上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.02 楊家将17
ときどき尺が長めだなと感じるよーなこともあるのだが
(お祭りの場面なんかだと特にそうか)、
このドラマの場合は、そもそもそういう場面自体が少ないということ
そして一話の分量がそれほど多くはないので
ぜんぜん許容の範囲内だ。


第十七集 通夜
◎できごと

・趙光義と重臣たちは楊延昭の弔問という名目で楊家を訪れた。

・裏庭に匿われていた楊延昭は寇準に見つかってしまったが、
いろいろあって過去は水に流され、楊家は再び開封へと迎えられることになった。

・しかし歓迎の宴で飲みすぎた趙光義は倒れた。

・死んだと思われた楊延昭が生きていたとの報せを受けた蕭銀宗は
ひとまず真偽が判明するまで軍を下げることにした。


------------------

◎かんそう

・通夜の場面は
それぞれの面々の様子が特徴的で面白かったです。

人目もはばからずにガックリ頭をたれて寝てる未熟な太子とか、
コックリと船を漕いでる皇上とか、
器用に肘ついて寝てる八賢王もいかにも「らしい」し、
直立不動でピシッと座ってる呼延賛とか。


でももういいお歳だから、夜更かしすると眠くなっちゃうのよね(笑)


-----------------

◎人物整理

→楊家の人たち

・佘賽花(しゃさいか)…楊継業の妻
というわけで、開封に戻ることになった。


・楊延昭(よう・えんしょう)…楊継業の六男

ひげを蓄えてだいぶ貫禄が出た。
どことなくありし日のトーチャンの姿を思い起こさせて泣ける。
しかし、なんつーか、いちおうは主役なんだろうけど、
いまいち自己主張が薄いというか、あまり前には出てないタイプだよね。


・柴郡主(さいぐんしゅ)…趙光義の姪、楊延昭の妻
もー、この人言いたいことズバズバ言ってくれるから大好き。
全くだよ。こんな酷い仕打ちでやってられるかっつーの。


・楊宗保(よう・そうほ)…楊延昭の息子
この馬鹿ガキのせいでまた新たな不幸の渦が…と思わんでもなかったのだが、
まあ今回は仕方ない… あーあ。


・楊延(よう・えんき)…楊継業の八姐
・楊延瑛(よう・えんえい)…楊継業の九妹

・董月娥(とう・げつが)…四郎楊延輝の妻

・楊洪(よう・こう)…楊家の執事
・楊排風(よう・はいふう)…楊家の召使


・杜金娥(と・きんが)…楊延嗣の妻


++++++++++++++++++++++++++++++
→宋の人たち

・趙光義(ちょう・こうぎ)…宋の皇帝
なにやってんだこの人は(^^;
いや、まあ、本当はそもそも楊家に罪なんかないのに
「過去の罪は忘れよう」とかぬかしてるのは、百歩譲って流しましょう。
仲直りしようと自分の非を認めて出向いてきたのは事実なんだし。
しかし、なぁ…(^^;
なんかバカ息子についてもたしなめるだけで注意はしないし、
こりゃこの先の鬱展開がいまから手に取るように読めるぞ…@@


・呼延賛(こえん・さん)…宋の臣
・趙徳芳(ちょう・とくほう)…趙光義の甥、八賢王

・寇準(こう・じゅん)…御史
コイツは、相変わらずフットワーク軽いよな~(^^;
平穏な暮らしを望んでいた楊家をまた引っ張り出そうとして、
柴郡主の言い分に共感しちゃうこっちからすると
なんとも鬱陶しい役回りのはずなんだけど、
この調子の良い男だからふしぎとそんなに腹は立たないんだよね(笑)


・趙元侃(ちょう・げんかん)…趙光義の三男
もー、言葉の端々に頭の悪さと無駄なプライドの高さがだだ漏れしている。
行く手に大きな落とし穴が開いてるのに、
そのまま進んでいくしかないような気分だな、今の状況は(笑)


・高懐徳(こう・かいとく)…宋の臣
・楊光美(よう・こうび)…宋の臣

・張元(ちょう・げん)…宋の臣


・王欽(おう・きん)…太子の教育係
・元佶(げんきつ)…僧侶、遼の密偵
すっかり悪役二人組と化した(笑)
王先生、かつての姿はもう見る影もないな…


++++++++++++++++++++++++++++++
→遼の人たち

・蕭銀宗(しょう・ぎんそう)…遼の太后
楊延昭生存のしらせを聞いてからのこの人の戦略指示の出し方は
他の人たちとは頭の回転速度がひとまわりもふたまわりも違うという感じで
実に格好良いのであった。
跗馬どのの正体を薄々感づいていながらも
折に触れてその心の在り所を試すような問い掛けをしているのがまた楽しい。


・瓊娥(けいが)…遼の第一公主

・木易(ぼく・えき)…瓊娥の夫、四郎楊延輝
時間が経てば経つほどどんどんダメージが深くなっている流れだな。
こういうおはなしだから、先のことに希望なんて持たないほうがいいよね(^^;
公主を胸に抱きながらの泣きそうな表情は
中の人の技量であろう。うまいな~と感心してしまった。


・木丹(ぼく・たん)…楊延輝の息子

・瑤娥(ようが)…遼の第二公主

・韓延壽(かん・えんじゅ)…遼の将
・土金秀(ど・きんしゅう)…遼の将
・耶律沙(やりつ・さ)…遼の将
・蕭天佑(しょう・てんゆう)…遼の将
・蕭天佐(しょう・てんさ)…遼の将

・ヤーバ(やーば)…蕭銀宗の召使

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/573-68382b96
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。