上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.05 雪山飛狐01
二週間の禁ドラマ期間の間にだいぶ内功も蓄えられた感がありますので
一気にドドドッと観れそうな感覚がいまあるのですが、
とりあえず時節ものということで浮気してコレに手を出してしまおうと思います。
(中文字幕だとどうしても感想も書く関係で「さくさく」というわけには行かないので、
あっちはあっちでマイペースで鑑賞を続けることにしたのだ。)

ご存知、金庸原作の小説「雪山飛狐」に「飛狐外伝」を加えた改編ドラマ
王晶脚本・監督の全四十集であります。
つーか今知ったんですが、プロデューサーの馬中駿、
この人ってドラマ版「七剣」の人ですね。
ふむ、総監督が王晶ってことで、
正直「どうせ先がどうなるかは見えてる」なんて思ってたんですが、
となると意外と捨てたものでもないかも知れん。
(どうもこの辺のプロデューサーと監督の力関係というのが
私は今ひとつはっきりと把握できていないところもありますが)

鑑賞は日本語字幕・北京語音声です。
レンタルなのでだいたい27話くらいまで行ったところで来月を待つことになりそうですが…
まあこっちもあんまりドカ見せずに、ぼちぼち行きますか。
それから、なにぶん私Manboは原作を読んでいない身ですので、
もしコメント等を頂ける際には特に先のネタバレに関しては
配慮をいただけると恐悦至極であります(-入-)


第一集 雪留人客桟の果し合い
◎できごと

・田帰農は皇帝の命を受けて
朝廷に逆らう胡一刀と苗人鳳の始末
そして胡家が守っている李自成の財産のありかを突き止めることになった。

・田帰農が「なすりつけ作戦」で胡一刀と苗人鳳の激突をプロデュースしたことにより
雪留人客桟にて二人は果し合いをすることになった。

・苗人鳳到着前にサクッと胡一刀を始末しようとした田帰農の企みはあっさり失敗したものの
人の話を聞かないのが江湖の人たちということで
雪崩に飲まれながら二人は決闘している。



------------------

◎かんそう

・まあ、まずは掴みということで。
どうも自分に先を急ぐ気持ちがあるのか、
「どうせ今やっていることは本編の前フリ」という感覚が妙にあるよーな感じだが、
もう少し腰を落ち着けて観て行きたいものである。
(これはドラマの問題ではなくて、自分の問題ね。)

・しかし王晶の野郎、「今作ではギャグは封印した」とか言ってたくせに
突っ込みポイントがずいぶんあるじゃねーか(笑)
殺気むき出しのバレバレな待ち伏せ作戦といい
雪崩の中で戦ってるアホ二人といい
第一集からいきなりこれがシリアスものなのかということが怪しくなってきたぞ(笑)

・だいたい小屋が明らかにおかしい。
雪崩があんな風にブチ当たって崩壊せずにクルクル回ってるのでまず爆笑。
それ以前に、板に乗っかって滑っていくのに爆笑(降りろよ!)。
そもそも果し合いの場所にナチュラルに宿屋を選ぶのにもワロタ。
アレなのか、宿屋って、普通に「そういうための場所」として認識されてるわけか。
(しかも案の定、器物損壊どころか普通に皆殺しにされとるし…)



-----------------

◎人物まとめ

・胡一刀(こ・いっとう)飛天狐狸
関外で修行を積んでいたところ、
皇帝の密偵となった田帰農の企みによって
苗人鳳と立ち合うことになった。
今のところ劇中で一番の高手らしい。

中の人は言わずと知れた黄秋生(あんそにー・うぉん)です。
当初からいまいちモチベーションの上がらない中
この人の存在はやはり大きい。
今回は声吹き替えてるみたいで、あの何とも気だるそうな声が聞けないのは残念だが。
それにしても「八大豪侠」の時もそうだったが、
古装だと帽子を常にかぶりっぱなしなのはなんでだろう?(^^;



・苗人鳳(びょう・じんほう)打遍天下無敵手
金面仏とも呼ばれる。
胡一刀とほぼ同レベルの使い手らしく、
何やら皇帝に楯突く鉄花会なる組織と通じているらしい。
義弟をやったのが胡一刀ではないということは
感づいているのかいないのか?
口数少ないというか、要するに
「ちゃんと話し合いすればいいのにとりあえず戦う」という
基本的な江湖の人の規範に外れていないようで
そのために胡一刀と戦うことになった。
まあこの辺は「あんたらほんと馬鹿ね」と肩の力を抜いて観ておくのが正解なんだろう。
なんか海藻みたいな頭だなしかし。



・田帰農(でん・きのう)苗人鳳の義弟
今のところ一番あくどい男。
皇帝に取り入って密偵になり、胡一刀と義兄を陥れる。
いちおう武功のほうもそこそこの使い手ではあるようだ。

しかしどこかで見たような気がする顔なんだが…
YesAsiaを見るとドラマ版「七剣」にも出てたっぽいんだが、
エンドクレジット見ても載ってないし、さっぱりわからん@@



・平阿四(へい・あし)雪留人客桟の下働き
問題の宿でバイトしてたんだが、
姉ちゃんが借金のカタに連れて行かれそうになって
それを庇った父ちゃんと一緒にボコボコにされていたところを
胡一刀に助けられ、恩を返すよう父ちゃんに言い含められた。
この辺はもろに先への伏線という感じがするな。





・胡一刀の妻胡一刀の妻
ダンナと一緒に雪留人客桟へ来た。
剣を持ってるところを見るとこの人もいちおうは使い手のようだ。
しかし黄秋生はまだわかるが、
この人までボウシを脱がないのは何故?!






・陶百歳(とう・ひゃくさい)田帰農の手下
山賊。田帰農の指示に従って待ち伏せ作戦を実行する。
いわゆるとてもわかりやすい悪役。
苗人鳳が言ってた「飲馬川」てのは
二つ名ではなくて、地名でした(一瞬勘違いした)。
なんかもう出番はなさそうだな…





・笵長風(はん・ちょうふう)苗人鳳の義弟
弟の長江をやったのが胡一刀だと思い込み、
田帰農にくっついて報仇の場にやってきた。
…でも、苗人鳳はタイマンで決着をって言ってるのに、
コイツ待ち伏せ作戦にちゃっかり参加してるんだよな~(^^;
この辺は、とりあえず胡一刀を殺したい、ってことで
田帰農に騙されているということでよろしいのかな。




・笵長江(はん・ちょうこう)笵長風の弟
苗人鳳を胡一刀にけしかけるために
田帰農によってSATSUGAIされてしまった。
しかしこいつがトドメ刺される場面なんかを
タラタラと(失礼)やっているようなのを見ると、
これ全三十集くらいでも良いのでは?なんて考えが
頭をよぎってしまうのであった。


Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/621-5e628dcb
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。