上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.30 海神18
なんかいちいち各話タイトルを調べるのが面倒になったし、
調べる過程でネタバレっぽい…というか
結構その辺無頓着にタイトルつけてるっぽいのが目に入って困ったりもするので、
もう勝手につけることにします。
もともと、後で見直した時にわかりやすくするために…てのが趣旨なわけだしな。


第十八集 転落
◎できごと

・イ・ドヒョン商団は襲撃事件の調査を妨害すべく買収工作などを図ったが、
チョ・ジャンギルの助力などもあり、結果的には有罪確定、夜逃げした。

・チョンファが気になって仕方がないヨンムンは間に合わずに置いていかれたが
その後、張保皐に襲われたところでチョンファにかばわれた。

・イ・ドヒョン商団の商権はそっくりそのままジャミ夫人がゲットした。





◎かんそう

・なんかストーカー急増中だな。
何はなくとも今回、それが一番気になった。
特にクンボクのストーカーっぷりは一体…(^^;
これまでストーキングはヨンムンの専売特許みたいな感じだったので、
その遅れを取り戻すかのように激しくアガシをストーキングしているようだ。

・そしてまたもや終わってみれば夫人の一人勝ちか…
この後、新しく大行頭を決めるとかいう話が出ているが、
これもどうせ間違いなく夫人がゲットしちゃうんだろうし。
なんか、これはアレだな、夫人を主人公だと思って観ないと
何かとストレスが溜まってしまいそうな感じだな。

++++++++++++++

・たぶん、恋愛をストーリーのメインプロットに突っ込んでくるというのが、
自分はまるっきり好みじゃないというか。
とりあえず君たちKY、というか、
こう、マジメに話を進めなくてはいけないはずの場面で
アガシが目に入るとぼけーろんと口を開けて
スローモーションになって、いつものあのテーマ曲がかかって…となるのを
限りなくかっタルいと感じてしまうようだ。

・あの状況で、アガシにお別れだけ言うために離脱するヨンムンも
軽くありえないだろ~という感じだしな(^^;
まあヨンムンだから許されているようなところもあるがw

・最後、「アガシがヨンムンをかばう」という流れも
そんな流れになりそうだなーと嫌な予感がしていたら
案の定という感じだ。
いや、まあ確かにクンボクのほうはこれまでヨンムンに二度や三度じゃすまないくらいに
命を助けられてる借りがありますから、
ヨンムンをここで殺したらあかん、てのは正論ではあるんだが。
でもなんかそれをチョンファに言われるというのも何か違うというか。
なんであんたにそんなこと言われないといけないの?みたいな。
張保皐が自分の判断でためらった末に見逃すというのならアリだと思うが、
少なくともあんた(チョンファ)が口を挟むことじゃないだろ、と言いたい。

・なんか悲劇ぶっていつまでもクンボクとくっつかないクセに
お慕いしておりますとか言いつつ
着々とクンボクの属する薛平商団を追い落とすべく仕事なんかしてる様子を見ると
あんたたいがいにしなさいと言いたくなってくるな。

・LOVEを否定するつもりはないが、スパイス程度に留めて
もっと殺伐とした世界でちゃんと話を進めて欲しいと思うんだが…
まあたぶん無理っぽいな。
この先、30話くらいずっとこんな具合で進むんだろうか。
ここまでの不満点をまとめると、
→ジャミ夫人チートしすぎ
→チョンファ煮え切らなすぎ
この二点が問題だろうか。
それ以外の点においては文句なく面白いと感じられるんだが…





◎人物まとめ

薛平商団の人たち--------------------

・張保皐(チャン・ボゴ)大官
この状況で無用心に出歩きすぎじゃないかと思ったんだが、
釣りというわけでもなく、
ほんとにアガシの顔を観るためにこっそり抜け出していたという(^^;
まったくいい加減にしなさい。
vsヨンムンのバトルでは軽功を駆使して屋根の上に飛び上がったりと
武侠顔負けのアクションに喜んでしまったが、
あの状況ではヨンムンよりも
むしろイ・ドヒョン本隊を押さえるべきではという気もかなりした。
しかもあれだけ取り巻きがいて
あっさりヨンムンを馬に乗せて逃がしてしまうというのもうかつだ(^^;
しかしつくづく、ほんと、チョンアガシさえいなければ
おはなしはもっとずっとスムースに進むのになと思ってしまう。


・鄭年(チョン・ヨン)クンボクの弟分
ヨンはあいかわらず思考ルーチンがチンピラレベルで、
いつ暴発しないかと観ていてヒヤヒヤする。


・薛平(ソル・ピョン)行頭
結局、事態が何か好転したわけでもないからな…
ジャミ夫人が最大勢力になっちゃってるわけだし…
まあとりあえず暴力や隊商襲撃も辞さないイ・ドヒョン商団がいなくなったということで
まだ状況としてはマシになったのか?
(ジャミ夫人の場合はもっと搦め手が多そうだから
長期的に考えるとさらに厄介な気がせんでもないが…)


・チェリョン薛平の娘


・ユ行首行首


・チャン・ソンピル元・大官、ジャミ商団に買収された


・ハジン護衛兵



チョ商団の人たち---------------------

・チョ・ジャンギル行頭
さすが蛇の道は蛇というか(笑)
今回このおハゲがいなかったら状況打開は普通に無理だったわけで、
なんかクンボクといい薛平大人といい
その辺にあまりにも無頓着すぎて、ほんと不安になってくるよ(^^;
刑部尚書を前にしての堂に入ったばくち打ちっぷりはさすがの貫禄というか、
アレだな、あの刑部尚書みたいに、弱い奴に限って博打好きってことか。


・チェ・ムチャンクンボクとヨンの師匠
やたらごつい宿の主人(笑)
相手がアフォだったからまんまと騙せたものの
勝手に次妃とか持ち出して、バレたらまずかったんじゃなかろうか(^^;



ジャミ商団の人たち--------------------

・スンジョンクンボクの幼なじみ
商団の中でもランクアップしてしまったので
板ばさみ状態となった。


・イ・マッポンスンジョンの父
いや、クキキじゃないっしょ(^^;
現状、パワーバランスが明らかに夫人に偏重しているのが
心穏やかに観ていられない問題だ。


・タボクスンジョンの嫁候補?


・ジャミ夫人行頭
上にも書いたが、大行頭選挙なんて話が出た瞬間に
はいはいジャミ夫人ジャミ夫人と
しらけた気分になってしまったのはこまりものだ(^^;


・ヌンチャン校尉


・チョンファジャミ夫人の腹心
すでに何度も書いた気がするが、
いい加減、悲劇ぶって目ん玉まんまるに見開いて涙を溜めて
口を半開きにしてテーマソングを流すのを止めてください。
クンボクの名前が出た途端にフリーズして悲劇ぶるのも止めてください。
全部自分の選択なんだということを自覚してください。
自分で選択したことなんだから受け入れてください。
出来ないならちゃんと選択しなおしてください。


・キム・チャンギョムチョンファの兄、倉部令
相変わらず不快な男だ。



イ・ドヒョン商団の人たち--------------------

・イ・ドヒョン行頭
ほとぼり覚めるまで国外退去の身となった。
あの抜き差しならない状況でヨンムンを待っていたことを見ると
このオッサンのヨンムンへの情ってのは本物だったみたいね。
大行首になった時とかの喜びようは
ヨンムンを前にしての芝居的なところもあるのかなとか思ってたんだが、
そういうわけでもなかったらしい。
清海編でのあっさりとした態度がずっと印象に残ってたので
これまで多少の違和感があったのだが…
ある程度一人前になった時点で、後継者として認めていたのかもね。


・ヨンムンイ・ドヒョンの養子、大行首
あいかわらずヘタレ街道を邁進する男ヨンムン
あの非常時に女のところへ走るというクオリティにより度肝を抜いてくれました。
ほんまもんのあほですね(^^;
しかもまたフラれてるし…
「ヨンムン=ヘタレ」に加えて、さらに「ヨンムン=M男」の図式が
私の中に着々と出来上がりつつあります。
あと相変わらず妾の小紅さんは
中国人のはずなのに中国語がカタコトだよなーと思った。


・チャン行首行首
張保皐を始末する手はずだったのだが、予想外の張保皐の高手っぷりに
舌を巻いて退散した。
てっきり自分で戦うのかと思ったら、そうではなかったらしい。
つーかとりあえず張保皐はアガシの部屋の前をうろついてる時や
アガシが視界に入っているときは
口をぼけーろんと開けて骨ヌキになってますから、
その時を狙って手裏剣や矢で仕留めれば一発だと思う。


・パンスルヨンムンの部下
ヨンムンの身を案じて揚州に残ったが
張保皐にパンチ一発でノされてしまった。
剣を抜く間もなく制圧されてしまうとは、
改めて張保皐のレベルアップっぷりが実感できる。


・チュンダルクンボク&ヨンの昔なじみ


  
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/673-798ac543
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。