ勝手に期待したのが悪いんですが(^^;

・あと途中で洞窟族、とか出てきたあたりで
微妙にちょっともたついた感があったかも知れん。

・ビンビン姐さんの動きが途中でややわかりづらかったんだが、
要するに最初は皇帝のエージェントだったんだけど
副官のチンコカット男のトラウマにタッチしてクビになって、
そこで自分の好き勝手にやってやる、てことで
ブルーを襲っていたということか。

・あそこで砂に飲まれて終わりというのも
ありゃ、もう終わりかという感じではあったが、
まあクレジットの載り方からするとこんなものか。

・大女の探し人が師匠ってのも予想通りだ。
あの大女の人、なんかいろいろ見覚えがある気がするんだが、
どこで見たんだったかな…

・そういえば甄子丹も、ジャッキーとのバトルが最大の見せ場で
終盤は空気だったが、
まあこの辺は、メインがtwinsってことで、ある意味納得だ(笑)

++++++++++++

・twinsのアクションとしては、
冒頭の市場での本格的なドカバキで「掴み」が良かったんだが、
逆にそこのインパクトが大きくて、
その後アクション面においては見せ場らしい見せ場が
いまひとつ物足りなかったと感じないでもないのはやや心残りかな。

・やっぱ最後のラスボス戦が、意外とあっけなかったというのはあるかもね。
壁にドコドコ叩きつけられるスプリングには爆笑したんだが。
というか、市場のバトルで顔面にパンチ食らって痛そうに鼻押さえてるだけで笑ってしまった。
なんか蔡卓妍はすっかりそういうキャラクターとして自分の中で認識されたみたいだ。

・氷の剣でドゲシと顔面はたかれるブルー(鍾欣桐)もそうだが、
演技とはいえこれくらい体当たりでアクションをやっているから
やはり好感度がアップするというのはあるね。
この辺のアクションへの本気度といい、体を張った笑いの取り方といい
やはり日本のアイドル映画は足元にも及ばんな。

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/678-059ae662
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。