上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.27 酔拳
酔拳
1978年 香港
原題:酔拳 / Drunken Master


--------------------
拳法道場の跡取り息子、黄飛鴻は町で好き放題に遊びまわり、修行もサボリと
父親を悩ませていたのだが、
そんなある日、ついに業を煮やした父は
飛鴻を知人の達人である蘇化子に預けることにしたのだが…
--------------------


「功夫之王」の予習…てわけでもないのですが、
私は正直、ジャッキー・チェンが好きではありません。
もともと特に好きでも嫌いでもないという感じだったのですが、
以前感想を書きましたが、「倩女幽魂(邦題:チャイニーズ・ゴースト・ストーリー)」の続編
アレで作品世界にあんまりにもそぐわないというか
一作目で作られた世界観や物語の雰囲気というのをまるっきり無視して
「そのまんまジャッキー」てな感じの演技をやってくれまして、
一気に嫌いになったという次第であります。

(7/28追記: すいません、これは人ちがいでしたm(_ _)m )

で、これではさすがに来週「功夫之王」を観るに当たって
ちょっと楽しみが感じられないのではないか?と考え、
気分を前向きにするために、この映画を観ることにしたわけであります。
大昔になんか観たような記憶もあるんですが、
とりあえずちゃんとした記憶ではないので、今回が実質ちゃんと観るのは初めてということか。


というわけでこの映画なのですが
主人公というのは、「あの」黄飛鴻だったんですね。
弁髪じゃなかったり、元ネタは別に酔拳の使い手ってわけでもなかったりと
いろいろ違うところもあるようなので、
その辺はパラレルってことで処理しておくのが良さそうですが…
あと酔拳の師匠・蘇化子というのも
この前観た周星馳(しんちー)の「武状元蘇乞兒(邦題:キング・オブ・カンフー)」
の主人公・蘇乞兒だったのだ。
そんなことを考えながらも観ると、ひとつぶで二度美味しい気分でした。

++++++++++++++++

映画の内容としては、
アクションはやっぱりすごいです。

すごいんですが、うーん、やっぱりジャッキーはジャッキーなのかな~と(^^;
前向きを意識して結果的に半分くらいはキライ感を払拭できたんだが、
なんだろう、なんかこう、遺伝子レベルで微妙に反発するものがあるんだろうか(^^;
たぶんキャラクター造形の好き嫌いの問題もあるんだろうけど…

アクションはさすがですし、
おはなしも、ストレートなカンフーものの王道という感じで楽しめました。
そしてキャラクターについても、
主人公の黄飛鴻はともかくとして

師父がイカス。



師父が良いです。



師父大好き。
やっぱ気難しくて、変わり者で、飄々としてて、
それでいて無茶苦茶強くて優しい爺というのは永遠の憧れですよ。
この人が素敵なおかげでとりあえず二時間弱、楽しんで観ることができました。
こう、広東語のまるっこい音の響きが、すごく合ってるんだよね。


++++++++++++++++++

結局、「ジャッキー見直し作戦」としては半分くらい失敗に終わったわけだが、
まあ「功夫之王」でも酔拳使いの役らしいし、
動きを見れたというだけでも良かったとしておこう。

映画そのものはとても面白いカンフーものですので
(「少林寺」系のようにアクション偏重というわけでもなく、
お話もそれなりにちゃんと存在しております)
そっち系が好きという人にとってはたまらない作品でありました。
つーか、まあこれくらいの映画は、
わざわざ私なんかがお勧めするまでもなく、普通に必修科目ですよね。


あと今回はDVDで広東語音声・日本語字幕で観たわけなんですが、
たぶん元のマスターがもうちゃんと存在してないってことなのかな。
ところどころ音声が英語音声になっておりました。
だから広東語喋ってたかと思えば突然英語を喋って、
かと思えばまた広東語に戻ったりと、微妙につぎはぎ状態でした(笑)
いや~、広東語って割と普通に会話の中に英語が混ざってくる(「Shit!」とか)から、
これくらい普通にまぜこぜで喋るものなのかなーと途中まで勘違いしてました(笑)


以下ネタバレ↓
・なんかこー、やっぱさんざん書いたけど(笑)
無茶苦茶強い爺というと
それだけでもうストライクゾーンど真ん中なわけですよ。
しかも飄々としてて、生き方が格好良い。

・そんな爺に弟子入りして教えを授かれるというのは
それだけで無茶苦茶役得だと思うんですが、
そのありがたさをどんだけおまえはわかってるのかと(笑)
そういう気持ちがまずあるのかも知れないな。


・黄飛鴻(ジャッキー)のキャラ造形というのも、
なんつーか、
恩知らずだし
不真面目だし
食い逃げもするし(これは明らかに自分が悪いのに^^;)
個人的な復讐で相手の誕生日会に乗り込んで台無しにするし
ぜんぜん反省しないし
正直、半分くらい外道というか
まあそういうキャラクターなんだろうけど(^^;

で、そういうお調子者キャラはいいんですが、
話の中盤で、一度殺し屋にボコボコにされた時点(=挫折フェイズ)で
ある程度はリセットされるべきなんじゃないかなーと(^^;
(なぜか悪役のはずの殺し屋にボコボコにされたところで
スカッとしてしまったぞ私は(笑))

その直後からそうなんだが、
もともと師父を水がめに閉じ込めて逃げてきたところを
出戻りしたって形なんだから、
叩頭百回とまではいかなくても
せめてちゃんと謝りましょうよ(笑)
なんか、この辺、師父がおおらかな人だったからまだ問題なく終わったものの、
だいぶ「主人公補正」で楽をしてるよなーという印象でした。

・で、挫折した後で強くなるという目的が出来たはずなのに、
その後も普通に修行ズルしたり、
しかも「酒買って来い」ってお使い頼まれても
意味もなくいたずらで水で薄めたりするし…(^^;
これは、なんなんでしょう?
あんなきつい理不尽な修行を課しやがって、ということへの
意趣返しのつもりのちょっとした茶目っけってことなのだろうか?
しかしなあ…自分で選んだことのはずなのに、
そんでもってなんなんだろう、恩義とか、そういうものはないんだろうか?(^^;

この辺がいちいち引っかかってしまったのであった。
たぶん、この辺にいちいち引っかかるようでは、ダメなんだろうけど(^^;


・さらに奥義を教わる段階になっても、未だにズルしてるしなぁ…
いや、そりゃ確かに最後に「自分の型を生み出す」という流れに持って行くために
必要な伏線だったのかも知れないけどね…
それにしても、そこまでそういう「よく言えばお調子者」な描写が
さんざん積み重なってきただけに、
オメーはまた性懲りもなくそれかよというウンザリ感が
やたらと強くなってしまったというか…

・まあ、最後のラストバトルの〆への持って行き方として
「自分の型を生み出す」という流れになったのは、良かったんだけどね。
きちんと説得力のある描写だったし。
ただ、それにしても、もうちょっとうまい描き方があったんじゃないかという気はせんでもない(^^;
いや、このお調子者キャラがジャッキーなんだろうけど。

これって「郭靖と楊過(あるいは令狐冲)のどっちが好きか?」というのと
似たような相性の問題なのかも知れないな。



・ネタバレなしのところにさんざん書いたけど、
やっぱ師父は最高にかわいかった。
なんつっても、まず小兵というところが良いのだ。
しかも圧倒的に強い。
おまけにアル中(笑)
つーか、「飲めば飲むほど強くなる酔拳」とかいうコピーがありますけど、
ちょっと違う気がする。
この表現だと最初が5の状態で、飲むほどプラスされて6、7、8…と強くなっていく感じだけど、
実際は、師父って、お酒があるデフォルトの状態が5で、
お酒がなくなるとこれが4、3、2、1…と弱まっていく、みたいな(笑)
「飲まないと(酒がないと)戦えない」酔拳の使い手、という方が
コピーとして正確なんじゃないだろうか(笑)

・弱くなる理由というのも、アルコール切れで手が震えてしまうので握力が発揮できず
手の動きが全く使えなくなるからということが、
くるみを割る指の動き(酔盃手)が大事というのがそこまでさんざん描写されていたので、
説得力があって良かったです。


・そして別れも告げずに去って行くなんていうのが
またいかにもこの手の飄々とした師父という感じでいいなあと余韻に浸っていたら、
最後の対決が始まる直前にいきなり
「面白そうだから」とか言ってスタコラ走って戻ってきてるんだもんな(笑)

(まあこれも、弟子のことを心配してという気持ちが裏にありそうだが、
その辺を素直に言わないところがまた萌えるのです。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/598-4673cd16
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。