上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.12 楊家将28
この長い旅にも、もうすぐ終わりが近づいているようだ。
やっぱり話数二十台は早かったな~(^^;


第二十八集 大破天門陣
◎できごと

・穆桂英をまんまと呼び込んだ楊延昭は彼女を傘下に加えて遼軍の天門陣に挑んだ。

・初戦で天門陣が破られることを見て取った呂鐘は逃亡。
蕭銀宗は度重なる犠牲と損害を前に意気消沈した。

・最終的に穆桂英の指揮の下、宋軍は天門陣を打ち破り、
さらに飼い葉と糧食を焼き討ちしたため、遼軍はこれ以上の戦線維持は不可能となった。


------------------

◎かんそう

・クライマックスなんだろうけど、やっぱり戦争メインになると、
どうしても厳しいところはあるよなー、と。

・年代ものなので仕方がないというのが一番の理由なので、
本当はこの点については触れない方が良いんだろうけど、
要するに、せっかく大規模戦闘における陣法のおそろしさ、
そしてその脅威をいかに打ち破るか、という点がキーポイントとなっているわけで、
そうなると、どうしたって、もうちょい視覚的に魅せて欲しいよな~、というのが
偽らざる希望なのである(^^;

・まあ「とりあえず天門陣、破っちゃいました」というのは
わかるから、それでいいといえばいいのかも知れないんだけどね。
とはいえ「もっと見たい」という気持ちは事実だから、仕方がない。
もっと面白く作れたんじゃないかなーと。


・あと前回の終わりから今回の頭なんだが、
要するに、六郎の芝居ってのは
穆柯塞に引き篭もってる穆桂英たちをこっちに呼び寄せるため、ってことだったんだよね??
なんとなくそうなんだろうなというのはわかるんですけど、
ちゃんと種明かししてくれないのは困りました(^^;


-----------------

◎人物整理

→宋軍の人たち

・楊延昭(よう・えんしょう)…楊継業の六男、宋軍の元帥
穆桂英にこの場においての戦術指揮能力があると見て取ると、
ぽんと指揮官の座を任せてしまえるような柔軟さは、
やはり六郎の良いところだな。


・佘賽花(しゃさいか)…誥命夫人


・楊宗保(よう・そうほ)…楊延昭の息子
芝居のためとはいえ、
本人、それと知らずに縛られて必死だったんだから
せめてトーチャンから釈明される場面とか、入れてもいいと思うんだけど…(^^;


・穆桂英(ぼく・けいえい)…楊宗保の妻
今回はこの人の回であった。
なんかスペックやたら高いな。
それにしても女傑の多いおはなしだよこれは。


・趙徳芳(ちょう・とくほう)…趙光義の甥、誠意王
賢王は六郎の魂胆を読んでいたというのも、予想通りであったが
このお方は予想通りであることが期待に応えることに繋がっているので
これでOKなのだ(笑)


・呼延賛(こえん・さん)…忠義王
前も書いたけど、たいがい付き合い長いんだから
賢王の考えくらいわかってもいいと思うんだけど、
そういう風には頭が回らず、単純にコロリと騙されてしまうのが
このオッサンの好ましいところだ(笑)


・楊宗英(よう・そうえい)…楊延嗣と杜金娥の息子

・楊延(よう・えんき)…楊延昭の八妹
・楊延瑛(よう・えんえい)…楊延昭の九妹

・董月娥(とう・げつが)…四郎楊延輝の妻
・馬賽英(ば・さいえい)…五郎楊延徳の妻
・瑤娥(ようが)…遼の第二公主
・杜金娥(と・きんが)…楊延嗣の妻

・楊洪(よう・こう)…楊家の執事


・呼延丕顕(こえん・ひけん)…呼延賛の息子

・張元(ちょう・げん)…楊延昭の副将
・岳勝(がく・しょう)…楊延昭の副将

・孟良(もう・りょう)…楊延昭の配下
・焦賛(しょう・さん)…孟良の義弟、楊延昭の配下

・穆蘭(ぼく・らん)…穆桂英の子分
・穆菊(ぼく・きく)…穆桂英の子分
・穆瓜(ぼく・か)…穆桂英の子分



++++++++++++++++++++++++++++++
→開封の人たち

・趙元侃(ちょう・げんかん)…宋の皇帝
・寇準(こう・じゅん)…天官
・王欽(おう・きん)…枢密使


・柴郡主(さいぐんしゅ)…趙光義の姪、楊延昭の妻
・楊排風(よう・はいふう)…楊家の召使



++++++++++++++++++++++++++++++
→遼の人たち

・蕭銀宗(しょう・ぎんそう)…遼の太后
戦いに継ぐ戦いで、だいぶ疲れてきたご様子です。
やっぱ瑤娥が去ってしまったのが大きいか。
この母娘、ほんと仲良かったもんな…


・木易(ぼく・えき)…瓊娥の夫、四郎楊延輝
オメー、結局なにもやらずに退散かよ!(^^;
キーポイントに配置されたかと思えば何かアクションを起こすわけでもなし、
かといって真面目に遼軍のために戦果をあげるでもなし。
ほんとしょーもない奴だな、この四郎は(^^;


・瓊娥(けいが)…遼の第一公主
・木丹(ぼく・たん)…楊延輝の息子

・韓延壽(かん・えんじゅ)…遼の将
・蕭天佑(しょう・てんゆう)…遼の将
・土金秀(ど・きんしゅう)…遼の将
・ヤーバ(やーば)…蕭銀宗の召使


・呂鐘(りょ・しょう)…遼の軍師
せ、先生、エスケープですか?!(笑)
「楊家将・がっかり大賞」の第一位にノミネートだな、こりゃ(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/584-ce94655d
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。