上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.17 雪山飛狐13
ピントは微妙にズレたままではあるが、
とりあえずお話としてはまともになってきたか?


第十三集 再会
◎できごと

・偶然南蘭と行きがかった胡斐は暗殺の危機を知らせる手紙を
代わりに苗人鳳に届けることになった。

・母に会いに家出していた苗人鳳の娘・若蘭と出会った胡斐は
彼女のほら話により意外な形で苗人鳳と対決することになったが
まるで相手にならなかった。

・手紙は手紙そのものがワナであり
毒手薬王の蝶の毒・火芙蓉の攻撃を受け苗人鳳は視界をふさがれた。
胡斐が助太刀に入ったが、結局若蘭を連れて逃げることになった。


------------------

◎かんそう

・今回一番のクローズアップとしては、やはり若蘭の劣化具合だろうか。
つーか、まあそもそも元からそこまでアレでもなかったし
(小胡斐→青年胡斐ほどの大きなギャップはなかった)、
今もまだ子供なのである意味仕方ないとも言えるのかも知れんが…
しかも育てたのがあのアフォ人鳳だし、とか
いろいろと嫌な意味で納得できてしまうところもあるからな(笑)

・まあ、成長して出てくるキャラクターの大半が劣化してるよな、という印象を
どうしても受けてしまう、という話でした。
以下、さくっと順に

++++++++++++++++

・相変わらずクソ狭い世の中というか、
またもや偶然(笑)で胡斐とお参りの南蘭が出会った点については
もはや突っ込むのは止めよう。

・胡斐と南蘭が泊まった宿ってなんかすごく見覚えがある気がするんですが、
たぶん気のせいですねそうですね。

・苗人鳳、胡斐と戦ったのに、胡家刀法ってわからないんですか??
とかなりハテナマークだったんだが、
鉄花会&袁士霄の下にいた数年でいろいろ混ざったってことか…

・そして相変わらずちゃんと名乗らない主人公(笑)
本人いろいろ卑怯だのなんだの気にしてるようだけど、
とりあえずそれが一番卑怯だと思います。

・田帰農にしては念入りなトラップに驚きました。
つーかこれ、発案者は田帰農なの?(笑)

++++++++++++

・夜中にこっそり手紙を抜き出した南蘭の場面では、
あの男、目の前で引き出しに入れたらそりゃ見るだろwwww
何も対策講じてなかったのかよwwwww
と笑いましたが、
さすがにそこまでアフォではなかったようで。ふう、びっくりした。

・しかし苗人鳳、すだれ髪が鬱陶しいな…
前よりひどくなってる?
これってやさぐれ度の象徴なのか?

・みんな一緒に手紙を開けて、
みんな一緒にいるところに蝶が飛んで行って麟粉を撒いたのに
ものすごくピンポイントに苗人鳳だけダメージを受けたのには吹きました。

・あとこういう時って、わざわざ得意げに毒の名前まで明かす必要はないと思うんだけどなぁ。

・この時代に指きりげんまんってあるのか?

……………………

・などというあたりが気になったのでした。
胡斐が自分の身分をちゃんと明かさないという点を除けば
(つーか考えてみたらこれまでまともに名乗ったこと一度もないのでは??)
今のところはそこまで悪い展開ではないと言える。
やっぱ今回のように、敵が問答無用の悪い奴、とかだと
主人公が主人公っぽい強さでも不満はないんだよな。

・しかしなんかこれ、ぶっちゃけこの調子で、全15集くらいで終わっておけば
もうそれで良いんじゃないかって気がしてきたんですが…(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/640-4b647051
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。