上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.26 雪山飛狐15
もう一週間か…


第十五集 薬王谷・2
◎できごと

・毒手薬王は実は善人だったがすでに故人であり、
胡斐たちを攻撃したのはその弟子である薛蕚とその弟子・小鉄であった。

・薛蕚の師妹・程霊素は薛蕚のストッパーとして師姐以上に毒手薬王に仕込まれており
胡斐の頼みを受けて苗人鳳の解毒に行くことになった。

・程霊素にこてんぱんにやられた小鉄は、師父の仇討ちということで
再度程霊素たちに攻撃をしかけることにした。


------------------

◎かんそう

・とりあえず可も無く不可も無くといったところか。
いろいろ唐突だったりぽかーんとなったりするところもあるんだが、
流れとしては澱んではいないので「流して観る」という感じになるのであった。

・薛蕚のねぐらへ乗り込む場面でいきなり男が後ろから付いてきてるのには笑った。
おまえ誰だよ?!みたいな。

だって何も前フリがなくて、とつぜん知らん男がノコノコ付いてきてるのに
二人ともノータッチなんだもんな~(笑)
全く芝居に参加していない男が後ろにいる場違い感というか。


------------------

◎人物まとめ

・胡斐(こ・ひ)飛天狐狸・胡一刀の遺児
やはり主体的にコイツが何かやるというよりは、
今のように適当に状況に流されていたほうが厭味がなくて良いのかもな。
三人を埋葬してる場面で「義理堅いのね」とか程霊素に言われていたが、
それ義理堅いというより、自分が殺したようなもんだからな…(笑)


・苗若蘭(びょう・じゃくらん)苗人鳳の娘
いま気付いたけど、この女、名前に三つ草かんむりが並んでるのか。
(まあだからどーしたという話ですが)
なんかたぶん「オマセさんな年頃の女の子」という感じなんだろうけど、
ぜんぜん微笑ましく見えないどころか
普通に甘やかされた恩知らずのクソガキに見えてしまうのが困りものだ。


・程霊素(てい・れいそ)毒手薬王の弟子
なんかいろいろ舌足らずな感じで話が進むが
とりあえずこの人が主導で話を引っ張っているのが
割とストレスなく観れている要因かも知れない。
正直、師姐に対してだいぶやり口が甘いなーと思ったんだが
どちらかというと甘いのはこの人自身というより故・師父のほうだな。


・薛蕚(せつ・がく)毒手薬王の弟子、程霊素の師姐
相変わらずこのおはなしにはろくな人物が登場しないね。
残虐で自己中心的、腕を頼りにやりたい放題…というのが許されるのは
爺かイカレ親父かきれいな女だからこそ許されるのであって、
この女のようにぜんぜんかわいくないと
何この勘違い女?という感じで痛いだけだなということが実感された。


・小鉄(こてつ)薛蕚の弟子
なんかもう限りなくどうでもいい小物。
薛蕚は身寄りのなくしたコイツを引き取って育てたらしいとかいうことで
とつぜん師弟の絆、みたいな話が出てきたが、
しかしそんなことでフォローされても
薛蕚は普通に外道だからなぁ。
しかし小鉄とかいわれるとどうしても某・鉄筋家族のほうが思い出されてしまう…

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/642-07684099
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。