上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Old Boy
2004年 韓国
原題:?/Old Boy


平凡な会社員のオ・デスは妻と一人娘と共に暮らしていたのだが、
ある夜、何者かに拉致され、理由もわからず監禁された。
そのまま15年が経ち、突然解放されたオ・デスは、真相を求めて復讐に歩き始める…
-------------------------


ちょっと前に観た「酔画仙」で主演のチェ・ミンシクが良かったので、
その繋がりで鑑賞しました。
サスペンス&復讐&バイオレンス&グロ、って感じでしょうか。
グロいというのは、色んな意味でグロいです。

内容について書くとやはりネタバレの範囲に踏み込んでしまうため
できるだけ控えておきますが、
まあ何つーか、「SAW」とか、あの辺の不条理系映画を観て割と抵抗がない人なら
普通に楽しめるのではないでしょうか。
あとはチェ・ミンシクが好きとか、その辺かな。
決して「つまらない映画」ではないです。


ところでコレは

劇中に登場するある人物なんですが、
なんかこの笑い顔が大○英雄伝のアレによく似てるなーと思ったのは私だけでしょうか?
これってやっぱりせいk


以下ネタバレ↓


・15年間働かずにニート生活保障って、考えようによっては悪くないのでは?
とか思ってしまう私は色んな意味でダメですね。
(まあ外と完全に音信不通というのは、さすがにイヤだな。)
(あと娯楽がTVしかないというのも、TVが別に好きではない私はキツイ。)
(せめてDVDとPCがあれば良いんですが。)(←どこまで行く気だ)

・なんだか秘密の真相が明らかになっていけばいくほど
どんどん想像力の限界というか、予想のナナメ下というか。
「え? それが真相?」みたいな。
正直そんな感じでした。

・まあ確かに実は娘だった!ってのは予想は出来ませんでしたが…
でも催眠術ってほんと便利なガジェットですね。
なんでもあり。

・監禁屋さんなんてのも、真相としては正直かなりショボいんだが、
これも「実際にありそう」な感じが良いのか?

・チェ・ミンシクは良かったんですが、しかしこの人すごい役者魂ですね。
生タコほんとに食ったのは圧巻(←そこかよ)。
アレ本当にニュルニュル動いてたから、本物だよな…

+++++++++++++++++

・まあ表現したかったことというのはわかるんだが、
しかしそれにしても観終わってイヤな気分にしかならない映画だ(^^;
やはり「万能の悪役(でも本体はショボイ)が好き放題」という話は
私はどうにも好きではないらしい。

・上に引き合いに出したけど「SAW」シリーズなんかも
この辺が全然納得行かないというか。
ダメなんですね。
「人間は汚い!(だから罰する)」とか言われても、
まさに「余計なお世話だ」って感じなのです。


・しかもコレの場合は、動機が
「そこまでするほどですか~?」ってなレベルのくだらなさだもんな~。
加えて、そもそもシスコンでハァハァやってたテメエの自業自得に近いのに、ほとんど責任転嫁レベル。
(まあ逆に、全然共感できないものであるからこそ
その不条理さが際立つのかも知れないけど。)

・さらに悪いのが、その責任転嫁レベルの物言いに
結局主人公がそのまんま屈してしまうってとこなんだよな~(^^;
まあこのあたりのドロドロが業の深さというのを表現してるんだろうけど。
観ていてイヤになってくるのは仕方がないね(^^;
最後の対決もアレだしなぁ…
舌ザックリはほんとにオエーという感じだし…
なんか肉体的にも精神的にもグロい映画でした。

++++++++++++++++++++++++

・最後の雪山の場面の結末は、どちらにでも取れる演出をしたらしいんだけど、
アレはやっぱ忘れてはいないってことなんだろうな。
しかし忘れていたからといってもそれで幸せというわけでもなく。

・やっぱ最初に向かいのアパートの部屋で対峙した時に
真実なんてどうでもいいから殺してハッピーにやっておけば
全て丸く収まったと思うんだが。
(まあそれじゃお話が続かないんですが…)

・つまらん映画とか悪い映画とは言わんのだが、
たまにある「観客に嫌がらせをすることが目的」の映画というやつですね(笑)
(そういうものの存在価値を否定しているわけではないですよ、念のため)

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/626-0e355f24
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。