上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.28 海神17
まだ半分も来てないんだが…
この先話がどう転がっていくのか、正直、見当も付かないな@@


第十七集 真相究明

◎できごと

・イ・ドヒョン商団の買収工作により
いよいよ薛平商団は抜き差しならない状況になった。

・密かに生還した張保皐は吐蕃遠征隊全滅の真相を探るべく動き
かろうじて証人を確保した。

・ヨンムンがお気にになったジャミ夫人は
チョンファと結婚させてヨンムンをゲットしようとしたが、
クンボク生還の知らせを受けて風向きの変化を感じ取り
イ・ドヒョンをお上に売って空白になった勢力をタナボタゲットしようと目論んでいる。





◎かんそう

・物語的にはもう中盤に入っているところだろうか。
相変わらずソル大人がピンチな状況は続いているんだが、
まあ、なんだかんだで主人公の行動によって
光明が見えてきたような気がするのは、良い傾向だと言える。

・「証人を生かしたまま連れ帰らなくては」とか言ってる時点で
それ、死にますってフラグ立ったようなもんじゃねーか(^^;
とガックリきて、実際その通りに何人か始末された時点でやっぱりなという感じではあったんだが、
なんとか一人は生き延びたのでまだ良かった。

・が、これで証言したらイ・ドヒョンはただでは済まない、などと言われると
さすがにこの時点でそんなことになることもないだろうと思うわけで、
そうなるとどうせ証人は途中で殺されるか、
あるいは適当にもみ消されるかのどちらかだろうなと考えるわけだが、
そう考えていたところでジャミ夫人がまさかの裏切りでそれを後押しするという
なんだかもうさっぱりわからなくなっている(^^;
翻弄されてるのかー(^^;





◎人物まとめ

----------薛平商団の人たち----------

・張保皐(チャン・ボゴ)大官
実際、今の薛平商団の苦境というのは、
張保皐一人でどうにかなったものでもないし、
張保皐が一人で招いたというわけでもないんだよな。
思うようにソル大人の期待に応えられなかったということはあるし、
結局丹砂調達も得るものがなくて損失ばかりだったという事実もある。
が、状況がそういう状況なので、心情的にも張保皐を責める気にはならないのであった。

でもいくつか突っ込みたいこともあって、
まず陰謀の真相を突き止める…とかいうより
現状、他にやるべきことがある気もするが…(^^;
そしてこの大事な時にチョンアガシ関係でまた暴走(^^;
結果的には、生存が敵方にバレても何とかなったわけだが、
一歩間違ってたら取り返しの付かないことになってたぞ。
いい加減少しは懲りてください(^^;


・鄭年(チョン・ヨン)クンボクの弟分
やっぱ結構前から普通に鄭年って名乗ってたな。
なぜか今回、日本語字幕では改めて表記されてたけど…
しかし未だにチンピラレベルと書いたが、
ほんとヨンはチュンダルとまるっきり同レベルだな(^^;
この子は歴史SLGなんかでいうと
武力値ばかりが高くて、政治や知略の数値はサッパリというタイプだ。
珍しく悩んだりもしていたけど、
要するに、誰かに道を示してもらえばそこを進むことはできるけど、
自分で自分の道を作り出すことはできないということだな。
(こればっかりは、適性みたいなものだろう。)
本人もそれ自覚してて、もどかしく思ったりもしているようだが、
それにしても、やはり張保皐不在だとものすごく観てて心許なかった。


・薛平(ソル・ピョン)行頭
予期していたとはいえ、ほんとうにどん底になってしまった。
とはいえ、前回書いたように失くしたものについて執着しないということ、
それに大人自身が覚悟を決めたというか
肝を据えて開き直ったようなところがあるのが、観ていてまだ救いか。
張保皐が戻ってきて、それだけで状況が好転したわけでもなく、
前回書いたように「無事帰ってきてバンザーイ」という流れは予定通りでもあるんだが、
しかしこれまで周りにいた連中がみんな買収されて去って行ってしまって、
そこで改めてずーんとなっていたところへ、
金ではない結びつきの一つの成果としての張保皐が戻ってきたということ
この意味というか、実感は大きいのではないかと思う。


・チェリョン薛平の娘


・ユ行首行首
大人! → どうした?
といういつもの流れ(笑)


・チャン・ソンピル元・大官、ジャミ商団に買収された
あいかわらず絶賛スパイ活動中のようだ…


・ハジン護衛兵
やっと名前が出てきた。
「おまえちょっとこっち来い!」で大人しく引っ張られていく様子が可愛いな。



----------チョ商団の人たち-----------

・チョ・ジャンギル行頭
なんか今回の反応からすると、この人、先日の大行頭選挙では
普通にソル大人のほうに投票してたのか?って気もしてきたが…(^^;
ほんと腹が読めんな。
なんかイ大人がこの御禿を敬遠してるのも、改めてわかる気が(^^;


・チェ・ムチャンクンボクとヨンの師匠

師匠ほんといい人だなぁ。
信じられない様子のままとりあえずいてもたってもいられずに一回ハグして、
その後改めて、喜びを噛み締めながらもう一度ハグするという
こういう細やかな描写がいちいち良い。
その後捜査を手伝ってくれたり、わざわざ楚州まで来てくれたりと
何気にフットワークも軽くてとても付き合いがいいのですが、
仕事ほっぽり出して来ちゃって、ボスは大丈夫なのか?(^^;
まあその辺、あのボスはあれこれ言ってきたりすることもなさそうな感じもするが(笑)



----------ジャミ商団の人たち----------

・スンジョンクンボクの幼なじみ

スンジョンバグったwww
すいません、爆笑しました。
その後のクンボクのスンジョンへの微妙すぎる態度にもワロタ。
スンジョンにバレた時点で、こりゃみんなにバレるのも時間の問題だなと危惧したんだが、
結果的にはスンジョンのせいではなく、クンボクが墓穴を掘ったパターンだったので
まだ良かった。
しかしスンジョンが悪いわけじゃないんだが、
改めてクンボクの周りで「使える」駒って、師匠くらいしかいないよなぁ(^^;


・マッポンスンジョンの父
いろいろとうるさいオッサンではあるんだが、
一面では自分なりの信条というか、
何と言えばいいんだろう、雑草的なたくましさというか。
そういうのがあるんだよな。
生きてる奴がショボくれても仕方がない、ってのもそういうことだ。


・タボクスンジョンの嫁候補?


・ジャミ夫人行頭
夫人め、あいかわらずチョンファと二人きりになると途端にデレやがるw
チョンファとヨンムンが既成事実を作って現れたってのは
あんたにとってはそりゃ「渡りに船」だわな(^^;
その後も形勢不利と見るやさくっと自分の利のためにイ大人切捨てに動くという
相変わらず夫人の辞書にモラルの字は無いらしいw
それにしてもこの人はほんとクンボクが嫌いなのね。
ここまで来ると損得の世界ではなく、好きか嫌いかというレベルになっている気がする。
つまり道理ではなく、嫌いだから嫌いってことだな。


・ヌンチャン校尉
さすがデキる人だ。
顔見られたんだからクンボク、逃げないで口封じのために戦うべきだと思ったんだが、
この人が相手ではそうそううまくは行かないってことで逃走したのかな。


・チョンファジャミ夫人の腹心
前回はちょっと辛めのことを書いた気もするが、
「義理」と「自分の気持ち」、この二つの板ばさみで揺れる心、というのも
このドラマのテーマのひとつなのかなという気もしてきた。
チョンアガシに限らず、ヨンムンなんか見ててもね。
このアガシの場合は、言うまでもなくそれは夫人への義理なんだが、
一方でヨンムンの献身的な態度にも、また義理を感じそうで
この先の展開がとても不安になる。

今回は冒頭からいきなりまた泣きが入っていたので正直うんざりしかけたのだが、
まあその後、行動でちゃんと示したので良しとしよう。
そういや前回も思ったんだけど、ジャミ夫人がイ大人のところに滞在しているので、
当然チョンファの部屋もイ・ドヒョン商団の屋敷の中にあるのね。
だからこんなにヨンムンが簡単に出入りしたり、エンカウントが多いのでした。
ついでに今回、入水したチョンファを診たのって
この前クンボクが毒にヤラレタ時も呼ばれた人だよな。
「治さないと殺す」とか剣突きつけてくるようなアレなクライアントなのに
よく来てくれたもんだ(^^;

しかしこの先30話ちょい、ずっとこんな調子で付かず離れずのまま行くんだろうか?
正直、一番ベストなのはチョンファが大人しく死ぬことだと思うんだがなぁ…(^^;


・キム・チャンギョムチョンファの兄、倉部令
相変わらず展開に都合良く有能だな(^^;



----------イ・ドヒョン商団の人たち----------

・イ・ドヒョン行頭
前回の丹砂ゲットによってヨンムンは一気に評価を上げたようだが、
いろいろあってまんまと夫人に寝首をかかれそうな勢いだ。
このまま終わるとも思えんが… どうなるオッサン?


・ヨンムンイ・ドヒョンの養子、大行首

すっかりキーキャラクターとなったヨンムンだが
私生活のほうではアガシに見事にすっぱり振られたりと相変わらずだ。
やはりヨンムン=ヘタレ派としては、それでこそヨンムンだと言いたい。
楚州ではなんか愚連隊!みたいなノリで三人覆面軍団だったので
ちょうど同じく三人のクンボクチームと3on3のバトルが?!
と期待したんだが、肩透かしに終わってしまった。
夫人にはえらく気に入られたようで、
チョンアガシとくっつけて取り込もうと企まれているようだが
ヨンムンのほうには夫人側につく気はなさそうだし、
ついでに今回の夫人の動きでヨンムンも一緒に廃棄処分してしまうつもりなのか?


・チャン行首行首


・パンスルヨンムンの部下


・チュンダルクンボク&ヨンの昔なじみ

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/670-c1ebdd2c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。