上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.27 雪山飛狐16
やっぱこの調子だと二十集くらいでおさまりが良さそうな感じが…(笑)


第十六集 困惑
◎できごと

・若蘭のお茶目ないたずら(えー?)により小鉄が毒で死亡し
勘違いした薛蕚により新たな復讐の火種が生まれた。

・田帰農の刺客による妨害を受けながらも三人は苗人鳳の隠れる東風谷の三石荘に到着し
苗人鳳の治療が完了した。

・そこへまたまた田帰農の刺客が襲ってきて引きになったりしたが、あまり危機感はない。


------------------

◎かんそう

・つまらんということはないのだが、やっぱ話運びが散漫というのが
グイグイと引き込まれることはないということの原因かな。
とりあえずさくっと全体的な突っ込みどころだけ以下列挙。

・明らかに不自然に床に散らかしっぱなしの饅頭に爆笑。

いや、「毒に中ったフリをした」にしても明らかにおかしいだろそれ(笑)
フトン敷いてからわざわざ饅頭食って寝たのかよ!みたいな。
しかしもはやこの程度の突っ込みどころはこの作品では普通になってしまっている。

・吹きさらしの食堂で、隣の客の話が
苗人鳳に関する噂についての部分だけ聞こえてくるというのもすごくマヌケだ。

・「見張りは交替でやろう」という話になったはずなんだが
結局女二人は朝まで寝たままだったらしいという点にも爆笑だ。
しかももはや誰もそのことについては触れていないし。

・しかし今回つくづく思ったが、網はトラウマになったな…(涙)


------------------

◎人物まとめ

・胡斐(こ・ひ)飛天狐狸・胡一刀の遺児
最近ではだいぶ嫌な感じも薄れて
普通に父の仇について悩む主人公っぽくなっている。
四叔の名前が出るたびに観てるこっちがゲンナリするのは仕様だ。


・苗若蘭(びょう・じゃくらん)苗人鳳の娘
どう見てもただの糞餓鬼です、本当にありがとうございました。


・程霊素(てい・れいそ)毒手薬王の弟子
やはりさらりとした良い性格の毒使いの女の味方キャラというとそれだけでプラス補正だな。
「八大豪侠」の扁素問もだいぶ好きなキャラだったし。
twinsの片割れの中の人がキレイなのも良い点だ。


・薛蕚(せつ・がく)毒手薬王の弟子、程霊素の師姐
あー、前回の師弟の絆描写は今回のコレのための仕込みだったというわけね。
まあ小鉄が死んだのってはっきり言って自業自得な部分も大半なわけですが(笑)
この手のイカレに理屈は通用しないのであった。
八つ当たりで殺された下っ端もヒサンだな。


・苗人鳳(びょう・じんほう)打遍天下無敵手
「些細な行き違いでケガを負わせた」とかいう昔話が出ると
なんか手に取るようにいきさつが想像できてしまうのがワラエル。
自分は進歩がないとか口では言うくせに、結局はあんま変わらんのだよな。
まあ基本、口だけ男なのは割と前から明らかなので今さらだが…


・田帰農(でん・きのう)天龍門の掌門
最近では誰だっけこのクチビル男?という感じに割と本気でなってきた。
それにしてもバラバラでもかなわないというのに
いったいどこをどうしたら「揃ったところを一網打尽に」とかいう考えが出てくるんだろう?

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/643-6bd75a23
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。