上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kung Fu Panda
2008年 
原題:Kung Fu Panda


-----------------
むかしむかしのこと。
デブでグズのパンダ、寶(ポー)は功夫の達人に憧れながらも、
蕎麦屋の息子として「平和の谷」で代わり映えのない日々を送っていた。
そんなある日、二十年前に谷を大いに騒がせた大悪人・大龍(タイ・ラン)が
監獄を破り自由の身になるとの啓示を受けて、
これに対抗するべく伝説の"龍の戦士"が翡翠城にて選ばれることになった。
龍の戦士が決まる瞬間を目撃したいと、寶は翡翠城に見物に向かうが…
-----------------


日程の都合上、別の日には行けなさそうだったので、
大阪は梅田に「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」を観に行ってきました。
いや~、あの鞍に本物の大汗が座ってたなんて、本当に感動だ。
歴史の中の人物が、今私が生きているこの世界と地続きの過去に実在した、という実感が
ふだんはぜんぜん持てないんですよね。


で、
せっかく文明圏へ出てきたことなので、
ついでにタダ券があったこの映画を観てこようということで
観てきた次第であります。
めりけんのドリーム・ワークス製作のフルCGアニメ映画であります。
英語音声・日本語字幕で観ました。

正直、フルCGのクリーチャー映画ってことで
あんまり期待しないで観に行ったのですが、
蓋を開けてみたら、これがなかなかびっくり。
思っていたよりもずっとちゃんと功夫片してました!
正直、「ドラゴン・キングダム(功夫之王)」なんかよりもずっと真っ当です。
…いや、まああっちは二大スター共演!って方がメインなところもあったので、
こちらのほうがストーリーがまともになるのは
ある意味当然といえば当然なんですが、
それにしてもここまでちゃんとやってるとは、予想外の楽しさでした。
ちゃんとみんな包拳しまくってましたし(笑)
先に「ドラゴン・キングダム」のほうを観たので、どうしてもそれだけで評価が甘くなります(^^;

ストーリー仕立ては功夫もののソレではあるんですが、
武侠っぽい要素も随所に入ってました。
「酒場の乱闘」とか、あと「穴道を封じたり、解いたり」なんてのもあって、
これはちょっと「わかってるじゃねーか!」とうれしくなってしまいました。
パンフレット見てみたら
「主人公たちの暮らしている世界は"江湖"と言って…」みたいな専門用語の解説やら、
「そこでは内功(固有名詞はさすがに出てなかったですが)の力で
普通ではありえないようなことができる」みたいな説明まで載ってて、これまたびっくり。
(「マスター・シーフーは師匠先生になっちゃうんだけど、そこはご愛嬌です」みたいなフォローまで書いてた。)
書いた人は間違いなくかたぎの人間ではないですね(笑)


アクションなんかも、
実写ものというと、やはり近年のCG技術の進歩やワイヤーなんかで
「ありえないこと」を生身の人がやるというインパクトや凄さというのはあるんですが、
しかしこっちはこっちで、
人外アクションダイナミックな躍動感けれんみ溢れるカメラワークや構図という点では、
アニメにまだ一日の長があるな~と実感させてくれました。
あと動物クリーチャーならではのアクションとかもね。
だいぶ見ごたえがあります。

というわけで、
ファミリー向けのヌルい映画かと思ってたんですけど、
だいぶ真面目に作ってありました。
しっかり話の中で主人公と絡めてテーマを作って、そこに一本芯が通ってます。
ほんと「ドラゴン・キングダム」なんかより、よっぽど武侠好きにはオススメですね、これは。
(どうもあっちのストーリーがまるっきりダメダメだった反動で、
相対的にこっちの評価がだいぶ上がっているような感じだ。)


以下、ネタバレ↓

・鑑賞後にさくさくととりあえず箇条書きでまとめたのを
以下列挙していくので
いまひとつ整理されていないことになりそうですが、


・上にも書きましたが、アクションはやっぱり楽しかった。
特に大龍の脱走のシークエンスや、釣り橋の戦いなんかは
まさにキャラクターが動物じゃないと成り立たないアクションですよね。
ああいうのはまさに、生身ではほぼ不可能なギミックに加えて
自由にカメラを動かせるCG空間の利点というのが存分に発揮されておりました。
殺陣もまっとうに「それらしい」殺陣をちゃんとやっているのに感心してしまいました。

・しかし主人公のアレ、パンダっつーよりは軟体動物だよな…

・主人公がクライマックスまでうだうだ言ってるところで評価が下がりかけたが、
まあ最後の戦いへ向けてのタメとセミファイナル(師傅vs大龍)の時間確保てのがあったんだろう

・「inner peace」は「内なる平安」とか訳して欲しかったですね。
「平常心」てのは、確かにわかりやすいっちゃわかりやすいんだが、
雰囲気がいまひとつ足りないというか…(^^;

・結局最後に大龍を粉々にして決着としてしまったのはちょっと不憫に感じたが、
まあ他にやりようもなかったか。
師傅の謝罪を拒絶した段階で、
つまりあの人は元からそういうドス黒いところが根っこにあって、
師傅は愛ゆえにそれにずっと気付けなかったってことだったんだろう。


・主人公のポーはパンダなんですけど、蕎麦屋の親父さんは鳥なんだよね(笑)
で、その親父さんの親父も鳥で、その親父も鳥(笑)
要するに、明らかにあんたその家の子供じゃないでしょ、という感じなんだが
誰もそれに突っ込まねえ(笑)
これが「ボケ倒し」というやつか…ガクブル@@


・実は奥義なんてものはなくて、そこに至るまでの道のり、
そしてそういうありのままの自分であることが真伝というのは
割と一貫したテーマとして感じられて良かった。
まあ「ありのままの自分」っつっても、パンダは軟体ゴム動物じゃないんだけどな(笑)

・自然体こそが最も大切だという奥義なら
途中でポーがうだうだと煮え切らないのも、まあ仕方ないことか。

ヘタレではあるが、基本、前向きでへこたれない、というキャラクター造形は
比較的感情移入しやすく、好感が持てた。
ただその割に、導師がいなくなった時とかの「糸が切れた」状態になると
かったるかった(「あれ?お前ここでそんな後ろ向いちゃう奴だったん?」みたいな)のはあったな。


・あとひとつの道を極めるということで到達する真理というのは
武術だろうとそれ以外だろうと同じだという内容は、なかなか好みで良かった。

・ポーだけでなく、いちおうは師傅の「再生」の物語でもあったというのは、
掘り下げ自体はさほどでもなかったとはいえ、物語に幅が感じられて良い。
(この辺、だいぶ爺補正で評価が甘くなっているなーという自覚はあります^^;)


・メインキャラは、まあ客層を考えれば当然なのかも知れんが、死亡などもなく、
このヌルさは心地良かった。
やはりストーリーの流れで師傅とかが死んでしまったりしていたら、
私は単純なので、ガクッと凹んでしまうのです。
後味がすっきり終わるのは良いね。

要するに作品世界にハマれるかどうかというのが、評価の分かれ目か。
繰り返しになりますが、自分はどうもこのところ殺伐としたよーなものにやや疲れていたようで、
後に嫌なものが残ることなくきれいに終われたのは気持ちが良かったです。



+++++++++++++++++++++
(2010/03/15追記)
改めて腰を据えて再鑑賞(というか通算では再々々くらい?)したら
結構小ネタを拾ったり、改めて思うところがあったので、つけたし。

・冒頭、夢から覚めて階下に降りたポーにかぶさるような「別のパンダの影」、
これ実はどんぶりその他を抱えた父ちゃんだったわけですが、
ここは、主人公ポーがパンダなわけだから、当然誰もがその父もパンダということを予期させておいて
あえて外してくるわけだから、
やっぱポーの父親の件に関しては、確信犯的ボケだよなw
ここだけじゃなくて、終盤の「ずっと言おうと思ってたんだが…」の後に
誰もが「お前は私の実の子ではないんだ」のいまさらなボケを期待させておいて、
あえてレシピネタで外すとか。

・ラストバトルで大龍の点穴を食らいまくっても「ウヒャヒャくすぐったい」てな具合に
ぜんぜん無効だったポーなんだが、
これ、中盤で、鍼治療を受けてた場面が伏線になってたんだな。
脂肪が厚すぎて、普通にやったら体の中の穴道にぜんぜん届かない、という。

・あとその鍼治療の場面、パンダの解剖図の無茶苦茶な適当さ加減にワロタ。
頭蓋骨そこですか?!

・穴道塞ぎを使う大龍、ちゃんと点穴する時の手が剣訣(人差し指と中指をピンと伸ばした、例の手ね)形作ってる!
やっぱわかってるよコレ!

・Furious Fiveは日本語字幕だと「マスター・ファイブ」という
なんか微妙な感じだったが、、、
それっぽく訳すなら「五烈」みたいな感じか。

・収監されてた大龍の、亀の甲羅みたいな拘束具。
アレ、あのトゲトゲは、単なるおさえというわけではなくて、
ぜんぶが穴道を封じていたんだな。

・最後の必殺技、日本語字幕だと「独学」ってなってたが、
原語では「figured out(わかっちゃった)」って言ってるんだから、
その辺、悟りを得たため(に、なんとなくわかっちゃった)ということを
きちんと強調した訳にするべきなんじゃないかと思った。

Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/610-ff8b807f
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。