上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
龍騰虎躍
2002年 香港
原題:龍騰虎躍


--------------
清の時代
塞外の砂漠を舞台にした、江湖に生きる者たちの恩讐と奇妙な縁
そのいきさつを描いた武侠群像劇。
--------------


ドラマ「断仇谷」後に自分の中に洪金寶ブームが来たのですが、
その頃に「SPL」とかと一緒に鑑賞予定リスト入りしていたのが
洪金寶主演のこの武侠映画です。

とにかく時間がない時にはやたらとなんでもかんでも観たくなる割に
いざ時間ができるととたんに糸が切れたようにそういう気持ちが霧散し
何をするのもやる気が起きずにぽけーとなってしまうのは困ったものなのですが、
ぽけーとしていても時間は過ぎて行ってしまいますのでもったいなく思い
強引に腰を動かすことにした。
というわけで鑑賞に到った次第であります。

聞いた話だともともとコレは「臥虎蔵龍(邦題「グリーン・デスティニー」)」の原作の
続きをやろうとしたかったんだけど、版権の関係でダメになって
結局、ぜんぜん関係ない話にしたとかなんとかそういう経緯があったらしいですが、
その辺は原題と、物語の運び方になんとなく現われている感じかな。
ま、知らなきゃ知らないでどうでもよいという話であります。


ともかく、まずはネタバレ抜きで感想ですが…
んー…(^^;

正直、このところ観る映画観る映画、かなり完成度が高くて、
そのレベルにすっかり慣れてしまっていたというのはあったかも知れない(^^;
とりあえず洪金寶が観たくて観たので、それはまあ良かった。

なんでその体でそんなに速く動くの!?ってのは相変わらずでした。
今回の役は臥虎蔵龍でいうところの李莫白みたいな、
要するに凄腕の年長者の達人という感じでしたが、
こう、過去にいろいろあってくすぶっているような苦さというのが
やっぱりちゃんと見ていてわかるところは
さすが洪金寶といったところか。

全体を通してのアクション構成もまずまず良かったです。

まあ、もうちょい見せ方に工夫があれば良かったとは思うのですが、それは高望みかな。
物語の進行をひとまず横っちょに置いておいて、
ひたすらチャンチャンバラバラどかどかばきばきのアクションが続く…というのは
ちょっと一昔前のカンフーものを思い出してしまった(笑)

あと塞外(ウィグルのほう)が舞台ということで砂漠ですね。それとその空。
この絵はやっぱりとてもきれいでした。
天山って固有名詞も出ていた通り
まさに「七剣」の砂漠編とかあの辺りの感じであります。

物語は破綻するようなこともなく、
親子の世代に渡る復讐や殺し合い、そしてその虚しさといった具合の事柄を
まあそつなく描けていたのではないかと。
やや物足りないところもあったのですが、
あんまり細かく触れるとネタバレになるので
そっちは後で書きます。

総じて、テレビのドラマ…というか、テレビ映画?のレベルだったとしたら
このくらいの出来でも問題はなさそうに感じますが、
映画としてはちょっと小ぶりというか、過度に期待したらガッカリよ、ってとこか。
・洪金寶好き
・塞外を舞台にした古装武侠ものが観たい
・軽め(時間的に)の武侠ものが観たい

おすすめはこの辺りでしょうか。
決して悪くはないんだけど、
料理次第ではもっと美味しくなったんじゃないかなーという感は否めないですね。

以下ネタバレ↓


・いや~、とりあえずみんなちゃんと話をしましょうよ
という突っ込みがまず最初に来ますかね(笑)
まあ、逆にそれこそが武侠モノだという意見もあるかも知れませんが…(爆)

だって、和解しに行くって言ってわざわざ自分から捕まった陸大哥が
いざ喬の親父さんと会ったら問答無用でいきなり殴り合い始めるのにも吹いたし
(しかもぜんぜん途中で寸止めしようとかいう意志も見られずに
むしろ嬉々としてトドメ入れに行ってるし…)
そもそも和解しに行くなら行くで
ちゃんとそのこと周りに説明してから行ってくださいよと(^^;
そのせいで被害拡大してさらに状況がこじれてるし…

・なんか次第に「憎しみ云々」というよりも、
この悲劇の連鎖の原因になってるのって
要するにあんたらがちゃんと自分の考えや思っていることを
周りに話さないから起きてるってだけちゃうんかと(^^;
そんな気になってきてしまいましたよ私は。
喬の親父さんもやっぱり息子にちゃんと因縁のことを説明してなかったし…

まあそう考えるとやっぱりそれが武侠もののお約束ってことなのか…

・でも、そういうコミュニケーションレスが根本の原因となって
どたばた騒ぎが起こる…という筋立て自体はまだいいとしても、
結局、それに対して主人公たちが何の前向きな解決策も取ることができず
最後にはお互い、殺しあって行くところまで行くしかなかったってのはやっぱり、ちょっとね…
いや、確かに陸大哥も「和解しに来たとはいっても、
いざ実際に喬を目の前にしたら
相手が戦闘態勢に入ってる上に自分も話すどころか嬉々として戦っちゃって
和解なんかすることもできず、
そんな自分は娘に合わせる顔もない」てことで去って行っちゃいました…という筋は
わかるんですが、
わかるけど、もうちょっと、他の解決法を示して欲しかったよね(^^;
これは好みの話になるかも知れんが、私はこういった物語なら
なんだかんだあってきちんと誤解が解けて、みんな和解できました、めでたしめでたし…
というほうが好きなのです。
どうも結局、良くも悪くも無難にしか進まなかった感じですよね。
「おお、これは!」という意外さがなかった。

・特に明らかに話すべき場面でドカバキを始めるような展開が結構多かっただけに
最後にほろ苦い感じで終わったとしてもいまひとつ余韻に浸るよりは
「なんであの時ちゃんと…」という不条理さに突っ込みたくなる気持ちのほうが大きいんだよね。
一番ラストも、これは残り時間的に
一昔前の中国(or香港)映画おなじみの「敵は倒した! 劇終!」な丸投げENDか…?と思ってたら
本当にそうなったし(^^;
これいちおう二十一世紀の映画なんだけどなぁ(^^;

・文句ばかり言いましたが、洪金寶はやはり良かったし
アクションも剣劇だけで途中から単調にはなってきたが、レベルとしてはそこそこでした。
決してつまらんかったというわけではありませんでしたね。
主人公(白兄弟)やヒロインがあまり格好良い/可愛い顔ではないというのは
まあご愛嬌ということで(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/395-72a3b7e1
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。