上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺破狼
2005年 香港
原題:SPL 殺破狼


----------------
香港を舞台にした、
マフィアのボス・王寶
王寶と因縁浅からぬ、不治の病に侵され余命わずかな刑事・陳国忠
そしてその後を引き継ぐべく着任した若い武闘派の刑事・馬軍
三者それぞれの思い、意地、愛情、そのぶつかり合いを描いた犯罪アクション映画。
----------------


タイトルの「SPL」というのは「Sha Po Lang」の略でありまして、
「Sha Po Lang」てのは「殺破狼」…つまりそのまんまであります。
これは中国占星術における「七殺、破軍、貪狼」の三つの凶星のことなのですが、
組み合わせによっては人に幸福をもたらしたりもするとか。

断仇谷」を観終わって間もない頃に
それつながりで洪金寶主演のこの映画がチェックに引っかかりまして、
このたび鑑賞に至った次第であります。

マフィアさんということでかなり血なまぐさい内容ですが、そこは香港もの、
単なる仁侠映画やらなにやらといったものとは違い
血なまぐささはあくまでスパイスであり、
やはり本格的な肉弾戦アクションがなによりの目玉となっております。洪金寶はやはりスゴイ。

そこそこ期待して観たのですが、
期待した分はじゅうぶんに楽しめました。
・アクションが好き
・洪金寶が好き
・犯罪アクションものが好き

この辺の需要なら及第点以上に満足させてくれるのではないでしょうか。


↓以下ネタバレ。


・いやー、なんといいますか…
人を呪わば穴二つ」とはよく言ったものですね(^^;
あと「怪物と闘う者は、その過程で自分自身も怪物に(以下略)」とか
ニーチェの一節が観ながら頭に思い浮かびました。

・そんなこんなで警察もたいがいマフィアの人たちと大差ないことをやっているし、
マフィアはマフィアで洪金寶はいいとして(いいの?)町のちんぴら連中はアレだしで、
要するに、勧善懲悪的な構図ではなく
どちらにも肩入れしようと思えばできるし、肩入れしようと思わなければできないという
そんな体裁でありました。
私としてはやはり洪金寶のほうに肩入れをして観ていたのですが、
それでもあんまり人を殺しすぎるとまずいんじゃないか…という危機感はあり、
最後にあーあやっぱりこうなってしまったかと思っていたら
びっくりどんでん返しがあったものの、
結局、みんな仲良く不幸せになって終わってしまったという…orz
洪金寶と刑事、どっちも生き残った(後者はすぐ死ぬとは言え)というのが
実に因果な感じですね。

・てなわけで映画そのものについては
上に書いたとおり洪金寶(とアクション)目当てで観たんですが、
それはそれとして、アクションで感動したのは
むしろ殺し屋ジェットをやっていた呉京のほうかも。
ふたばさんのところとかで、前評判として
呉越と双璧をなす動ける若手ということで聞き知ってはいたのですが、実際に観たら驚きです。
甄子丹との路地裏での短刀vs特殊警棒の一騎打ちが凄すぎ。
なんであんなに動きが速いんだ@@

・てなわけで、ある意味そこの殺陣で速さに慣れてしまったため
ラストバトルのほうはややもっさり感があったものの、
やはり洪金寶は巨体ということで
逆にあれくらいのほうが重さが感じられて良いのかも知れない。
身軽に甄子丹の攻撃をかわしていた呉京に比べると
かなりボコボコ喰らいまくってるんだけど、
それでも止まらない重戦車といったような圧倒的なパワーというか。

・戦車といえば冒頭のカーアクションは笑いました。
あんたら、車を戦車か何かと勘違いしていませんか(笑)
その後、問答無用でゴルフクラブでチャンバラ始めようとするのにも笑ったし。
ゴルフクラブの使い方ってそういうものでしたっけ…

・そして問答無用といえば
呉京を倒した甄子丹がバーにやってきたのはいいんだが
そこから問答無用で格闘が始まるのにもやはり笑ってしまった。
話し合いとか、何もないのね(^^;
洪金寶も洪金寶で、普通に銃で弾いてしまえば話は終わるのに
ガチンコバトルに付き合うんだもんなぁ(^^;

・要するに、これらは突っ込みポイントとは違うのだ。
言葉に書くと陳腐になってしまうけど
これは「男同士の意地の張り合い」の話なんだよね。
で、意地の張り合いだからやっぱりあんまり苦労する割に得られるものもなく
ラストバトルは途中から私、「二人とももう喧嘩は止めて!」と
何かのヒロイン風に割って入りたくなったりもしたのですが、
もちろんそれは観ていて勝手に思っただけであり、
結局は上にも書いたように、ああいったなんともやりきれないラストになりました。しょぼーん。

・アクションだけを単純に楽しむなら
たぶんもっと単純に勧善懲悪として作っても良かったんだけど、
(それこそ「マッハ!」みたいに)そうではなく、
あくまでプロットそのものはそれほど入り組んだものではないとはいえ
こうして味付けをして出してくるところから観終わった後になんとも余韻が残るわけで、
そこにエンターテインメントとしての香港映画らしさというものがあるのかな。
(と、知ったかぶってまとめてみました。)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/389-7963a827
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。