上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.11 笑傲江湖17~20
観る前はもうちょっとサバサバした男だと思っていた
この話の主人公レイコチュウ(リューファチョン)だが
意外とそうでもないのね。
とりあえずそんなこんなで折り返し地点まで来てしまったか。

「笑傲江湖」ネタバレ感想&覚え書き
第十七集~第二十集まで



第17話
・猿軍団はレイコチュウのペット状態だな。

・レイコチュウが令狐公子とみんなに崇められるのは
聖姑様の差し金ではないかと思われるのだが
まだ明らかにはされていない。

・まじめ人間の岳掌門はやっぱりこれはどう考えても鬱陶しいだろうし
実際そう思われても仕方がないくらいに
レイコチュウは場の雰囲気に流されて好き放題やりすぎな気が(笑)

・たぶんもう少し前に何度か言われていた
「人の生まれ持った性質というのは変えられない」ということがあり
レイコチュウのソレは崋山派に象徴されるような「節制」ではなく
正派に属さないような連中に象徴されるような「奔放」というものなのだろう。

・だからこそいつまでも未練たらしくウジウジしているレイコチュウが
ちょっともどかしく感じてしまうのも事実だ。

・小師妹に未練たっぷりな視線を送ってるところとかもね…

・日月神教は現教主の東方不敗、それにその腰巾着ヨウレンテイ
がメインストリームであり
聖姑様はカリスマ的な人気を誇りながらも
いろいろと難しい立場にたたされているようだ。

・竹じいさんは聖姑様の怒りを買って
曲洋のおじじよろしく処刑されそうになってしまったが
死にそうなところで止められたようでひとまずヨカッタ。

・でも猿軍団の余計なひとことのおかげで
一指先生が死んでしまった@@






第18話
・聖姑様のツンデレは筋金入りだな(笑)

・レイコチュウが未だにウジウジしている上に頭も悪いため
いまひとつ感情移入しづらい現状では聖姑様だけが頼りだ。

・たぶん結局のところ、レイコチュウが一人でずっと悩んでいるところに
この停滞感があるのかなーという気がしてきた。
もっとズバズバとレイコチュウに指摘したり突っ込んだりしてくれるキャラクターが
欲しいんだよな。






第19話
・と思ってたら聖姑様あっさりとデレた(笑)

・レイコチュウもだいぶ安定したようで何よりだが

・竹じいさん死んじゃったT_T
だいぶ前からエンディングでネタバラシされていたとはいえ悲しい;_;


・しかしまあ、死にかけの力を振り絞ってのこととはいえ
レイコチュウはつくづくイヤボーンが多いな
(※イヤボーン:要するにピンチになると都合よく秘められた真の力が覚醒して
敵をみんな吹っ飛ばしちゃう展開ね)






第20話
・易筋経を覚えてやっと半病人状態から復活かと思ったら
またレイコチュウやさぐれてる@@
ほんと頭悪いなこの男@@

・盈盈(イェンイェン)はレイコチュウが明後日の方向に暴走して
寺から出て行ったことも知らず
健気に祈りをささげているのであった

・ていうか住職さんたち、阿弥陀仏(オーミートーフォー)言っとらんで止めろよ(笑)

・嵩山派がアレコレ言ってるからてっきりこっちもそう思ってたんだけど
岳不群はヘキジャ剣譜に関してはあまり執着してないっぽいな。
今のところこの人が一番の苦労人に見えるが

・その娘の小師妹は頭が悪すぎて見ているのがつらくなってきた

つくづく、もう少し引いた視点から鑑賞することができたら
いろいろ楽なのかもなーとは思うのだが…@@
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/57-1abab4f8
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。