上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.14 水滸伝16
い、いい話のはずだったのに…(^^;


第十六集 兄弟重逢
~兄弟再び逢う
◎できごと

1、武大は相変わらず紫石街で妻の作る饅頭を売って歩く毎日。
そんなある時、県の者たちを悩ませていた虎を退治した英雄が町に凱旋した。
その男こそ、武大の弟・武松だったのだ。
清河県に行くことなく、無事兄と再会できた武松は
陽穀県の知県に気に入られて都頭に任じられることになった。

2、家に招かれた武松を見て、
武大の妻は兄とは似ても似つかぬそのイケメンっぷりに
すっかり一目惚れしてしまう。それは武松も同じだった。
武大の妻の勧めで武大の家に越してきた武松だが、
自分の気持ちを自覚する武松はどこかぎこちがなく
その一方で武大の妻のほうはすっかり男としての武松に惹かれ
家の中でも着飾るほどであった。

3、ところで、紫石街の顔役である県随一の薬屋の主人・西門慶は
知県とも仲が良く、家に四人の妾を抱える色男だった。
ある日のこと、道を歩いていて偶然、武大の妻の顔を見た西門慶は
すっかりその虜となってしまう。
さらに向かいの食堂の女将から彼女が寸足らずの武大の妻だと聞き、
憤懣やる方なしなのだった。

4、年頃の弟の結婚の面倒を見てやろうと、
武大はこれまで以上に饅頭売りに精を出すようになった。
しかし武松に思いを寄せる武大の妻は心中穏やかではない。
ある雪の日に、饅頭を売り切ろうと残った兄を置いて一足先に武松が帰宅すると
武大の妻が酔っており、彼に婚礼の杯を交わさないかと誘惑してきた…


------------------

◎かんそう
・あうあう(^^;

・武大はこんなナリだけど優しくて頑張っているというのはよくわかるので、
なんというか、こういう話が始まってしまった以上は
もうバッドエンドに向かうしかないということがわかりきっているわけで、
この先のことを考えると痛々しいというか、見ていてつらくなってくるというか(^^;
ほんと、最初にも書いた通り
兄弟が再会できてメデタシメデタシ…という話のはずだったのに、
どうしてこんなことにT_T

・それにしても相変わらずオバチャンというのはタチが悪すぎるな。
最初は単に武大の妻の引きこもりっぷりも気になっていたので、
ご近所づきあいの問題なのかなーと思って別に違和感はなかったんですが、
その後、家にあがりこんできてから
他人の家のベッドとかをしげしげと見回したり覗き込んだりするのがキモすぎ。
武大の妻と武大のことについてグチグチと言うのも胸糞悪いし。
正直、後半はこのババアが喋っているのを見るだけで苦痛でした(^^;

・ところで、この武大なんですが、演ってるのは本当に背の小さい人なんですよね。

↑真ん中が兄貴で、その左隣のでかいのが弟
ちょうど子供と並んで歩くと同じくらいの背の高さなんですが、
まず見た目でそういう役者さんを揃えてるってのが凄いし
そして本当に人の良さそうな顔をしているので、
この先の展開を考えると、さらにつらいのである(^^;


-----------------

◎人物まとめ

・武大(ぶ・だい)…紫石街の饅頭売り
なんか痛い話になってきちゃったな~T_T
この人に悪いところはまったくなくて、
ただ生まれつき背が低くて肌が荒れてて顔が悪かったというだけなのに。
朴訥で優しくて真面目ないい人なのに。
何よりつらいのが、奥さんがすっかり女に目覚めちゃったってとこだよな~。
しかも気のいい人だからぜんぜんそんな気持ちに気がついていないってのがまた泣ける。
うーん、できるだけ後にダメージの残らない形で終わって欲しいが… もう無理かT_T


・武松(ぶ・しょう)…武大の弟、陽穀県の都頭
無事兄ちゃんと再会できたと思ったら、まさかのこの展開。
つーか、前回の虎退治からこういう風に繋がったんですね。
奥さんと違って、武松のほうはまだ理性を保とうと頑張ってはいるみたいだが。
今回は危険な引きで終わりましたが、一線は越えたらまずいぜよ@@


・武大の妻
うーん…(^^;
もともと小間使いとしてこき使われていて、
そこを妻として身受けしてくれた武大にずっと付いてて、
それはそれで幸せはあったんだろうけど、
やっぱり女として物足りなさというのはあって
それをずっと見ないようにしていたという感じか。
しかし武松と出会って以来
あまりにもその態度がわかりやすすぎて
ちょっと「この尻軽女め」と言いたくもなってしまうぞ(^^;



・西門慶(せいもん・けい)…薬屋の主人

武家の奥さんに一目惚れしちゃったこの男
ミョーなことをやらかさなければいいんだが…
でもきっとやらかすんだろうなorz
武松の「兄ちゃん置いて先帰ってるよ」が
いつフラグになるのか
今回はヒヤヒヤしながら観ておりました@@



-----------------------
追記(10/04/29)
・武大は武松が出奔した後で引っ越しちゃってたんだけど、
ちょうど景陽岡越えた所にいたので、今回すぐに会えたんだよね。
ずっと昔からいた場所では、今回のおはなしは無理なわけで、
(あくまで武大たちは「よそ者」の状態からスタートしないとダメ)
セッティングの作り方というのがうまいな。

・虎退治の英雄になった武松が町に来て、
その騒ぎのせいで武大の饅頭は売れ残ってしまった。
この辺からすでに暗示が…

・弟と再会して、武大がほんとにうれしそうでいいなぁ…

・武大の妻について、初見時とは結構見方が変わった気がする。
毎朝早く起きて、楽しみもなくあくせくと毎日を過ごすだけ。
ときどき鏡の前で昔のようにおしゃれもするけれど
窓も開けずに家の中に篭りきり。
そんな中、全く予期せずにやってきた叔叔に一目惚れして、
女として目覚めてしまったのだよな…
本来、人としてやってはいけないことではあるのだけど、
それを一概に「尻軽女め」とは言い捨てられないな。
武松が閉ざしていた窓を開けてしまったのだ。

・この王婆って、中の人ロンママなんだよな~(^^;
罪過罪過(-人-)

・深窓の令嬢のダンナが武大と聞かされて
ショックのあまりフリーズする西門慶にワロタw
そこまでショックかい(^^;

・武大の妻についていくらか同情的な気持ちで観ることが出来たというのは
書いたとおりだが、
それでもやっぱり「ここで着替えたら?」はさすがにNGだw
AVの世界ね。

・いろいろきわどいラインはあるのだけど、
最初の頃は普通の兄嫁と弟なんだよな。
それが、どこかでラインを乗り越えてしまうんだ。
そして乗り越えてしまうとあとは一直線に行くところまで行ってしまうというのが
この物語における人物たちに共通するところなわけだが、
さて、はたしてこの武大の妻の場合は?
というのはまだ続く先のおはなしである。

・そしてなんというか、
すごいところでドコドコドコドコだよな今回は(^^;

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/436-d3a6831c
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。