上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.15 尋秦記26
残りあと十四話なんだけど、
ここまで観てきたような尺の使い方だと
それって結構あっという間な気がするなー。


第二十六集 太子定まる
◎できごと
・嫪アイはまたも策略をめぐらし、宮廷の守衛を統括する総領の位についた。

・なんだかんだで立ち直った項少龍は琴清を嬴政の教育係に推薦。
項少龍の発案と琴清による教育の成果で嬴政は秦王異人から認められ、
さらに成嶠派の反発による血液検査を逆手に取り、
誰からも文句の出ない形で嬴政を太子の位につけることに成功した。
この功によって琴清は太傅に、李斯は御史の位に昇進した。


-----------------

◎人物まとめ
・項少龍(こう・しょうりゅう)
この物知り大王め(笑)
まああんまり長いこと鬱モードを引きずらなかったのは良かった。
本人はすっかりもう終わりが見えた気になってきちゃってますが、
でもまだあと十四話残ってるのである。
もう一波乱、二波乱はありそうだな。


・滕翼(とう・よく)…項少龍の義兄弟
相変わらずだが、この人は大哥の後ろできょとんとした顔をしているだけで楽しいね。
その大哥はすっかり故郷に戻れるつもりになってますが
さてどうなることやら…


・荊俊(けい・しゅん)…項少龍の義兄弟
いつのまにかちゃっかり呂娘蓉といい仲になってやがった(笑)


・趙盤(ちょう・ばん)…秦王異人の息子嬴政
項太傅が復活したおかげで
相も変わらず危なげなところはあるものの、
とりあえずは真っ当に進んで行ってるのかな。
少龍は歴史そのものを大きく変えることはしないけど、
いちおう関わった相手に対して、それなりに良くしようという風に
働きかけはしているようだ。
これは誤差の範囲内ってやつだろうか。


・呂不韋(りょ・ふい)…秦の丞相
キレると結構見境のない人だということがわかった@@
やはり嬴政の本当の正体は異人の子でもこの人の子でもなく
趙盤ということ、そしてその事実を知るのは主人公一派だけというのが
このおはなしのミソだな。
結局そのおかげで差し当たっては騙されて丸め込まれたかたちになったわけだが…

権力や名声を求めることは果たして本当に個人の幸せに結びつくのだろうか?
という問いかけは、呂不韋を扱うならテーマとしてはとてもオーソドックスなものなんだが、
こんな風に過去話や娘さんとの会話を入れてるというのも
結局フレーバーに過ぎず、悪役として最後を迎えることになるのか、
それとも何か他とは違ったこの物語ならではの新しい形を示してくれるのか…
なーんて、つい期待したくなっちゃうんだが、
まあこれはさすがに期待するだけ無駄だろうな。


・呂娘蓉(りょ・じょうよう)…呂不韋の娘
パパさんと仲がいいのかと思えば結構きつく言われたりもするんだけど、
でも自分が正しいと思ってることについては引き下がらずに
ちゃんと主張するのは良いね。
でもなんか、この娘は終盤になったら退場させられてしまいそうな悪寒がかなり強い…


・朱姫(しゅき)…秦王異人の妻、華貴夫人
実は本当に嬴政は異人の息子だったという意外な事実が明かされた。
虚実・風説織り交ぜてこういう風に物語を作っていく手法は
相変わらず実にウマイ。
とりあえず逆上した呂不韋をなだめること、
それに嬴政に呂不韋の後ろ盾がまだ必要ってことで
あの場はああいう風な態度を取ったってことでいいんだよね。


・嫪アイ(ろう・あい)…連晉
今回は出番が少なかったので良かった。
いや、嫌いだからとかそういうことではなく、
しばらく顔を見なければ、少しはこいつのやったことを責める気持ちもやわらぐってことね。


・琴清(きん・せい)…鄒衍の娘
これまた例によって女の子の気持ちをわからない無神経な少龍が
「君は俺の好きな人に似てるんだ」とか言っちゃうから
あんまり顔には出さないけどちゃんと傷ついちゃいました(^^;
ふう、やれやれ。


・鄒衍(すう・えん)…学者
お見合いの席における
「それじゃ後は若い人たちだけで楽しんでくださいな」
なノリまんまで退席したのには笑ってしまった。
咸陽に来てから衣装が変わったのもポイントだな。


------------------

◎かんそう
・あっさりと少龍が自分で立ち直っちゃったのは
何かそれ関係でイベントを挟むこともできただろうにという
もったいない気持ちもあるのだが、
まあ下手に展開が重くなるよりはこうしてサクサクと転がっていったほうが、楽しくはある。
自分が動くと誰かを余計に不幸にしてしまうとか、
くよくよ悩んでも仕方がないと割り切ったってことだね。

・で、例によって「災い転じて福と成す」パターンにより
嬴政を太子につけるという目的が達成されたいま
少龍が帰れる見込みも立ったために、
それもいまの安定した状態に貢献しているのね。
今回は、ひさしぶりにみんながそれぞれマッタリしている場面が観られて和んだ。

・しかし項大哥、ひとつ突っ込みたいんだが
あんた「君に何もかも打ち明けてしまいたくなる」とか琴清の前で葛藤してたけど
スデに滕翼には何もかも打ち明けてるような気が(笑)

 
Secret

TrackBackURL
→http://khazad2.blog98.fc2.com/tb.php/354-f1e90f04
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。