上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.06 楊家将20
ふー、これでほぼ三分の二か。
「話数二十台は早い」の法則はこのドラマでも通用するか?


第二十集 虜囚
◎できごと

・関所破りに失敗した楊延は捕えられたが
第二公主・瑤娥に見初められ、婿として迎えられることになった。

・初夜の晩に瑤娥に正体がばれた楊延だったが
瑤娥の亡き楊延順へ寄せる思いの真摯さを知り、情に訴えて
父の刀を盗んで逃げようと考えた。

・城外では期せずして弟と再会した焦賛が
楊延を助け出すために城内に潜入を計画している。


------------------

◎かんそう

・な、なんか楊家の人たちのほうが、普通に悪人な気が…
嘘をつくのはアリなのか?
他人の清らかな思いやりの心に付け入って好き放題に利用するのはアリなのか?
この人たち、やってることがひどいんですが…(^^;

・まあ、民族同士の生き残りを賭けた戦いってことで
そこにはきれいごとはないのだ、というのが主旨なのかも知れんが…

・ところで本筋とは関係ないんだが、
前回もちょっと思ったのだけど
割とちょこちょこと、「水滸伝」なんかみたいな感じに
個人バトルの場面があるんだよね。
このドラマについては、年代ものの作品なので、
正直、見ごたえとかそーいうのは二の次になっちゃってるところはあるんだが、
「水滸伝」くらいの感じにアクション設計と撮影技術がしっかりしてれば
もっと楽しいものになりそうだ。
(その辺をカバーしたのがいわゆる「少年楊家将」とかなのかな?)


-----------------

◎人物整理

→楊家の人たち

・楊延昭(よう・えんしょう)…楊継業の六男、宋軍の元帥

・楊延徳(よう・えんとく)…楊継業の五男、出家した


・楊延(よう・えんき)…楊延昭の八妹
猟師のオッチャンにかける迷惑のこととか、何も考えずに大暴れ(笑)
オッチャンあの後大丈夫だったんだろうか…
大人しく男装のまま結婚式とか挙げてるのは
どーなるんだといろんな意味でハラハラしたが(^^;
あと上にも書いたが、最後の公主へのお願いは
仕方ないこととはいえ、第三者の立場で見てると普通にヒデエ(^^;


・楊延瑛(よう・えんえい)…楊延昭の九妹
・董月娥(とう・げつが)…四郎楊延輝の妻
・馬賽英(ば・さいえい)…五郎楊延徳の妻

・佘賽花(しゃさいか)…誥命夫人
・柴郡主(さいぐんしゅ)…趙光義の姪、楊延昭の妻
・楊宗保(よう・そうほ)…楊延昭の息子

・楊洪(よう・こう)…楊家の執事
・楊排風(よう・はいふう)…楊家の召使

・杜金娥(と・きんが)…楊延嗣の妻



++++++++++++++++++++++++++++++
→宋の人たち

・趙元侃(ちょう・げんかん)…宋の皇帝

・趙徳芳(ちょう・とくほう)…趙光義の甥、八賢王→誠意王
・寇準(こう・じゅん)…天官
・呼延賛(こえん・さん)…忠義王

・王欽(おう・きん)…枢密使
・謝金吾(しゃ・きんご)…枢密副使

・高懐徳(こう・かいとく)…宋の臣
・楊光美(よう・こうび)…宋の臣


・張元(ちょう・げん)…楊延昭の副将
・岳勝(がく・しょう)…楊延昭の副将

・孟良(もう・りょう)…元盗賊、楊延昭の配下


・焦賛(しょう・さん)…元盗賊、楊延昭の配下
この弟はワリと面白い顔をしているので好きだ。

・焦光普(しょう・こうふ)…焦賛の弟
幽州城外で酒屋をしていた。
直情径行型の兄に比べるともう少し気が利くようだ。



++++++++++++++++++++++++++++++
→遼の人たち

・蕭銀宗(しょう・ぎんそう)…遼の太后
太后は相変わらず娘さんには優しいんだからな~(^^;

自信満々で陣法を説明して、何年かかる?の問いに五年と返してきた呂先生に
私も一緒にぽかーんと魂が飛びそうになりましたが、
その後、ちゃんと説明されるとすぐに納得して決断してしまうところが
さすがの太后です。
わざわざ誕生日の祝いを持ってきた猟師のオッチャンみたいに、
下々の民にも慕われているというのも納得だよね。


・木易(ぼく・えき)…瓊娥の夫、四郎楊延輝
なんかこの人の株は最近下がりっぱなしです(^^;
未練たらしい、優柔不断、煮え切らない、と
楊家の男の悪いところばかり継いでしまったような感じだな~(^^;
まあ、生真面目ってことではあるんだろうけど…


・瓊娥(けいが)…遼の第一公主
なんか「あの女は誰?!」問題については
そのままなし崩し的に時間が解決したらしい。


・木丹(ぼく・たん)…楊延輝の息子


・瑤娥(ようが)…遼の第二公主
この公主はほんと苦労するな(^^;
根がいい人なだけに、世間の荒波の風当たりをもろに受けてしまう役回りというか。
もー、この先は、あんまり楊家とか宋とかに必要以上に入れ込まずに
遼の皆さんが権謀術数を駆使してウハウハやっていくのを観て行った方が
何かと幸せかも知れない。


・韓延壽(かん・えんじゅ)…遼の将
・土金秀(ど・きんしゅう)…遼の将

・蕭天佑(しょう・てんゆう)…遼の将
いまさらだが顔が丸っこいほうがこの蕭天佑だ。


・蕭天佐(しょう・てんさ)…遼の将
で、細長いほうが蕭天佐。
そういや以前五台山に潜入したのもコイツだっけ。
今回は関所を抜けようとしていた怪しい人物を
目ざとく捕まえてゴーモンした。
しかしあんだけムチでバシバシ叩かれても
服ははだけず、男装はバレないという不思議。


・ヤーバ(やーば)…蕭銀宗の召使


・呂鐘(りょ・しょう)…遼の軍師
ん~… 先生、確か前回「三年以内」言ったのに、
陣法の訓練だけで五年かかるっていうのは…?(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/576-d4a21246
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。