上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだこのはなしは@@


第三十二集 救国

◎できごと

最終話につき割愛



------------------

◎かんそう

・ええと…
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
すいません、なんか引きつった笑いが…



なんなんでしょう、このおはなしは?(笑)
すっかり油断しました。
油断していたところをヤラレタ。
一気に内力を持って行かれました。正直、ナメてた。
あくまで、最後まで、それかよ!という。
ぜんっぜん、わかりません。
これで、アリなんでしょうか?(笑)


・つーか、最後の五分か十分か、
その辺がなければ、こんなことにはならなかったんですが(笑)
正直「時間を返せ」と言いたくなりました(笑)
が、かろうじて言わなくて済んだのは、一話の時間が少なかったことと
全三十二話という割と短めだったということから、「時間を返せ」とは言いません。
でも、言わない理由はあくまで「短くて済んだから」というだけです。

イメージでいうと、なんとかボロボロになりながらも畳んだ風呂敷を
最後の数分でぜんぶ床に中身ごとブチ撒けた
って感じですかね(笑)
これは、ないだろ~(^^;


+++++++++++++++++++++++++++

・とりあえず、ベッドに寝転んでジタバタしながら「ないだろー」を連呼すること数百回、
その後、乱れまくった内息にハーハー動悸に苦しみながらも
ひとまずお茶を飲んで落ち着いたので、以下、順に見ていきましょう。

・まず冒頭、
内乱勃発のために、宋と和平して本国に戻らなければならなくなった、と。
四郎は前々回あたりからキャラクターとして突き抜けたので
割と安心して観ていられる。それは良いことだ。


・で、西夏の宣戦布告を受けてあわてふためく宋の朝廷
ええと、まず今回最初の突っ込みポイントだが、
呼延丕顕、死んだのかよ!

・あんなに号泣して抱き合っておいて、
「やっぱり自責の念が強くて自害しました」って…(笑)
えー?(^^;

・つーか、呼延家が途絶えちゃったら、
後の世の呼延灼将軍とかは誰の子孫ってことになるんでしょう?
それとも呼延賛のオッチャンの子供って丕顕だけじゃないのか?

・なんにせよ、そのせいで呼延賛の病気も重くなってしまったということで
無駄に鬱展開にしてくれたわけで
(他にいくらでも理由はつけられるだろうに、
わざわざ後味を悪くしないでいただきたい)、
そもそも前回でいちおう決着のついたはずのものを
またひっくり返す意味というのがとてもご都合主義的に思えるわけで。
まずマイナス一点。


++++++++++++

・で、次、「困ったときの楊家頼み」で
ゴチャゴチャとやる場面なんだが…

・ここは、割と「おはなしとして、伝えたいこと」というのはわかる一場面だ。
というのも、佘賽花以外の全員が意見が一致していた通りに、
普通に考えて、どう見たっておかしいんだよね。
「喉元過ぎれば」式に、戦いが終わると讒言受けてボコボコに弾圧して、
そのくせピンチになるとすりよってくるという皇上は
明らかに、度を越えているわけで(笑)

・だから「あんなアフォに尽くすことはない」というみんなの言い分は、
至極尤もであって、
ここで一人、「忠義を尽くすべきだ、逆らうなら死刑」と言ってのける佘賽花は、
少なくとも観ているこちらとしては、まるっきり共感できない。

・が、ここまでコントラストがはっきりしていると
逆にわかりやすいわけで、
これは要するに、確か墨子(だったっけ?
一番最近耳にしたのが「尋秦記」なので怪しいが^^;)が言ってたように、
『兄弟が何人かいるんだけど、一人以外は、全員働かず遊んでばかり。
しかし、最後の一人が働かないことにはみんなが食べていけなくなるわけで、
ここはその一人が働くのが正しいことなのだ』てな話があるが、
そういう考えを、実践してみせることの厳しさ、
そして実際にやることの偉大さと、そういうことを言いたい話なのだね。

・でも、心情的には、どう考えても
「何このババア、忠義バグかよ」といいたくなるんだよね(^^;

・たぶん、
「ふてくされるヒマがあったら、
ボンクラどもに楊家の意地を見せつけてやるんだわよ」といったよーな、
ある種、自己本位な主張、信条に基づいての選択だとしたら、
むしろ逆に受け入れやすかったかも知れない。

んが、
ここでは、どう考えても皇上というのがアフォの自分勝手のどーしよーもないやつとして
ずっと描かれているわけで、
となるとそんなアフォに忠義を尽くすというのは、
まさに「」直、馬鹿でくだらない行為にしか見えないのだ。

それを、いちいち臣下の勤めとか忠義とか、
そーいったアフォな題目を持ち出してくるから
野暮ったく感じるのかも知れないな。


・で、そんなアフォな考えを、自分が勝手に凝り固まるなら勝手なんだが、
他の望んでもいない(そして納得もしていない)家族の人たちに強要するから、
またムカツクんだよな~(^^;

・まあ、確かに、「一家の長」として、
一家の方針、行くべき道を示す、定めるという立場にある以上は、
それで正解ではあるのかも知れんのだが…

・しかし、そんな愚かでくだらない選択によって
(選択したのは勝手だけど)、
大事な家族を死に追いやったというのは、事実なわけで、
となると、送り出す段になって悲しそうな顔をしてるのを見ると、
なにをいまさらかわいそぶってやがるんだ?
半分近くはアンタが自分で招いたことだろーが、と
やっぱり腹が立つのであった。


++++++++++++++++

・と、ここで一旦、場面が切り替わりまして、
佘賽花への不信や苛立ちもだいぶ高まってしまったので
一呼吸置いた。

・二十年近くぶりに里帰りした四郎の場面は、
音楽を使わないことによって、実に見事に効果を演出していたと思う。
四郎に感情移入できるモードになっていたのが幸いして、
ここはだいぶじーんと来ました。

・ところが、その後の、ババアのアレっぷり
またもや、先ほどせっかく一呼吸置いて収めた怒り、苛立ちが
ふつふつと湧いてきてしまいました。

・もー、ほんと、いい加減にしろよ、と。
こんな風に、表向きはイヤミたらしく拒絶しておきながら、
夜になったら蝋燭で顔を照らして密かに嗚咽とか、
いや、確かに、描写としてはおかしくないんだが、
ここでもやはり「自分で選択したことのくせに、何をかわいそぶってやがる」という
怒りの気持ちばかりが先走ってしまうのであった。はあ。


・遼と宋が和議を結んでしまうとなると
スパイさんとして暗躍していた王欽は
当然、主人のほうから処分されてしまう可能性が高かったわけで、
このオッサン、結局一人で勝ち逃げしてしまったのには笑った。
王先生、ほんとずるいな~(^^;


・そして和議の場面、
先ほどは四郎とのことでだいぶイラッとしていたものの、
ともあれ、もう母子で和解したということで、
佘賽花への怒りもとりあえずは忘れられており、
瑤娥と蕭銀宗の再会、そして続く和解によって、
お互いに、お互いの子を預けあうというこの構造は
決してここまでの長い旅が無駄ではなかったと感じさせてくれて
いや~、めでたしめでたしですね、と
三十二集を乗り越えてきた感慨に
じっくりと浸っておりました。





・そう、ここで終わっておけば、
「途中でいろいろ鬱なところもあったけど、まあ良い話だったよな~」で済んだのですが…



+++++++++++++++++++++++;


・で、問題の最後(笑)
いや~、ないだろ~(^^;

・西夏軍の前に全滅、
延昭、宗保、孟良、焦賛、張元、岳勝、その他みんな討ち死に~☆
って、オイ!


・いや、なんか、もうぜんぜんわかりません。
この部分を入れた必然性は??

せっかく、まずまず気持ちよく終われそうだったのに、
いきなり冷や水を浴びせるというか、
寝ていたところで頭をかなずちで叩かれるというか、
そんな仕打ちをする理由って、いったい何?!(笑) (←もう笑うしかない)
ひどいよこれは。ひどいよこれは。


・「やっぱり楊家に頼むしかない」で、
憔悴しながら出陣する佘賽花以下楊家の女たち…
うーん…(^^;

・あくまで、国のために忠義を尽くす、と、
それを強調したかったんでしょうか?
最後の最後に、おはなしとしての体裁や余韻を捨ててまで?
そりゃ確かに、楊継業トーチャンのころからずっと一貫はしてますが…
なんかもう、たいがいにしてくれという感じなんですが…(^^;


・あるいは逆に、そんなものに命を賭けたところで、愚かで虚しいことですよと、
それも表現したかったことのひとつではあるのだろうか?

その場合は、三十二集もかけて、そんなもん見せられる方の身にもなってみろ
言いたくなってしまいますが…(^^;




・最後に、宗保と桂英の息子、楊文廣が残り
(まあこれは次代へ引き継がれるもの、という象徴なんでしょうね)、
年老いた楊洪がその手を引いて天波楊府の扉を閉め、
そのままエンディング…という流れは良かったです。これは好き。








では、次でまとめ総括をやって終わりにしますか。
はあ、ほんと疲れた…

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/588-6de9a915
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。